矯正中、パラタルバーが壊れてしまったが応急処置がバーを抜いただけ

相談者: ちねさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-07-12 08:08:51
こんにちは。

矯正治療を始めて半年くらいが立ちます。

現在、上顎にパラタルバーという装置をつけています。
これはわたしが歯が大きいので前歯を並べる隙間を少しでも多く作るために、奥歯が前に動いてこないようにするものだと先生から聞いています。


しかし昨夜、左側のバンドに溶接されている部分が壊れてしまい、口の中でぶら下がった状態に、、

翌朝仕事前に緊急で先生のところにいき、診てもらいました。
そしたらパラタルバーをいったん抜いて、次の検診までそのままでいいとのこと。

次の検診まであと2週間もあります。
動かないようにする装置なのにそんなにはずしたままで大丈夫なのかなと心配で、、


先生は緊急でもいつも診てくださってよくしてくれてるんですが、わたしが内気でなかなか聞きたいことを聞けずもやもやすることも多く、、
今回も少し心配になり相談させていただきました。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-07-12 09:17:21
主治医が診てくれて大丈夫と言っているのですからこれ以上確かな事はないでしょう。

急がなければならない事は予約を変更して来てもらうように指示が出るはずですから大丈夫なのでしょう。


臼歯の近心傾斜を予防するために抜歯矯正でよく使われると思います。

回答 回答2
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2018-07-12 17:33:25
パラタルバーが抜けているだけであれば、再装着するのは難しくないです。

しかし、バンドが壊れていたり溶接部が取れている場合には、バンドを外して修理や新しいバンド調整などが必要になります。

そうすると応急処置では済まなくなり、時間も大幅に必要になることが予想されます。


急患での対応では、そこまでの時間がなければ、ひとまず問題が無いようにする程度の処置しかできない場合もあります。


次回行った時に、改めて必要な処置を行うのではないでしょうか。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2018-07-12 17:36:32
パラタルバーは加強固定として使う装置です、現在固定源として第一大臼歯を使っているのならそのままというのは問題ですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちねさん
返信日時:2018-07-12 18:34:22
伊藤先生

溶接部が壊れてしまっていました。
ワイヤーを抜いてもらったあと、こちらから聞くまで先生から何も言われなかったので心配になりました。

溶接部が壊れたものでもバンドは外していないのですが、次回の診察の際にばんどをはずして修理して取り付けるまでできるものなのですか?
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちねさん
返信日時:2018-07-12 18:49:17
山田先生

パラタルバーは奥歯から2番目の歯にバンドをつけて装着しています。
抜いた状態で2週間も放置で歯が前に動いてきたり、矯正に支障がないのか心配になってしまいました。
もとは壊してしまったわたしが悪いのですが、、
回答 回答4
  • 回答者
伊藤矯正歯科クリニック(名古屋市中区)の伊藤です。



※2013年9月14日までは伊藤和明先生、それ以降は伊藤雅大先生がご回答されています。
回答日時:2018-07-12 19:14:36
臼歯部を動かさないためには、必要だと思います。

パラタルバーが無いことに関しては、担当医が確認している以上、ネットでは何とも言えません。

(個人的には、治療のステップにもよりますが、数か月程度であれば歯の移動を中止するなどすれば、大きな影響は出ない可能性もあります)


壊れてしまった以上、そのままでは使えません。

そのため、修理や新製などの必要があると思います。


ただ、今回は急患ということで、パラタルバーを外すという時間しかなかったのかもしれません。

垂れ下がっている状況であれば、会話や食事もままならないと思いますので、ひとまず外すというのは自分でも行うと思います。


次回の時に装置の再装着までできるのか、型どりなど数ステップ必要なのかは、装置の状況やタイプによるので、何とも言えません。


担当の矯正歯科医にお聞きになるしかないと思います。




タイトル 矯正中、パラタルバーが壊れてしまったが応急処置がバーを抜いただけ
質問者 ちねさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日