C1と言っていたのに神経が死んでいた、誤診では?

相談者: 虫歯怖いですよろしくお願いします。さん (17歳:男性)
投稿日時:2019-02-27 22:33:34
一番最初に歯医者に行った時c1とか正常とか歯の状態を診てもらいました。
診てもらったのは歯科衛生士さん?(女性)です。
診察を聞いているとc2c3c4は言っていなかったので安心しました。

しかしその後治療をする先生(男性)に1番奥の歯が痛みが少しあると言ったら、その歯は三本の神経のうちの二本死んでいる大きな虫歯でした。
これっていわゆるc3では?と思いました。


それから歯の診察って全然当てにならないのでは?と思いました。
これって普通のことですか?
下らない質問かもしれませんが自分にとっては大きな問題です。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-02-27 22:56:20
虫歯怖いですよろしくお願いします。さん

こんばんは。

非常に良いご質問をありがとうございます。
何よりも、診断に関するご質問ですので、非常に重要ですよね。


まず、歯科の病気の主なものには虫歯、歯周病、神経の問題の病気、根の先の問題の病気の4つがあります。
このうち、虫歯はC1 とかC2とかで表現します。
それは、虫歯があった場合です。

ところが、今虫歯がなくても昔に大きな虫歯を治療した歯は時間と共に神経が死んでしまうケースがあります。
その場合は、C3とは普通診断しません(たぶん)。
歯髄壊死(神経が死んでいる状態)とか、根の先に膿が溜まっているとかになります。

おそらく、レントゲンで根の先に黒い影があったり、歯が冷たいものや温かいもので反応するかどうかを調べたりして、診断します。

ですから、別に、経験されたことは「誤診」ではないですよ。
ご安心ください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル C1と言っていたのに神経が死んでいた、誤診では?
質問者 虫歯怖いですよろしくお願いします。さん
地域 非公開
年齢 17歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯その他
その他(診断)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日