銀歯の下に痛みがあるのにレントゲンに映らない

相談者: まゆたこさん (51歳:女性)
投稿日時:2017-08-22 19:06:01
現在左上小臼歯再根幹治療中です。
じんじんと痛みがあり受診したのですがレントゲン異常なしで治療してもらえず、右奥歯虫歯だと言われそちらを治療に。

その間左上はじんじん→ズキズキ→脈打つ感じ→歯の中が痒くて痒くてたまらない→左頬まで痛み出す状態になりました。


右上の治療が終了し、いつも通ってた歯科へ(1ヶ月後)。

左上の状態を伝えレントゲンを撮ったら、やはり病巣もないですと言われましたが開けてみましょうとなり結果感染してて治療になりました。

治療中根幹が2つあったと思うのですがその内の1つをリーマでゴシゴシした時に まさしくそこです!!って感じの痛気持ちよさでした!!

以前にも似たような事があり治療してもらえず、数ヶ月我慢し結局再度受診した時には何故ここまでほっておいた?と言われ抜随になりました。


現在も左下の奥歯と歯茎の間あたりがじんじんし炎症がある感じです。
神経はありますが銀を被せてます。
冷たいものはしみません。

先生に伝えても歯肉炎でもないし虫歯でも無さそうだし、くいしばりで歯がすり減って歯茎が硬い食べ物とかがあたってるのか?って感じです。


私は銀歯の下がジワジワと虫歯菌に汚染されてるような気がしています。

これで3度目なのですが痛みに対して私が敏感すぎてレントゲンにうつらない前に感じてしまうのでしょうか?
それとも痛みがあってもレントゲンに映らないものなんでしょうか?

左下も治療して欲しいのですが・・・様子を見ましょうといわれてます


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-08-22 19:59:13
んんん…

実際に拝見していないので何とも言えませんが…


>それとも痛みがあってもレントゲンに映らないものなんでしょうか?

金属の下で進行する虫歯はレントゲンでは確認できない場合もあります。


歯肉炎でもないし虫歯でも無さそうだし
> くいしばりで歯がすり減って歯茎が硬い食べ物とかがあたってるのか?

文章を拝見していると、個人的には「力のコントロール」にも何か問題があるようにも思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆたこさん
返信日時:2017-08-22 20:46:47
櫻井先生すぐの返答有り難うございます

力のコントロール?なんですか?

歯ぎしりやくいしばりで起床時は顎が痛かったりしたので最近マウスピースを作り装着したところ、顎は楽になりました。

櫻井先生のお話を拝読することもあり日中も意識して気を付けています。
それと別のことでしょうか?勉強不足ですいません!


歯科医院ではリーマをゴシゴシして気持ち良かったと言ったら???な顔をされました。
珍しいことなんでしょうか?

奥歯レントゲンに映ってなくても銀を外して診てもらうべきか、もっと症状が出るまで待った方がいいのでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-08-22 21:36:36
以下、あくまでも私見ですが…

TCH是正のファーストステップは「歯を離す」ですが、最終目標は「意識しなくても歯が自然と離れている」です。

歯を離すことばかり意識していると「筋肉の過緊張」を生んでしまっている可能性があります。

筋肉の過緊張は寝ている間の歯ぎしりや食いしばりを助長してしまう可能性があるように思います。
マウスピースで楽になったという事は…)

咀嚼筋マニピュレーションやマッサージ、ストレッチをして「筋肉の過緊張をほぐす」ことも必要かもしれませんね。


>珍しいことなんでしょうか?

個人的には経験がありません。


>もっと症状が出るまで待った方がいいのでしょうか?

これは実際に拝見しないと何とも言えません。
CT撮影をすると何かわかるかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆたこさん
返信日時:2017-08-22 22:31:48
ずっと歯の不調に悩んでたのでリンパマッサージは寝る前にしていました。
頬から目の周りと耳の前後、ヘッドマッサージ。

咀嚼筋!? 調べて早速やってみます!


CTは左上の小臼歯治療時に撮りました。
その時は左下奥歯はじんじんしてなかったのですが、写ってるか確かめてみます

歯の悩みが続き歯科チャンネルを知り櫻井先生や他の先生方に随分助けて頂いてます。
本当に有り難うございます。



タイトル 銀歯の下に痛みがあるのにレントゲンに映らない
質問者 まゆたこさん
地域 非公開
年齢 51歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、知覚過敏の痛み
レントゲン写真
クラウンの下の虫歯(二次カリエス)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日