歯肉療法専門医にて再根管治療。充填後2週間で違和感

相談者: ゆーうさん (27歳:女性)
投稿日時:2017-07-21 02:09:11
5年前に、神経の死んでいた右2番の歯の根管治療、右1番の再根管治療と同時に治療をしました。

それからどうも2番と1番の間がいずいような、何かが挟まっているようななんとも言えない違和感が続き、一年半前に再度1番のみ再根管治療をしました。

2番も根の状態は良くなく、いずれは再治療しましょうと言われていました。

1番の治療をすること半年、いつまでもスッキリせず、結局歯根端切除術を受けました。
その後、数週間で、前述の違和感がしてきました。

そして先々月、意を決して自費治療歯肉療法専門医を受診しました。
1番は今は術後良好と思える状態との診断で、2番が違和感の原因ではとのことでしたので、2番の自費治療が始まりました。

3回ほど通い、充填剤がスカスカだったことなど、映像を見せて頂きながら治療をしました。
その通っている約1ヶ月間、違和感もなく過ごしました。
最終的に、MTAセメントを詰めて頂き、治療終了となりました。

万が一、これから先に違和感が出た際に、歯根端切除術を行う場合にMTAセメントを詰めておけば、切るだけで済むのもあり、メリットが多いとの先生の判断でMTAセメントになりました。

先生はレントゲンを見る限り、大成功と言っていいとおっしゃっておりました。

スッキリしていたのも束の間、充填してから2週間たった昨日から、また以前と同じ違和感を感じるようになったのです。

これは原因が2番ではなかったのか、もしくはまだまだこれから骨の再生とともに違和感も落ち着いてくるのか、ご意見を伺えればと思います。

よろしくお願い申し上げます。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-07-21 17:23:32
こんにちは。

治療を行った歯科医に報告はされましたか?

歯科医の診断と治療の成否について、患者さん側からも情報をちゃんと提供しておくことをお勧めします。

治療の終わりが縁の終わりという歯科医院との関係ではなく、何年経ったらこうなったという報告をされることも医療の発展には必要です。

特に専門医の治療の場合、そういう事後の報告をして欲しいとおもっているのではないでしょうか?

治療を責任もって行ってもらうためには患者さんがころころ移動しないことが大切です。

治療の状況をよく知っている担当医にご相談ください。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-07-21 18:12:17
担当医は、既に次の手(歯根端切除術)まで考えられてるのではないでしょうか?

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯肉療法専門医にて再根管治療。充填後2週間で違和感
質問者 ゆーうさん
地域 非公開
年齢 27歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療費・費用
根管治療に関するトラブル
MTA
根管充填
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日