歯周病治療中、抜髄も必要な状況でのフラップ手術とエムドゲイン

相談者: しゃうさん (35歳:女性)
投稿日時:2017-11-14 18:52:38
はじめまして。
現在歯周病の治療中なのですが、これからの処置の計画について不安があり質問させてもらいます。


左下奥歯が重度の歯周病になっており歯茎が常に腫れています。
歯科用CTで撮影した当初は神経は大丈夫なので、フラップ手術歯石除去してエムドゲインで骨の再生を目指すという事だったのですが。

表面の歯石除去等の処置をしてしばらくした頃、奥歯に膿が溜まり外見でもわかるくらい顔が腫れました。
切開して膿を出し抗生物質を飲み一旦治ったのですが、その後治療方針が変わり神経を抜く処置をした後にフラップ手術とエムドゲインと言われました。


重度の歯周病で歯の神経も取らなきゃいけない状況でフラップとエムドゲインでの再生は望めるのでしょうか?

痛いおもいだけして結局抜歯になったらと思うと怖くて質問させてもらいました。


よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-11-15 07:33:40
しゃう さん、こんにちは。

>切開して膿を出し抗生物質を飲み一旦治ったのです

それだけでは、根本的な治癒にはなりませんね。


>重度の歯周病歯の神経も取らなきゃいけない状況でフラップとエムドゲインでの再生は望めるのでしょうか?

どうでしょうね、重度と一口で言っても、骨の状態、歯肉の状況などに依るかと思います。

ただ、元のような状態に戻るのは、結構難しいように思います。


>痛いおもいだけして結局抜歯になったらと思うと怖くて質問させてもらいました。

どこを治療のゴールに設定するのか、それに向けてどのように治療を進めていくのか、担当医と相談を重ねましょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しゃうさん
返信日時:2017-11-15 08:30:29
小林先生お返事ありがとうございます。

フラップとエムドゲイン歯周病が良くなり、神経取って薬詰めることで歯根も良くなれば腫れたりといった炎症はなくなり、根本的な治療と考えられるような気がしてきました。

今通ってる歯医者さん歯科用CTやマイクロスコープもある設備の整った病院なので最善の選択をしていると信じることにします。

ありがとうございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-11-15 13:28:46
根管治療とフラップなどの歯周外科の順序はまず根管治療だと思います。
根管治療が終わってから再度歯周組織のポケットを測ってレントゲン撮影して再評価が必要だと思います。


再評価して歯周外科が必要かどうかを決める方がいいと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: しゃうさん
返信日時:2017-11-15 18:15:46
柴田先生 お返事ありがとうございます。

次回は神経を取る処置でその1週間後にフラップ手術の予定となっています。
そんな短期間では再評価は難しいですよね?

前にCT取った時の画像では奥歯の側面に大きな塊(歯石)が付いていて、その下側の骨が溶けている様子が見えましたのでフラップで歯石除去をしないといけない状況にあることは納得しています。

ただ神経まで侵されている状況で本当に歯を残せるかが心配で。


担当の先生に再度良く話を聞いてみようと思います。



タイトル 歯周病治療中、抜髄も必要な状況でのフラップ手術とエムドゲイン
質問者 しゃうさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
歯周外科治療(フラップ手術)
エムドゲイン
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日