[写真あり] 歯茎の消えない赤みと痛みについて

相談者: happymoonさん (36歳:女性)
投稿日時:2019-02-24 10:38:49
右下7番の歯の内側(舌側)の歯茎についてです。

歯並びも悪いため、ワンタフトやフロスなど使い分けて毎日歯みがきをしています。
右の7番の内側の歯茎(歯と歯茎の境目)が歯みがきで痛みがあります。
ワンタフトの柔らかめのブラシで優しくしても痛いので、見てみたら境目の歯茎はピンク色でしたが、すこし下が赤くなっていました。

口腔外科定期検診歯科衛生士さんにベルスコープのライトを当ててもらっても異常なし、先生の診察でも問題ないと言われました。


念のため耳鼻科も受診しましたが、悪いものではないと思いますが、というすこし曖昧な回答でした。



昨日は磨きすぎたのか出血してしまい、さらに不安になりました。
症状に気づいたのは昨年10月、4ヶ月変化なしです。
もしかしたらすこし赤みが強くなったかもしれません。


もちろん、実際診てもらわないと分からないと思いますが、この写真のような感じで、赤みと痛みで歯肉がんの可能性はありますか?
ワンタフトのやわらかめの歯ブラシでも毎回その部分が痛いのですが、異常がなくてもそのようなことがあるのでしょうか?


よろしくお願いいたします!

画像1画像1


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-02-24 13:15:25
私は口腔外科に在籍したことも専門的にも勉強したこともありません。

また写真も少しピントが合ってないように思います。
ですから回答かピント外れなこともあると思います。

紅板症

http://www.omfs2.dent.kyushu-u.ac.jp/nenmakusikkan.html
https://www.jsoms.or.jp/public/disease/setumei_koku/



あるいは磨きすぎなのかもしれないと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-02-24 18:25:18
happymoonさん、こんばんは。

>右の7番の内側の歯茎(歯と歯茎の境目)が歯みがきで痛みがあります。

歯磨きの時に痛みがあるということでしょうか。

柴田先生のご指摘のように、写真がはっきりしないので判断が難しいところがあります。

写真の部分ですと、柔らかい歯ブラシを使っていても歯ブラシで擦れば、痛みがあっても異常ではないように思います。
歯ブラシが適切に当ってなくて、歯茎の部分を磨き過ぎているだけではないでしょうか。

ワンタフトブラシで磨いて頂きたいのは、歯と歯茎の境目なので、黄色の部分よりもう少し歯に近いところになるはずです。


磨き過ぎでない場合は、4カ月もお痛みが続いているとのことですから、大きい病院の口腔外科で精密な検査を受けた方が良いかもしれませんね。


参考程度にしてください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: happymoonさん
返信日時:2019-02-24 19:32:05
ご回答ありがとうございます。


スマホの撮影の為これ以上綺麗に撮影できませんでした。
紅板症、ずっと心配していた症状です。
口腔外科の先生は大丈夫だと言われますが、やはり大きなところへ行った方がいいですか?

黄色い部分は痛く無くて、痛いのは歯と歯茎の境目の赤い線のところです。
36歳でも紅板症もありえますか?


画像1画像1
回答 回答3
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-02-26 20:58:56
happymoonさん、こんばんは。

ご質問ありがとうございます。

写真の写り方かもしれませんが、黄色の部分の赤みは薄くなっているように感じますが、実際はいかがでしょうか。

痛いところは歯と歯茎の境のところなのですね。


赤いところと痛いところは別の場所なので、それぞれは関係ないと思います。
痛いところは歯茎が下がっているので、磨き過ぎのように見えますし、口腔外科の先生が大丈夫だと言っているのなら、あまり心配ないように感じます。

紅板症がどうしても心配でしたら、一部組織を採って検査してもらうしかないと思いますが、口腔外科の先生に現在そこまでする必要があるのか、よくお尋ねになってみたらいかがでしょうか。


参考になれば幸いです。




タイトル [写真あり] 歯茎の消えない赤みと痛みについて
質問者 happymoonさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯茎(歯ぐき)の痛み
歯茎(歯ぐき)の変色
歯茎の異常・トラブルその他
その他(写真あり)
歯茎の出来物(できもの)
紅板症
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日