右下セラミックの咬合調節で右上天然歯を削るのは、普通のことか?

相談者: やまかさん (50歳:女性)
投稿日時:2018-03-03 18:08:24
◆治療状況

右下6と7にセラミックのクラウンをいれ、当日と10日後に高さの調節をしてもらいました。

しかし、セラミックの歯と歯の間に食べ物が詰まって不快なので相談した所、歯の当たりが強いと独り言のように言って、説明も同意も無いまま、いきなり右上7の天然歯を削られました。
(右上7の天然歯はこれまで何の問題も無かった歯です)

さらに、削られた日は、左下5と6の歯をセラミックにした日で、噛み合わせが不安定な状況でした。



◆現在の状況
右下6と7に物が挟まるは続いてますし、右上7のエッジが無くなり、咀嚼に支障をきたしてます。
左の5と6のセラミックも、頬側が低く、舌側か高く鋭角(犬歯のよう)なので、他院に相談して作り替えようと考えてます。



◆質問
セラミックを作る時には、上下の印象を取って模型を作って、セラミックを作成されると思うのですが、何故天然歯を削られなければいけなかったのでしょうか?

左のセラミックが入り噛み合わせが不安定な状況で、右の歯を削る行為は不用意な行為とは言えませんか?

噛み合わせの調節は、背もたれを倒したまでされるのは、スタンダードな方法でしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-03-03 22:47:03
ご相談ありがとうございます。

セラミックを作る時には、上下の印象を取って模型を作って、セラミックを作成されると思うのですが、

その通りです。


>何故天然歯を削られなければいけなかったのでしょうか?

もし本当に必要な場合は、タイミングも上下の印象を取る前に、検査で判明した削る理由の説明があって良いと思います。

削った理由が、
 >食べ物が詰まって不快なので相談した
その結果、
>物が挟まるは続いてます

であれば、主訴に対して適切な治療ではなかったようです。


>左のセラミックが入り噛み合わせが不安定な状況で、右の歯を削る行為は不用意な行為とは言えませんか?

お話からだけならば同感です。


>噛み合わせの調節は、背もたれを倒したまでされるのは、スタンダードな方法でしょうか?

奥歯咀嚼するためにありますから、寝たままではなくご飯を食べる姿勢がふさわしいといえます。
背中だけではなく、首の傾きも自然であることがとても大事です。

でも検査・診断を詳しくした結果、どちらの姿勢でもほとんど変わりがないとデータで分かった場合はそれもありえます。

ただし、それで検査するべき姿勢であり、検査・診断もなくいきなり口の中で調節することは、姿勢を正したとしても日本歯科補綴学会のスタンダードとはいえません。


ちなみに、
>、咀嚼に支障をきたしてます。

医療としての歯の治療は、咀嚼機能の回復が欠かせない基本です。


>説明も同意も無いまま、いきなり右上7の天然歯を削られました。
>これまで何の問題も無かった歯です

インフォームド・コンセントが基本であり、医療として、決してあってはならないことです。
申し訳ありません。
このサイトではそうならないように管理者ともども努力しております。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: やまかさん
返信日時:2018-03-04 01:09:45
さがら先生
ご回答ありがとうございました。


もう二点、質問させて頂きたいです。
「右下6と7のセラミックの形」「発音」についてです。

長年、毎日デンタルフロスを使って歯を磨いてると、歯の側面の形はふっくらとして、歯の側面中央に隣接面が有ると感じています(写真のイラスト❶)。

しがし、今回作成されたセラミック臼歯の隣接面は、臼歯の高い位置にあるようです(写真のイラスト❷)。



◆質問
歯と歯の間に物が挟まるのは、隣接面が原因でしょうか?

私の左上7、右上7は頬側に向かい生えてます。
右上7の歯を削られバランスを崩したのか、ら行の発音がしにくいのですが、天然歯を削った影響が考えられますか?

画像1画像1
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-03-05 07:42:11
ご返信ありがとうございます。

>歯と歯の間に物が挟まるのは、隣接面が原因でしょうか?

いくつかのファクターがあります。
見た目だけで調べるなら、それもありえます。

食事の時に挟まるのであれば、食べていない時に覗き込んでも解明できません。
咬合の検査が必要です。


>ら行の発音がしにくいのですが、天然歯を削った影響が考えられますか?

ありえます。
健康な歯の役割とは、咀嚼・嚥下・会話という3つの機能を司っているからです。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: やまかさん
返信日時:2018-03-07 04:55:15
さがら先生
ご回答ありがとうございます

咬合の検査は、普通の歯科医院でも受けることは、できますか?

クラウンを接着する際、二本同時に行うのは、スタンダードな治療行為ですか?

セラミックの歯を接着するのに、仮付け、本付けと段階的にされる歯科医院もあることを、このサイトで知りました。


私がセラミックを付けた時、横幅は歯科衛生士さんがチェックし

「高さは、本付けしてから、調節します」

と言われ、いきなり本付けされました。


本来なら、セラミックの高さは、本付け前にすべきだったと思うのですが。
そうしたら、天然歯を削られる事なく済んだのではないかと思うのです。

もっと、疑問に思って、治療を受ければ良かったと、後悔ばかりです。

何度も質問して、申し訳ありません。
よろしくお願します。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-03-07 07:47:40
ご質問ありがとうございます。
何度でも構いません。

咬合の検査は、普通の歯科医院でも受けることは、できますか?

「普通の歯科医院」という意味が、開業医であり大学病院などではない、というのであればその通りです。

ただ、どこでも受けられるかというと、ほとんどの開業医あるいは、ほとんどの大学であってもしていないと思います。
しかし、現代の大学教育では歯科学生に教えていることばかり、つまり最先端では普通のことです。


クラウンを接着する際、二本同時に行うのは、スタンダードな治療行為ですか?

「スタンダード」の意味がよく分かりませんが、適切なプロセスの中であれば、同時はありえます。


>横幅は歯科衛生士さんがチェックし
>「高さは、本付けしてから、調節します」
>と言われ、いきなり本付けされました。

実は、つける前には、技工士さんもチェックします。


>本来なら、セラミックの高さは、本付け前にすべきだったと思うのですが。そうしたら、天然歯を削られる事なく済んだのではないかと思うのです。

その通りです。
ただ「普通の歯科医院」では、よく耳にする話です。


>もっと、疑問に思って、治療を受ければ良かったと、後悔ばかりです。

現代では、誰でも納得でき、誰が行っても同じ治療結果が得られるような、誰でも同じプロセスを辿れば安心できるという、科学的歯科医療を大学では教育されています。

当たり外れがあっては医療としてふさわしくないからです。

ちなみに、科学とは疑問を抱いてから進歩するという局面もありますから、これを機会にこれからはきっと健康に向かって進歩されると思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: やまかさん
返信日時:2018-03-09 12:19:47
さがら先生

お忙しい中、毎回、丁寧なご回答ありがとうございます。


こちらのサイトを閲覧すると、専門家としての高い意識で、ご尽力頂いてる先生方が沢山おられる事を感じ、希望が湧いて来ました。

セラミックが舌に当たり痛みます。
噛み合わせもおかしく、安眠できないので、急いではいますが…、先生のような歯医者さんに出会えように、粘り強く、頑張って探します。

頭の中も、心の中も、整理できました。
本当に、ありがとうござました。



タイトル 右下セラミックの咬合調節で右上天然歯を削るのは、普通のことか?
質問者 やまかさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
噛み合わせ(咬合)治療
噛み合わせに関するトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日