歯科レントゲンによる被ばくについて

相談者: トトロ1973さん (43歳:男性)
投稿日時:2017-07-28 06:03:43
お世話になります。

根幹治療をするのに、マイクロスコープが有る歯科が良いのでは?と、普段虫歯治療でお世話になった歯科から転医を考えています。

気になるのは、新しい病院に行く際に必ずとられるレントゲン写真です。

現在はデジタルで1/10の被ばくですむと、よく謳われていますが、パノラマなどで撮られても、気にしなくてよいものなのでしょうか?

やはり被ばくは多かれ、少なかれ気になるものです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-07-28 07:38:57
一度に数千枚もの撮影なのでしたらともかく、数〜数十枚程度で放射線障害が起きるとは思えません。

治療前、治療途中、治療後、経過観察も含め、担当医が必要と判断された分だけ撮っていただいてください。

http://www.tokyo-da.org/images/pdf/1108.pdf

4人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-07-28 09:00:44
トトロ1973さん、こんにちは。

小林先生も書かれていますが、基本的には必要な分の撮影であれば全く問題はありません。

海外旅行で飛行機に乗る方が被爆しますよ。

4人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: トトロ1973さん
返信日時:2017-07-28 10:02:19
小林先生、三木先生、回答ありがとうございます。
とりこし苦労だったようです。

現在通っている、医院は10年以上経つのですが、パノラマについては、5年に1枚程度しか撮らず、新たな虫歯が見つかり治療の時は極力部分写真しか撮らないので、そうとう被爆するのかな?杞憂していました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2017-07-28 10:18:55
根管治療パノラマが必要となるケースは非常に稀だと思いますよ。
必要な場合にCTはありそうですが。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯科レントゲンによる被ばくについて
質問者 トトロ1973さん
地域 非公開
年齢 43歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日