保険でできる歯科金属アレルギーの差し歯・コア治療

相談者: よしたか04さん (34歳:男性)
投稿日時:2017-06-18 16:26:08
歯科金属アレルギーでのメタルフリーの歯科治療、及び、メタルフリーの自費治療について、ともに金属なしの治療について聞きたいのですが。

皮膚アレルギー科医さん等から、金属アレルギーの診断書をいただいて、そちらを提出、申請すれば、クラウン被せもの)ならば保健で治療ができ、インレー詰め物)は無理、と、いう認識でよろしかったでしょうか???


そして、差し歯で、支柱(コアというのでしょうか?)が金属の歯が一本ありまして、(歯自体は、保健でできる白い差し歯が今は入ってます。)を、コア、差し歯ともに金属未使用の物で治療する場合、同じように、アレルギーの診断書など、何か申請すれば、コア、差し歯ともに、保険適用で金属未使用のものでなにか治療はできるのでしょうか???


また、保健は使えなく治療する場合、コア、差し歯を金属なしのものに変えて、合計6万円の価格は妥当な価格でしょうか???


ちなみに歯の位置は、上の4番の歯です。
よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-06-18 19:49:03
診断書ではなくて診療情報提供書だと思います。
ただの金属アレルギーではなくて歯科用金属アレルギーだと思います。
つまり歯科で使われる金属にアレルギーがある事が前提ですね。


金属アレルギーではなくても四番五番にはCAD/CAM冠が保険適応になっています。
残念ながら届出制のため届出をしていない歯科医院では不可能です。

金属アレルギーがあってもなくても残っている歯質の形によってはレジンのみの土台も認められるようになりました。
また非金属のファイバーコアも保険でできるようにはなりましたが、全ての歯科医院で採用しているわけではありません。


全て自費で六万円は安い方に属すると思います。。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 保険でできる歯科金属アレルギーの差し歯・コア治療
質問者 よしたか04さん
地域 愛知
年齢 34歳
性別 男性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
歯科金属アレルギー
お勧めの土台(コア)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日