治療済み多数で食いしばりが強い。歯を守るための医院と素材選び

相談者: ルイズさん (40歳:女性)
投稿日時:2017-07-28 18:47:17
はじめまして。
インレークラウンの素材、歯医者さん選びについて教えていただきたいです。

恥ずかしながら、今まで歯に無頓着で、甘いものが大好きな上、適切な歯磨きもできていませんでした。
事故で失った前歯2本の神経も含め、神経がない歯が現在6本あり、神経をとるかとらないかの歯が1本、神経があっても、大きく削った歯がたくさんあります。
定期検診のたびに2次虫歯が見つかり、今になって、一旦虫歯になった歯はずっと治療を繰り返すことを知りました。
それまでは、虫歯は削ったら治ったと思っていました。

現在プロの方のご指導のもと、歯磨きやフロス、食生活も含めだいぶ改善していますが、治療済みの歯がたくさんあるので、近い将来抜歯になる歯がどんどん出てくるのかと思うと憂鬱で仕方がありません。
今後は最善の方法で自分の歯を守りたいと思っています。

ただ、自分のケアだけでは二次虫歯を防ぎきれないとのことをこちらのサイトで知りました。
二次虫歯を防ぐには、自己ケア、定期検診、マイクロスコープファイバーコアセラミックなどの材料を使うこととも書いてありました。
が、私は歯ぎしりや食いしばりが強く、以前作ったセラミックの半クラウン?は欠けてしまい、そこから虫歯になってしまいました。

ワガママですが、犬歯なので、銀歯は辛いです。
起きてる間は今は意識して歯に力を入れないようにしてますが、寝てる間は防げません。

このような場合、

質問@マウスピースをつけて、欠けたり割れたりすることは防げますか?
また、見た目も白く、セラミックより強度のあるものはありますか?

質問A、なかなか歯医者さんが決まらず焦っています。
このように虫歯が多い場合、精密機器がある歯医者さんを探せばいいですか?
3mixを使ってできるだけ抜髄、抜歯を避ける歯医者さんがいいですか?

神経をとるかとらないかの歯のことを考えてて、3mixの歯医者さんに行ってみたり、二次虫歯のことを考えて、精密機器の歯医者さんに行ったりなど3.4件行ってると、当然のことですが、先生によって方針が違い、だからと言って、歯によって違う歯医者さんに行くわけもいかない、虫歯は進行する一方、と本末転倒なことをしています。

こんな情けない状態ですが、どうかご教授ください。
子供が小さくなかなかまとまった時間がとれないため、まとまりのない文章ですみません。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-07-30 11:16:13
こんにちは。

>今になって、一旦虫歯になった歯はずっと治療を繰り返すことを知りました。
>それまでは、虫歯は削ったら治ったと思っていました。

40歳になったばかりでご理解されたことはよかったと思います。

現状が修復物が多くてもこれからの生活の見直しにより歯を維持できる可能性が高くなったのではないかと思います。


>質問@マウスピースをつけて、欠けたり割れたりすることは防げますか?
>また、見た目も白く、セラミックより強度のあるものはありますか?

セラミックの種類は多種ありますので、どの素材が適しているかについて歯科医にご相談されるとよいでしょう。
咬合の関係上どうしてもガイドが強い場合はガイド面のみに金属を使用することも可能でしょう。
その場合はMBメタルボンド)になるでしょう。

またフルジルコニアというものも強度は高いです。
ただ、特有のテカリがあるので表面にグレーズ処理またはレイヤリング(陶剤を一層焼き付ける処理)が必要でしょう。
上手い歯科医院で治療を行ってもらうとよいでしょう。

マウスピースは歯や陶剤の欠けや磨り減りを防止する効果があります。
ただ、就寝時に付け忘れる日があれば防止できません。


>質問A、なかなか歯医者さんが決まらず焦っています。
>このように虫歯が多い場合、精密機器がある歯医者さんを探せばいいですか?
3mixを使ってできるだけ抜髄抜歯を避ける歯医者さんがいいですか?

3mixは一般的な治療ではないのでこだわられる必要はないでしょう。

歯医者選びは難しいですが、メンテナンスも含めて(修復物は入れた後のメンテも必要です=天然歯と素材が異なるため)通院に負担がない範囲でご自身が選択される必要があります。
虫歯治療を早めに行ってもらいメンテナンスに移行できるようにされておくとお子さんにもよい影響を与えることが出来ると思います。
地元密着型の歯科医院であれば無茶な治療はしないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ルイズさん
返信日時:2017-07-30 14:28:52
ふなちゃん先生

こちらの質問へのご回答までありがとうございます。
歯医者選び、大変難しいです。苦戦してております。
ふなちゃん先生の医院に通えればいくら安心かと思いますが、残念ながら地域が全然違いました。


>40歳になったばかりでご理解されたことはよかったと思います。
>現状が修復物が多くてもこれからの生活の見直しにより歯を維持できる可能性が高くなったのではないかと思います


ここ数年、定期検診、掃除、治療を怠らず歯科医院に通っていたのに、別の医院で新たな二次虫歯が何本も見つかり、惨めな気持ちになっておりましたので、こう言っていただけて涙が出るほど励まされました。


関連した質問をもう一つさせて頂いてよろしいでしょうか。

一つ後の質問にもあるのですが、左上2.3の虫歯を昨日治療致しました。
(同時にレジンをリペアしたのはその二本です。)

次に左上4(素材選びを質問した犬歯)を治療予定ですが、その先生はとても相談しながら治療を進めて行ける先生ではなかったのと、少し不信感を抱く出来事があったので、転院したいと思っています。

が、昨日治療した左上3は、左上4の治療を見越して治療をされたようです。
と言うのも、昨日の治療で左3と左4の間にかなりの隙間ができました。左上4は一部セラミックですが、左上4の天然歯との接着部が虫歯のため外す予定です。
先生は、左上2.3の治療後、

「よく詰まるようになってるから、よく掃除して下さい」

とおっしゃいました。
このような状態、恐らく次も自分で治療することを見越した治療を施された場合?は転院はしないほうがよろしいでしょうか。

まとまりがなく、わかりにくい文章でしたらすみません。
以上、よろしくご教授下さい。



タイトル 治療済み多数で食いしばりが強い。歯を守るための医院と素材選び
質問者 ルイズさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
お勧めの詰め物・インレー
二次カリエス(2次的な虫歯)
歯医者さんの探し方・見つけ方
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日