右下7番、歯の仮詰がとれてしまう場合の対処法

相談者: ぱおぱおーさん (29歳:女性)
投稿日時:2018-12-12 07:05:48
右下7番に自費インレーを入れるため、現在仮詰状態です。

歯科医からなるべく仮詰めのある側では噛まないようにとアドバイス受けてるのですが、無意識のうちについそちら側で噛んでしまうことがあり、二週間先の予約まで数回、ひどい日はその日にとれてしまいます。

しみるので、医院に連絡し詰め直しいただけるのですが、あまりに回数が多い気がして自己嫌悪に陥っています。

しみなければ、そのまま我慢すれば良いと思うのですが、しみてしまうので放置は辛いです。
ただ頻回に詰め直しお願いするのも気が引けて、申し訳無い気持ちでいっぱいです。

このように頻回に来る患者って、先生からすれば大迷惑でしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2018-12-12 08:39:17
ご相談ありがとうございます。

>このように頻回に来る患者って先生からすれば大迷惑でしょうか?

そうとも言えますし、予約している他の人のお時間を割いてもらうことになるので、他の人へも大きな影響が出ます。
何より、お互いに嫌になってしまうはずです。


しかし、

それは歯科医師の責任です。
つまり、あなたの責任ではありません。


>ひどい日はその日にとれてしまいます。

それでは意味がない治療だからです。
もともと自費の治療は健康を守るためです。

本来は削られて弱くなった歯を守るための治療だから、頻繁に取れては「痛い」ことから守り、細菌感染から守る、という目的が成功しないからです。

感染管理が成功しないと、近々神経を抜く抜髄)へと悪化して、抜歯への近道へ急展開してしまうからです。
1本を失うと次々と抜歯の連続の泥沼にはまりやすくなります。
治療計画にも予防が肝心です。

人生100年時代に一生歯を残すという、お金と時間をかける意味を考えて頂けるよう、よく相談しましょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ぱおぱおーさん
返信日時:2018-12-12 20:02:42
さがら先生

回答ありがとうございます。

やはり頻回に詰め直しをお願いするのは先生にもご迷惑ですよね。
甘えてました。

自分で仮詰めしてある方で噛まないよう気をつけているのですが、忘れて使ってしまいとれてしまうことが多いので、とにかく気をつけるようにします。



タイトル 右下7番、歯の仮詰がとれてしまう場合の対処法
質問者 ぱおぱおーさん
地域 埼玉
年齢 29歳
性別 女性
職業 会社員(技術系)
カテゴリ 詰め物、インレーその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日