神経を抜いた前歯の治療した記憶と歯科医の言うことが違う

相談者: タピオカちゃんさん (25歳:女性)
投稿日時:2019-03-08 11:39:54
長年通っていた歯医者でトラブルが起きました。
数年前前歯の神経を抜いて治療した後土台を入れてもらい保険被せ物をしました。

1年〜半年ほど前、他の歯の治療でレントゲンを見ている際に、

前歯だけど土台が古くて体に良く無い成分(水銀)が入っているみたい。直してあげる」

と言われ、この院で治療したはずですが…と伝えたところ、うちの院では何年も使っていない、医学は進歩するからそのお医者さんもその時は一番いい治療だったんだろうけどね〜と言われてしまい、疑問に思ったものの治してあげると言われたので追求はしませんでした。

また、他に治療中の歯があった為再治療は最後にやっていただきたい旨を伝えました。



最近になって医者にその歯を直したいと話をしたところ、直すなんて私は言っていない、土台はうちの病院でやっていないから知らないと言われてしまいました。
言った言わないで揉めてしまい、もう諦めて治療をお願いしました。


その歯は残っている歯が少ないので抜歯になるかギリギリのところだったそうなのですがなんとか残せそうということでしたので、保険のメタル?ではなくファイバーをお願いしようと思っていた(メタルは歯が割れやすいと聞いたので)ところ、なんの話もないまま最終的な詰め物とメタルの土台をいっぺんに入れられてしまいました。

終わった後、助手さんに

「今日は根っこの治療と聞いていたのに一気に土台までいってしまったのですか?」

と聞いたところ

仮歯が取れにくくなるので最終的な薬と土台で2ステップくらい進みました」

と言われました。



さすがに様々な疑問がありすぎて夜電話したところ、

「前歯の治療を私がしてあげるなんて話していない、そもそもその土台を入れた治療歴がカルテにない。
あんまり適当な治療をしているというような話を色々言うのであれば院の名誉毀損だ。
専門知識が無いのに口を出すな。」

と言われてしまいました。


土台だけよその院でやるなんてしないし記憶が無いから絶対そちらの院で入れられたものだと伝えても知らないと言われ、カルテの履歴を調べてもらったところ、土台を入れる前の最終的な薬を入れた履と被せ物をした履歴はあるが土台を入れた履歴はカルテに残っていないと言われました。

でも

「うちでは今は使っていない体に悪い土台が入っている」

と前に伝えてきたのに土台の治療履歴があるのは矛盾を感じます。
でも何を言っても認めないと言うか、こちらが口出しをすると出禁にしてきそうな勢いです。



最終的には非常に迷惑そうに今後お客様がきたらボイスレコーダーを使わせてもらっていいですか?とクレーマー扱いされ、精神的に参っています。

その対応にも不満が募り、院長に代わってくださいと伝えたところ

「文句があるなら私に言ってくださいよ。
院長に言っても何も変わりませんから」

と拒否されました。
電話を切った後やっぱり納得がいかないので再度院長にお伝えしたいことがある、忙しいのは重々承知しているからいつでもいいので待ってます。と受付の方に伝えましたが5日経っても何もありません。




長々と失礼しましたが、お聞きしたい点はまとめると2つです


@土台を入れたカルテ履歴が無いと言われてしまったが、支払い履歴や保険証の使用履歴を確認するなどの方法で、土台の薬を入れた〜被せ物を入れた真ん中の期間に私が何かに支払いをした証拠を得ることができないのか?

自分の歯なのにどこでどんな治療をされたかわからない状況というのはとても不安です。
言う事がコロコロ変わる患者だと思われているので、結局前入っていた土台のことをはっきりさせたいです。



A他の院でメタルコアをファイバーに変えてもらい、治療を続けていくことは可能か?

もう前の院に行くのは精神的にしんどいのもあり転院を考えていますが、今までそこでほとんどの歯の治療を受け神経を抜いています。
被せ物も保証期間5年などが設定された高いものが沢山ありなかなか転院を踏み出せません。

また、治療が中途半端な状態の為転院先で迷惑がられたり、カモにされたりと次の院でも嫌な思いをするのだったら我慢した方がいいのだろうか…と悩んでいます。

また、次の院でお見せできたりする治療履歴をもらったりする事はできるのでしょうか。
何度も土台を入れ替えするのも、その衝撃で根っこが割れたりしないか不安です。



長々と失礼しました。
前歯は3月中に治したかったというのもあり非常に焦りや不安や悲しみで常に頭がいっぱいです。
どうしたら良いのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
クレア歯科クリニック(杉並区阿佐谷北)の平岡です。
回答日時:2019-03-08 20:43:26
タピオカちゃんさん、こんばんは。

