? 銀インレー脱離後の修復・治療は何が最適ですか

銀インレー脱離後の修復・治療は何が最適ですか

相談者: ま さ む ねさん (35歳:男性)
投稿日時:2018-07-08 01:13:25
先ほど歯磨き後のフロスをしていたら、左上の上4番目の歯の銀のインレーが取れてしまいました。
取れた歯を見ると、痛みはないのですが黒くなっています。

現在検診や治療で通っている歯科医は「とにかくセレック推薦!」の歯科医で、以前試しに金歯など他の治療法も聞いてみたのですが、金歯よりなによりセレック!と言われ、現在2本ほどセレックで治療しています。

(たしか、金歯よりもセレックの接着剤の方が優れているので今後外れたり虫歯になったりしないとのこと)


明日にでも歯医者の行こうかと思っているのですが、銀のインレーが取れた後の治療として、保険内・外でどの治療が今後のためにもいいのでしょうか?



よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-07-08 11:12:58
ご相談ありがとうございます。

銀のインレーが取れた後の治療として、保険内・外でどの治療が今後のためにもいいのでしょうか?

今後というと将来も含めたこととして回答します。
「保険内・外」で共通です。

まず考え方が二通りに分かれます。

1.穴埋めという、病気の後始末
2.それと同時に機能まで考えた健康回復

1.であれば、なんでもありです。
取れたらくりかえし削るとか、目先のメリットが優先とか、材料はお好みしだいとか、人任せ丸投げとか、です。

2.は用心です。
現状を良くしたいと同時にこれ以上の悪化を防ぎ、最低限として一生歯を残すことが究極の目的となります。

どの治療にもリスクがあり、失敗すると取り返しがつかないからです。
治療前の勉強が一生を左右します。


デメリットとして、
1.は、行き当たりばったりの妥協的なので将来のビジョンはなく、歯は残りません。

材料も妥協なので、お勧めのセレックに乗せられてみる、と今は考えなくて楽ができます。
どうせ歯を無くすのであれば、どんな材料を使っても変わらないからです。

2.は、材料についても吟味できる目を持たなければなりませんから第三者からの勉強が必要です。
セレックはその医院に都合が良いだけかもしれません。

今後というのであれば、よく考えることが大事です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ま さ む ねさん
返信日時:2018-07-08 23:08:12
さがら先生

ご回答ありがとうございます。
「今後の」というのは、将来的に可能な限り歯を残す治療という意味です。

現在考えられる治療法で、一番最適な治療法(材質だったり、施工方法だったり)を探しています。



タイトル 銀インレー脱離後の修復・治療は何が最適ですか
質問者 ま さ む ねさん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 保険のインレー(銀・金属)
その他(歯科治療関連)
詰め物、インレーが取れた・外れた
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日