顎関節症のクローズドロック、左右前後運動ができない

相談者: またんさん (26歳:女性)
投稿日時:2018-02-14 14:50:52
こんにちは。

10年程顎関節症に悩まされている者です。
ここ1年、数回クローズドロックを起こしかけ、安静にしていれば開くようになる、という状態でした。

今回なっているクローズドロックは治る気配がありませんので心配しております。


わたしの場合、口が縦に開かなくなるだけでなく、顎が左右にも動かないし、前にも動きません。
四方八方にひっかかりがある感じです。

縦に開かないのは、関節円板がずり落ちていると考えれば納得いくのですが、顎が前後左右に動かない原因はどういったものがあるでしょうか?
咀嚼がまともに出来ず、柔らかいものも食べれない状況です…


よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-02-14 18:00:24
西山です

クローズドロックは口が開かないとうのも一つの症状ですが,根本の問題は,顎関節の関節軸(下顎頭といいます)が前方に十分と移動できなくなることです.

下顎を前に突き出す際にこの動きは必須です.
また,下顎を左右に大きく動かすためには,下顎頭が交互に大きく前方に動けることが必要となります.

したがって,クローズドロックが生じている場合には前方,左右に動きにくくなることが生じてもなんら不自然ではありません.


ただ,クローズドロックが生じる頻度が増える,あるいはロックしたままということであれば,治療が必要だと思います(咬み合せ治療やマウスピースではありません)




タイトル 顎関節症のクローズドロック、左右前後運動ができない
質問者 またんさん
地域 非公開
年齢 26歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 顎関節症
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日