治療中に抹消神経を損傷された、治療費、慰謝料を請求したい

相談者: chachongoさん (63歳:女性)
投稿日時:2019-03-03 17:58:55
5年前に下顎骨髄炎でご相談しました。

今回は、2018年1月上顎のザイゴマインプラントの不具合を調整してもらったところ、不具合は治らず、左側の顔面が盛り上がり、顔が左頬だけ腫れたような状態になりました。

歯茎を削ったということでしたが、口をゆすぐ時に鼻に水が流れたり、突起した入歯部分は治っておらず、通院が苦痛でした。


2018年10月、他院の紹介をお願いしたのですが、この治療は自分にしかできない、と歯科医師が言うので、仕方なくザイゴマインプラントの1本を抜く手術。
手術前に歯科医師と話し合いましたが、患者を見下す発言や態度に不愉快な思いをしました。

術後、事前の予定とは違うザイゴマインプラントを2本抜かれ、その際、末梢神経を損傷。


歯科医師は「顔面神経麻痺」と診断し、その歯科医師の出身大学病院を紹介され、大学病院に転院しました。

痺れと顔面の腫れがひどく、投薬治療を続け、1月末に大学病院で左側の長いザイゴマインプラント1本を除去手術。


大学病院での除去手術前に分かったことは、

「抜いたインプラントは、再利用できない」
「長い方のザイゴマインプラントは、眼の間際まで挿入されている」

ということでした。

歯科医師からは、全く聞いていないことでした。

除去手術前には、大学病院のインプラント専門医が不具合を簡単に処置し、上顎は左右とも快適になりました。


インプラント専門医は、下顎の状態がまるで「仮歯のようだ」と言っていました。
入れ歯部分の構造がとても大きく厚く、歯科医師に何度も薄くして欲しいと希望していたのですが、歯科医師は

「これ以上は無理だ」

と言うばかりでした。



5年前の下顎の骨髄炎も別の大学病院で治療、今回も歯科医師の出身大学病院で治療。治療費、通院費、仕事(自営)を休んでの通院、入院、手術とお金がかかっています。

インプラント治療には、すでに大金を支出していますし、今回の抹消神経損傷の治療費、慰謝料を請求するには、どうしたら良いでしょうか。


3月3日現在も顔の腫れ、ゆがみ、痛みは続いています。
今回抜いた長いザイゴマインプラント、2018年10月に無断で抜いたインプラント、今後の大学病院での治療、と考えるだけでストレスです。
どうか、良いご提案をお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-03 19:22:14
弁護士さんに相談依頼が良いかと思います。

あとは相手が歯科医師会会員で、あれば県歯科医師会かと思います。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
長崎大学大学院包括的腫瘍学講座の中本です。
回答日時:2019-03-04 00:07:40
chachongoさん、こんにちは。

まずは、これまでの経緯と現在の症状の件につき、大変お困りのこと、ご心中お察しします。

何とか状況が好転することを願っています。


その上での、ご質問の内容を拝見した上でのコメントです。

まず、

>今回の抹消神経損傷の治療費、慰謝料を請求するには、どうしたら良いでしょうか。

との件については、柴田先生のご回答にあるように、弁護士等に相談する以上のアドバイスは、この場ではできません。

------------------------------------------------------

【必読】 相談者の注意事項


ネット相談でできないこと

医療ミス、裁判等についてのご相談

当相談室では正確な状況の把握ができないため、「医療ミス」「裁判」等のご相談はお受けできません。

「医療ミス」「裁判」等につきましては必要に応じて 第三者(歯科医師会、弁護士等)にご相談頂きますようお願いいたします。

------------------------------------------------------


次に、

>上顎のザイゴマインプラントの不具合を調整

>術後、事前の予定とは違うザイゴマインプラントを2本抜かれ、その際、末梢神経を損傷。

>歯科医師は「顔面神経麻痺」と診断し、その歯科医師の出身大学病院を紹介され、大学病院に転院しました。

との件に関して、上顎のインプラントを抜いた処置が直接の原因となって、「顔面神経」を損傷することは、解剖学的に考えにくいです。

したがって、chachongoさんの症状が本当に「顔面神経麻痺」であったとして、それが上顎のインプラントを抜いたことが直接の原因ということは、かなり難しいと思います。


とはいえ、実際に「顔面神経麻痺」を生じている場合、chachongoさんにとっては納得いかないお気持ちは、本当によく分かります。

ただ、医学的に「顔面神経麻痺」の大部分は、原因不明であるのが現実です(たとえば、歯科治療時に偶然生じることもあります)。


したがって、個人的には現在の症状の改善を第一に考えることが適切ではないかと思います。

お大事になされてください。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 治療中に抹消神経を損傷された、治療費、慰謝料を請求したい
質問者 chachongoさん
地域 非公開
年齢 63歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 口腔外科関連
歯科/裁判・訴訟・示談・慰謝料
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日