ほぼ歯が残っていない状態の銀歯を白い歯に替えるのは難しいか

相談者: 成恵さん (19歳:女性)
投稿日時:2019-03-13 22:04:13
こんばんは。

今日、初めて奥歯銀歯にしました。
奥歯なので見た目的には気になりませんが、いつか白くしたいなと思っています。

でも、セラミック保険適用外で高いので中々厳しいかなとも思っています。
調べていたらセラミックインレー?みたいなのもあると知ったのですが、結局どれが良いのでしょうか?

予算的には5万程度だったらいけるかな…という感じです。

今回、銀歯入れるにも土台を削ったり噛み合わせの問題で被せものも削ったりと大変だったのですが、ほぼ残っていない状態では後々白い歯にするのは難しいのでしょうか。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-03-14 09:12:22
成恵さん、こんにちは。

そもそもインレーとクラウンは全く別物になります。
書かれている「被せ物」というと一般的にはクラウンを表し、「詰め物」というと一般的にはインレーを表すことが多いです。

参考
 インレー
 クラウン 


銀歯入れるにも土台を削ったり噛み合わせの問題で被せものも削ったりと大変だった

ということであれば、恐らくはクラウンの状態になっているかと思います。
となるとインレー形態ではすでに無くなってしまっているので、インレーで治すことは不可能と考えられます。


>結局どれが良いのでしょうか?

素材だけで言うのであれば、もちろんセラミックが一番お勧めです。

ただし、セラミックに対する理解はもちろん、歯科医師の技術、歯科技工士の技術に大きく左右されますので、一概には言えません・・・。

ひとまず、今回銀歯を入れたのであれば、次に治療のやり直しが必要なタイミングは数年ごとなるかと思います。
それまでの間に、1ヵ月5000円や2000円でもいいので積み立てておくと、再治療の際の選択肢に幅が出来ると思います。


ご参考程度にしていただければと思います。

回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2019-03-14 09:42:41
こんにちは。
奥歯でも金属が入ると嫌ですよね。

保険適用のものでもハイブリッドセラミックという樹脂にセラミックの粉を混ぜた物があります。

数年毎のやり替えが必要になるかもしれませんしトラブルが多いだろうと考えられるケースの場合保険適用のものは勧められませんが、一応ありますからご希望であればそういう物も取り扱いがある歯科医院でご相談されると自己負担額が安いかもしれませんね。

最近は自費の物でハイブリッドセラミックの良い素材も出来ていますから保険適用のものではない素材であれば使用可能かもしれません。
セラミックよりは安価になると思います。

但し、金属の頑丈さには敵いませんので何年毎に見た目の為と身体の健康のためにやりかえるということが必要になるかもしれません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 成恵さん
返信日時:2019-03-15 20:21:45
〉三木先生

詳しい回答ありがとうございます!

そうなんですね。
では、その日がくるまで先生の言うとおり少しずつ貯めて選択肢を広げようと思います。

ありがとうございます!
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 成恵さん
返信日時:2019-03-15 20:26:46
〉ふなちゃん先生

はい…見た目的に嫌だなと思います。

なるほど。そういうものもあるんですね。
自己負担だと限度があるので、候補が少しでも多いとありがたいので嬉しいです!

やっぱり、やり変えは必要なんですね。
ありがとうございます!



タイトル ほぼ歯が残っていない状態の銀歯を白い歯に替えるのは難しいか
質問者 成恵さん
地域 非公開
年齢 19歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 保険のクラウン(奥歯:銀歯)
オールセラミック(陶器の被せ物)
クラウンの作り直し・再治療
ジルコニアクラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日