奥歯に適した白い材料は?

相談者: ららららんさん (25歳:女性)
投稿日時:2017-08-24 08:32:20
8年前に奥歯虫歯になり、神経を取り、セラミックにしました。

現在歯列矯正中なのですが、セラミックの形がおかしいからいずれ変えないといけないと先生に言われていますし、素人の自分から見ても歯とは思えないようなただの正方形のような変な形なので変えたいです。


@奥歯に適した白い歯にするには、ブリッジ以外で何を入れるのがよいでしょうか?


それから、奥歯で噛むと痛いような気がします。
激痛ではないですが、噛み合わせの問題なのか根に問題があるのかわからないです。
歯列矯正のときに色々と写真を撮ったので、問題ないのかな?と思ってます。

A根に問題がある場合、精密検査で問題の有無がわかるのか


審美根管治療、歯列矯正の専門医の先生、ご回答お願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2017-08-24 18:54:58
こんにちは。

@奥歯に適した白い歯にするには、ブリッジ以外で何を入れるのがよいでしょうか?

ブリッジというのは歯が欠損している部位を補うために前後の歯を心棒状あるいは維持を与える形態に削って土台にして欠損部位を修復する欠損修復時の使用する構造物の名称です。

虫歯になって神経をとっても抜歯していなければブリッジにすることはありません。


奥歯の歯冠修復のやり変えを歯科医院で薦められていてご本人も行ってもらいたいと希望されているということならば、ジルコニア冠がよいのではないでしょうか?
または、MBメタルボンド)、e.max冠などもあります。

白い色にしてもらえばよいでしょうが、御口全体で継ぎはぎだらけの印象になるといけないでしょうから、前後の歯のシェード(色)を参考に色を決めて作ってもらうとよいでしょう。



A根に問題がある場合、精密検査で問題の有無がわかるのか

矯正専門医でのレントゲン検査の場合は矯正用の撮影が主体でしょうから痛みの原因がわからないことがあるかもしれません。
一般歯科で痛みの原因を見つけてもらう必要があるかもしれません。


担当の先生にお尋ねください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-08-25 14:01:11
ららららん さんこんにちは。

8年前に奥歯虫歯になり、神経を取り、セラミックにし、現在歯列矯正中なのですね。

@奥歯に適した白い歯にするには、ブリッジ以外で何を入れるのがよいでしょうか?

船橋先生の言われているようにブリッジではなく、クラウンになると思います。
ジルコニア、セラミック、ハイブリッドなどが選択肢になりますが、ジルコニアまたはセラミックが一般的だと思います。



A根に問題がある場合、レントゲン写真で診て分からなければCT撮影になるかもしれないですね。
一般歯科または根の治療の専門家で1度相談してみてはどうでしょうか?




タイトル 奥歯に適した白い材料は?
質問者 ららららんさん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日