右上7番の銀歯が外れた、メタルボンドか銀歯かで迷っている

相談者: ダッツさん (29歳:男性)
投稿日時:2017-11-06 22:25:50
右上七番の銀のかぶせものがとれてしまい、銀歯をいれるかセラミック(メタルポンド)のどちらにしようか悩んでいます。

右上七番の状況は神経を抜いたあと、保険の土台銀の土台)がうまった状態で被せものが外れている状態です。
保険の土台を入れたのは10年前です。


セラミックのほうが審美性も高く銀歯よりも汚れがつきにくいメリットは知っています。
しかし、セラミックを入れたあとに歯の根っこが問題発生して被せものを外さなければいけなくなってしまうかもしれないことを考えたら、高価なセラミックよりも、保険の銀歯のほうが無難なのかな?と個人的には思ってしまいます。


回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-06 23:10:11
普通の人なら審美性を要求される部位ではないのでメタルボンドは必要ないと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ダッツさん
返信日時:2017-11-07 22:25:19
柴田先生 
ご回答ありがとうございます。

10年前の治療で入れた金属の土台が入ったまま被せものをつけるので、歯を長持ちさせたいもしくは根に問題発生するかもしれない観点から考えても、銀歯が妥当ということでしょうか?
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-08 08:05:36
ご相談ありがとうございます。

>歯を長持ちさせたいもしくは根に問題発生するかもしれない観点から考えても、銀歯が妥当ということでしょうか?

長持ちさせたいことが第一優先順位ならば、材料よりも治療内容が大事です。
もし妥協すれば歯を失います。

歯が長持ちする治療を選び、それから材料を選べば間違いが少なくなります。
治療内容を吟味しないで材料だけに気を使っても目的はかないません。


また被せ物を支える根の部分は、強い力を受けるビルの基礎工事のようなものです。
砂上の楼閣、という言葉もある通り、基礎を固めることが長持ちの基本です。
根の心配を解決する治療計画も悪くなる前に含めましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ダッツさん
返信日時:2017-11-08 20:30:16
さがら先生、回答ありがとうございます。

治療内容とはどういう意味でしょうか?
土台を作り変えて被せものをつけるという意味でしょうか。
それとも、土台はそのままで被せものをつけるといういみでしょうか。

現在は10年前に入れた保険金属の土台が入ったままです。
過去に衛生士さんからは今の歯に異常が見られないのに土台を外して別の土台を入れることはおすすめできないという助言をいただいたことがあります。



タイトル 右上7番の銀歯が外れた、メタルボンドか銀歯かで迷っている
質問者 ダッツさん
地域 非公開
年齢 29歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
メタルボンド
クラウンが取れた・外れた
お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日