裏側矯正中、ブラケットが外れて後戻りしてしまった

相談者: ゆうかちゃんさん (23歳:女性)
投稿日時:2018-08-19 19:35:16
昨年から裏側矯正を始め、ブラケットを付けてから1年が経った者です。
ひどい叢生で、右上1番が90度近く捻転していましたが、現在はまっすぐになっています。

昨日、その歯の裏のブラケットの下半分が剥がれたような状態になっており、1日で再び捻れ始めてしまいました。
調整時のような痛みもあります。

歯科に行けるのは早くて明後日になります。
たった1日で歯が元に戻り始めたので、時間があくのがとても不安です。
治療が長引いたりなど、影響が考えられるでしょうか。

また、一度ブラケットが外れて通院したことがあるのですが、全て私が悪いというような言い方をされたため、今回の通院にとても不安を感じます。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-08-19 21:42:26
こんにちは。
ブラケットが不用意に外れてしまうと歯は元に戻り始めますが、1年かけて動かした場合全く元に戻るわけではありません。
骨が出来始めていて昔とは違うからです。

明後日に通院できるならば、それほど大きく戻っていないのではないかと思います。
しっかり直してもらうとよいでしょう。

ブラケット脱離は、やっぱりお互いに気持ちの良いものではありませんから、気をつけて下さいねと必ず言われるように思います。
外れる時には外れるのですが、大抵は治療の初期に外れやすく真っ直ぐになってからは、あまりトラブルはない事が多いように思います。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2018-08-19 22:35:23
ブラケットの脱離は、患者さんとともに治療する側としても残念なことではありますが、それでも起こってしまうものです。
なるべく早めに付け直していただいたほうがいいでしょう。

脱離の理由としては、つけ方が悪い場合と、患者さんが悪い場合とがあります。

患者さんが不用意に硬いものをかんでしまって取れるということもあります。
もともと咬合力が強い方であれば、普通に咬合していてもとれるということはあるでしょう。

一方、装着がうまくいっていなかったり、歯に修復物が入っているなどのことがあれば、脱離しやすい状態ともいえます。
したがって、必ずしもすべて患者さんが悪いというわけではないとはいえるでしょう。

1か月で戻ったものは、おそらく1か月で改善できるでしょう。
それほど気にされることなく、なるべく早めに連絡していただいたほうがお互いにとってもよろしいと思います。




タイトル 裏側矯正中、ブラケットが外れて後戻りしてしまった
質問者 ゆうかちゃんさん
地域 非公開
年齢 23歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯列矯正のトラブル
矯正後の歯の後戻り
叢生(ガタガタの歯並び)
舌側矯正(裏側の矯正)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日