歯茎に白い病変、口腔扁平苔癬と言われたが病理検査は不要なのか?

相談者: 優しいママさん (39歳:女性)
投稿日時:2018-11-09 17:09:49
歯茎に小さく、白い病変があり、口腔外科を受信し、炎症か、口腔へんぺいたいせんの初期でしょうと言われ、デキサルチンを塗っていますが、見た目は、ほとんど消えています。

ですが、懐中電灯を使って見てみると、やはり、浮き出て見えます。
デキサルチンを塗り始めて、1ヶ月程たちます。


1週間前の受診では、随分薄くなったけど、まだ完全に消えてはないから、引き続きデキサルチンを塗ってねとのことでした。
病理検査は、今のところ要らないよとの事でした。

炎症じゃないにしても、最悪、一番悪くて口腔へんぺいたいせんの極初期だからとの事でした。
口腔外科の先生は、病変を見た感じで、口腔へんぺいたいせんか白板小かが、経験で何となくはわかるのでしょうか?


見た目でほとんど消えていて、懐中電灯で照らすと浮き出て見えるのはなぜでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2018-11-11 07:20:35
こんにちは。

懐中電灯ですか?

口腔癌スキャン用の光を使って炎症を調べる方法がありますがどうでしょう?

ご自宅の懐中電灯で照らされてもわからないのではないかと思いますから、専用の器具での視診ではないでしょうか?




タイトル 歯茎に白い病変、口腔扁平苔癬と言われたが病理検査は不要なのか?
質問者 優しいママさん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎の異常・トラブルその他
歯茎の出来物(できもの)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日