顎変形症の矯正で手術をすることのメリット

相談者: ゆきみだいふくさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-02-21 09:50:58
矯正を始めようとして診断をお願いしましたが、顎変形症とのことでした。

奥歯噛み合わせは悪くなかったのでそのような症状名がついていることにびっくりしました。
顎変形症の場合、矯正をしても正中を合わせることが難しいと言われたのですがそれは普通なのでしょうか?

ちなみに見た目が多少ずれてるなぁと感じる程度なので手術は考えていません。
手術をすることによって見た目の改善以外に何かメリットはあるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2018-02-22 11:14:23
顎変形症の場合、骨格を変えることができるので、正中も合わせやすいと思います。

ただ、現状のかみ合わせ(左右のズレの程度)や歯の大きさのアンバランスによっては、合わせにくい場合もあるかもしれません。


患者さんが軽度と思っていても、矯正歯科医の見方によっては重度である場合も少なくありません。


顎変形症の矯正治療の最大のメリットは、矯正治療だけでは治療できないケースに対し手術を併用することによって治療できるということだと思います。

重度の骨格性の受け口や顎のズレなどは、治療後には顔貌の大きな変化につながります。

ただ、デメリットとしては、全身麻酔による手術であり、数週間の入院が必要なことがあると思います。

費用的には、健康保険の適応になるため、入院費等を含めても自費での矯正治療よりも安くなる可能性が高いです。

(※ 保険適応の条件として、顎離断手術が必須なので、顎変形症の診断が出ていても手術しなければ、保険適応にはなりません)



様々な理由で入院や手術回避を希望する患者さんもみえるので、手術なしで治療できないか聞いてみても良いかもしれません。

ただ、手術をしないなら矯正治療自体できないと回答される可能性もあります。




タイトル 顎変形症の矯正で手術をすることのメリット
質問者 ゆきみだいふくさん
地域 千葉
年齢 28歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ 顎関節症
外科矯正
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日