根尖性歯周炎はレントゲンで判るのか?

相談者: 三国ヶ丘さん (27歳:男性)
投稿日時:2018-06-30 13:28:53
こんにちは。

いきつけの歯医者定期検診に行った際、以前神経を抜いた上部の側切歯の根本が「たまに」痛みます。と歯科衛生士に伝えました。

すると、レントゲンを撮りましょうということで、レントゲンを撮りました。
その後、奥で先生Aがレントゲンを確認して歯科衛生士と何か話していました。
歯科衛生士から

「次回から歯の根元を消毒していきましょう。」

とだけ伝えられ、『あなたの病名は根尖性歯周炎です』という紙だけ渡されました。
ここまで、先生Aは一回も出てこず説明もありませんでした。


2回目の通院
先生Aが出てきて、何も説明もなく治療が始まり、歯の裏側に穴を開けられて消毒液を詰めました。と事後説明を受けました。


3回目の通院
その後一度消毒液の入れ替えに行きました。(先生A)


4回目の通院
この日は別の先生Bが出てきました。
神経の通ってた空洞に最終の詰め物をして、プラスチック?で穴の開けた所を塞いで終わりました。
その際、その先生Bに

「その歯は別の所にも虫歯の治療痕があり、次回からは被せ物をしてきましょう。」

と言われました。

「被せ物って何ですか?」

と質問すると、先生Bに

「今まで被せ物の説明はありませんでしたか?」

と言われ、

「ないです」

と答えました。
先生Bはその後、被せ物の説明、虫歯治療と今回の治療の穴により歯が欠ける可能性があることを教えてくれました。



そこで質問なんですが、

1、根尖性歯周炎であるかどうか、レントゲンを見ただけで分かるのでしょうか。
たまに痛むだけで、そこまで痛みもなく疲れているだけなのかと思っていました。
そもそも今回の治療が必要だったのか、疑問に思います。


2、そして先生が何の説明もなく、歯に穴を開け、何度か通った後初めて被せ物が必要と言われ困惑しております。
最初から説明があれば、この掲示板やセカンドオピニオンで他の歯医者にも治療の必要性を相談したかったです。



以上長くなりましたが、ご意見いただけると幸いです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-06-30 17:21:16
困った歯医者さんですね。

>1、根尖性歯周炎であるかどうか、レントゲンを見ただけで分かるのでしょうか。

物によりますが根尖病変が写っていればわかると思います。


>2、そして先生が何の説明もなく、歯に穴を開け、何度か通った後初めて被せ物が必要と言われ困惑しております。

説明はあってもよさそうだったと思います。




タイトル 根尖性歯周炎はレントゲンで判るのか?
質問者 三国ヶ丘さん
地域 大阪
年齢 27歳
性別 男性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ レントゲン写真
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日