右下7番、抜歯後の処置について

相談者: チルチルミチオさん (42歳:男性)
投稿日時:2018-10-15 00:42:35
表題の件、当掲示板の過去書き込みを含めて、自分なりに調査したのですが、分からない事があるので投稿させて頂きます。

まず「下7番を抜くと上7番が下りてくる」という事に関してネットで調査したところ、数十年経っても下りてこない場合や、数年で抜けてしまったという事例まで、様々な事例が散見されました。
当掲示板においては、放置で良いという先生もおられるようです。

現在、虫歯はすべて治療済み、歯周病の兆候もなし(数日前の歯科検診にて)、日々のケアも歯間ブラシも併用して磨き方にも気を配っております。
右下7番が無い事による噛みにくさや不便さは全く感じておりません。

インプラントや、上6番と7番をつなげて、上7番が下りてくるのを防ぐ方法もあるようですが、費用やリスクを考えると踏み切れません。

当方の場合、とりあえずこのまま放置でも良いと思いますか?


あと、これは素人的な考えですが、上7番が下りてくるのを防止する方法として、失った右下7番を簡易的に補うようなもの(入れ歯でもマウスピースでも)を、外出時は除き自宅でのみ装着して過ごしたり、就寝時だけ装着するというのは、効果的とは言えないでしょうか。
(意外と良いような気がするのですが・・・)

以上、宜しくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-10-15 07:09:00
>下7番を抜くと上7番が下りてくる

下顎7番を喪失したまま何も補綴しない場合、上顎7番が挺出するかどうかは、下顎6番や8番との接触関係に関与することが多いかと思います。

同じ方でも、左右差があることも結構あるように思います。

基本的なことになりますが、歯の番号だけで論じるのではなく、当該部の歯の関係のみならず、お口全体の実際の状態について診査していただいたうえでプランニングすべきものと考えます。


インプラントや、上6番と7番をつなげて、上7番が下りてくるのを防ぐ方法もあるようですが、費用やリスクを考えると踏み切れません。

確かに、インプラント治療は費用がかかりますし、6番と7番とを繋ぐのはリスクがありますね。


>上7番が下りてくるのを防止する方法として、失った右下7番を簡易的に補うようなもの(入れ歯でもマウスピースでも)を、外出時は除き自宅でのみ装着して過ごしたり、就寝時だけ装着するというのは、効果的とは言えないでしょうか。

どうでしょうね、装着時間が一日の大半を占めないのであれば、然程の効果は見込めないように思います。


>当方の場合、とりあえずこのまま放置でも良いと思いますか?

自身の判断で放置というのは、如何なものかと思います。

何れにしても、担当医と相談を重ねながら治療を進めていってください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: チルチルミチオさん
返信日時:2018-10-15 07:49:15
小林先生

的確なご回答ありがとうございます。
一般論ではなく、あくまでも「私の場合」という事を重きに置いて、検討したいと思います。

安易に自己判断するのではなく、担当医と入念に相談します。
ただ、要望は可能な限り聞いてもらえるようお願いしてみます。



タイトル 右下7番、抜歯後の処置について
質問者 チルチルミチオさん
地域 非公開
年齢 42歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:7番(第二大臼歯)
歯の異常・トラブルその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日