詰め物交換から歯髄炎、予後不良とされ抜髄に。診断は適切だったか

相談者: ゆーり3さん (30歳:女性)
投稿日時:2018-06-17 16:27:30
詰め物を交換により歯髄炎になり、抜髄になりました。
冷たい物がしみるのみで、痛み止めを飲む事もなく、生活に支障がでる程度ではありませんでした。
予後不良との事で抜髄となりました。
この程度で予後不良との判断、抜髄は適切なのでしょうか。
(抜髄は生活に支障がでるレベルに達した場合の最終処置との意見も多く見られましたので)
どのレベルで予後不良と判断できるのでしょうか。

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-06-17 23:30:43
こんにちは。
治療後に何か症状が出たり症状が残ると治療は既に済んでいるのですから、次のステップに進まなければ症状を無くすことが出来ないと考え抜髄に進まなければならない事はあるでしょう。

治療してない場合であれば治療すれば症状がなくなる可能性があるので治療しましょう、になるでしょうが、治療が済んでいればそれ以上やりようがないですからね。

様子を見ましょうかと言われる場合もあるでしょうが、歯髄炎症が来ると大抵の場合増悪することのほうが多いので、歯髄保存が困難な事は多いように思います。

治療時にいかに丁寧に歯髄を刺激しないように治療出来るかにかかっているように思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-06-18 12:07:06
ゆーり3さん、今日は

不可逆性歯髄炎になった場合に歯髄を取ります。
不可逆性歯髄炎かどうかの診断は、症状だけでは決まりません。
症状が無くても不可逆性歯髄炎と診断され、神経を取る事になる場合もあります。




タイトル 詰め物交換から歯髄炎、予後不良とされ抜髄に。診断は適切だったか
質問者 ゆーり3さん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
詰め物、インレー治療後の痛み
その他(診断)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日