咬合調整で左上7番の歯を削り2ヶ月。冷たいものがしみるように

相談者: リーナさん (45歳:女性)
投稿日時:2018-05-02 10:58:11
以前に左下7番の歯の根の炎症でご相談させていただきました。

その時応急処置で左上7番(金属かぶせてます)を少し削り当たらない方法を教えていただきました。
実際その方法で済ませ、その後左下7番の治療は無事に終わりました。
ただ、左上7番は削ったまま何もせずに他の歯の治療をしていました。

ずっと左上7番は全く問題なかったのがある日突然水を飲む時キンとしみるようになり、それ以来熱いものもしみるようになり食事は左側で噛むことができません。
通っている歯医者で説明しましたが、特に説明はなくその歯のレントゲンもとらず中につめていたものもそのままで新しい金属に作りかえただけで終わりました。
これで痛みがおさまるのか少し不安でしたが一週間様子をみていましたがやはり痛みは変わりません。
それどころか何も口にいれていないのにうずく軽い痛みが出てくるようになりました。

以前左下の炎症で何回も急患で通って迷惑をかけていた事もあり、正直また連絡をする事に躊躇しています。
でも、金属を変えるだけで終わったことに疑問を感じています。

左上7番は神経の近くまで削っているので今後痛みが出たら神経をとる可能性が出ますと言われています。
私は虫歯になっているのではないかと不安です。

金属をかえるだけでの治療でよかったのか、他の先生方の意見をお聞きしたいです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-05-04 07:00:22
>実際その方法で済ませ、その後左下7番の治療は無事に終わりました。

一時的には症状が軽減しても、根本的な改善には繋がらないことが多いように思います。


>以前左下の炎症で何回も急患で通って迷惑をかけていた事もあり、正直また連絡をする事に躊躇しています。

連絡することが直ぐの受診に繋がるかどうかは判りませんが、連休明けにでも、経過や現状について連絡なさってみてはいかがでしょう。


>一週間様子をみていました

単に様子をみるのではなく、差し当たり、熱い物や冷たい食品を避け、指や舌はもちろん、他の歯でわざわざ刺激を与えないよう意識した生活を送ることを勧めます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: リーナさん
返信日時:2018-05-04 15:12:50
ありがとうございました
連絡をして今の状態をまた相談してみます



タイトル 咬合調整で左上7番の歯を削り2ヶ月。冷たいものがしみるように
質問者 リーナさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯科治療後の歯の痛み
噛み合わせ(咬合)治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日