いろいろとお悩みがあるようですね。
言った言わないの議論は難しい問題ですね。


まずはそのクリニックの責任者である、院長先生とお話をされたらいいのではと思います。
受付から院長に伝わっていて院長にも無視されているのか、担当医が受付に院長に言わないように指示して院長が知らないでこうなっているのかによって、今後の話はかなり変わってくると思いますので。


そのうえで、回答すると、

@カルテ開示、レセプト開示などでわかると思います。


A他院でファイバーコアにかえてもらって治療を続けていくことは可能だと思います。

治療がこういう状況になっている事情を説明すれば、特にいやがられる打とか、カモにされるということはないのではとおもいます。

次のクリニックは現状を見れば大丈夫だと思いますので、治療履歴などはご持参されなくてもあまり問題はないと思います。
(頼んでもその担当医にはいい顔されそうにないですしね)


土台を入れ替えるのは確かに破折などのリスクはゼロではないですが、保存可能な程度に歯がのこっているのであれば、慎重にやれば折れることはまれかと思います。
(私は今まで折れたことはありません、説明はしますが)

もし、細心の注意をはらって慎重にやっても折れたとしたら、それは残せないくらい弱っているということだから、さっさと抜いてよかったと思った方がいいように思います。


ご参考になれば幸いです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: タピオカちゃんさん
返信日時:2019-03-09 09:30:43
お答えいただきありがとうございます。


私を治療したのは副院長先生で、院長先生の奥さんです。
多分院長先生まで話が言ってないような感じがします。
話がいっててこの対応なら逆に組織ぐるみで危険な院だなとも思います。

院長先生は難しい治療やインプラント担当?のようであまり関わった事がありません。


また、お答えくださった先生の話を読み、新しい院を探そうと思いました。
その上でもう少し新しい疑問点にお答えいただけたら幸いです。



@カルテやレセプト開示でわかるとのことですが、前回の電話の際に

「実際にカルテ見せても良いけど何書いてあるのか見たところでわからないと思いますよ」

と笑われました。
なので、会計の履歴や保険を利用した治療の履歴を見て治療をしてお金を払った日があるのに、カルテの日付に残っていないものがあるという証拠は得られないのだろうか?と思いました。

もう4〜5年前の会計履歴なんて病院は残していないでしょうか?
健康保険も、こちらが利用した履歴を確認する事なんて出来るのでしょうか?



A最終的な薬と土台を入れるのを同時にやるのはある事ですか?

また、担当した先生に

「どうせ長くはもたないから被せ物は裏が銀の保険のやつでいい」

と言われたのですが
前歯を抜糸したく無いので少しでも長く使えるように、高い料金払っても保険外の被せ物をするつもりでした。
(保険の被せ物は将来どうしても隙間から虫歯になると聞きました)

やはり担当した先生と同じように、保険でやったほうがいいと思われますか?


長々とすみません。
院に何も聞けず(聴くとクレーマー扱いされてしまい)もういろんなことに疑問が生じてしまっています。
大きくは上の二点なのでよろしくお願いします。
回答 回答2
  • 回答者
歯科医師の松山です。
回答日時:2019-03-09 15:00:05
これからも(長年通っていた歯医者)に診てもらうかどうかを、はっきりさせたら如何ですか。

文面からは、転院するのではないかと思われますが、カルテの開示を求めたり、支払記録などの状況を確かめてどうするのでしょう。
@損害賠償請求的なことをする、
A過去の治療経過を次医に報告するくらいしかないと思います。

@については、そのような感じではないですし、次の医師での治療の参考になるかというと回答1の平岡先生の(次のクリニックは現状を見れば大丈夫だと思います)のごとくだと思います。


>〜同時にやるのはある事ですか

実際にされたのですから、正確には、あった、すなわち有り得ることでしょう。
一般的ではないかもしれないとも言い方によってはできるかもしれません。


保険でやったほうがいいと思われますか?

御自分がきめることだとおもいます。




タイトル 神経を抜いた前歯の治療した記憶と歯科医の言うことが違う
質問者 タピオカちゃんさん
地域 非公開
年齢 25歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 支台築造その他
歯医者への不信感
歯医者への不満・グチ
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日