左奥歯にセラミッククラウンを装着してから顎関節症に

相談者: むーみそさん (28歳:女性)
投稿日時:2018-12-06 07:01:17
こんにちは。

一年程前に、左奥歯セラミックを入れた後に左側が顎関節症になり、その後に右奥歯に入れたセラミックが最近割れてしまい原因は睡眠中の歯ぎしりとのことでした。
ナイトガード作成中です。


そこで以前から左奥歯のセラミックの高さが気になっていたことを伝え調整してもらい、以前よりは高さが気にならなくなりました。
ただ、まだ若干左側の歯が右より先に当たります。

これ以上削るとなると他の自然の歯を削らないといけないと言われました。
顎とか噛み合わせ?が変化してるかもしれないと思いとりあえず次の予約まで様子を見ることにしました。

それと親知らずが左上に一本だけキレイな状態で生えていて、下顎を後ろにスライドすると、左下の奥歯が当たり段差みたいになります。


そこで質問なのですが

1.もう少しだけ左上奥歯のセラミックの高さを調整してもらおうと思ってるんですが、しばらく様子を見た方がいいのでしょうか?

2.左上の親知らずも歯ぎしりの原因になったりするのでしょうか?


回答よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-12-06 15:21:27
1.細かい状況を知る必要がありますから、この場では判りません。

2.おそらく原因となることはないと思います。




タイトル 左奥歯にセラミッククラウンを装着してから顎関節症に
質問者 むーみそさん
地域 非公開
年齢 28歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ オールセラミック(陶器の被せ物)
噛み合わせに関するトラブル
顎関節症
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日