神経の無い右下6番に痛み、様子見か抜歯覚悟でコアを外すか?

相談者: みゆがさん (33歳:女性)
投稿日時:2017-08-01 17:16:46
こんにちは

右下6番の歯根状態についてなのですが。
10年ほど前に神経の治療をし、コアを入れクラウンを被せた場所なのですが最近鈍痛と肩こりがしたので、歯医者にてレントゲンを撮ってもらい状況を確認説明をしていただいたのですが内容に少し疑問があり質問いたしました。

クラウンは矯正が終了し噛み合わせが合わなくなっている為除去済みです。
コアに仮歯の状態です。


レントゲンでもしかしたらここにヒビがあるかもしれない、あと歯根部分にあくまで確定とは言いきれないけど病巣に侵されているかもしれない。
コアをとって歯の寿命を短くするぐらいならこのまま被せをしてしばらく様子を見た方が良いといわれました。

その際にその歯付近の歯肉などは詳しく見てくださり仮歯の高さ調整などをしとりあえず様子見となりました。


この場合先生を信じて従うか抜歯覚悟でコアを取ってもらうどれが良いのか悩んでおります


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-01 17:46:02
違う歯科医院だと違う治療方針が出てきて更に迷っちゃうかもしれないですね。

自費になるかもしれませんがCTは結構役に立つことがあると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: みゆがさん
返信日時:2017-08-01 23:41:21
柴田先生、ご返答いただきありがとうございます

CTをとってみるという方法もあるのですね。
通っている先生に相談しつつ決めていきたいと思います。

ありがとうございました。



タイトル 神経の無い右下6番に痛み、様子見か抜歯覚悟でコアを外すか?
質問者 みゆがさん
地域 非公開
年齢 33歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 神経の無い(神経を取った)歯の痛み
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日