歯と歯茎の境目の虫歯治療はレジンが接着しにくい?

相談者: ヒラタケさん (50歳:男性)
投稿日時:2019-03-22 10:40:10
お世話になります。
歯と歯茎の境目の虫歯治療に関して質問です。

右下7番の歯の治療を考えています。
「歯と歯茎の境目はレジンが接着しにくい」と歯医者さんから説明を受けました。

<質問>
レジンがはがれて、歯がしみるたびに再接着してもらうより方法はないのでしょうか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
メイクスマイル歯科(東京都文京区)の森田です。
回答日時:2019-03-22 11:01:32
ヒラタケさん、こんにちは。

レジンがはがれて、歯がしみるたびに再接着してもらうより方法はないのでしょうか?

実際に何回かはがれたことがあるのでしょうか。

虫歯の治療のために行う通常のレジン充填であれば、歯と歯茎の境目は唾液が介在しやいのでレジン充填がやりにくい場所でありますが、防湿さえしっかり行えばはがれやすいことは無いように思います。

右下7番の知覚過敏を治す目的で行うレジン充填の場合は、レジンの厚みが薄いと剥がれてしまうこともあるかもしれません。

主な目的が知覚過敏を治す目的であるのなら、再度レジンを張り付けるよりは歯茎を傷つけずきれいに歯磨きを行えるように、歯磨きの仕方、歯ブラシの当て方を変える必要があるかもしれませんね。

参考になれば幸いです。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-03-24 08:24:52
ヒラタケ さんこんにちは。
歯と歯茎の境目の虫歯治療に右下7番の歯の治療を考えているのですね。


部位的には、虫歯以外にもくさび状欠損の可能性もありますね。

「歯と歯茎の境目はレジンが接着しにくい」と歯医者さんから説明を受けようですが、個人的には「歯と歯茎の境目はレジンが剥がれやすい」が正しいと思います。
接着力は方法が同じであれば同じだからです。
結果として剥がれる、取れることが多いのだと思います。

では、なぜ剥がれることが多いのかと考えると、くさび状欠損が出来るこの場所は、持続的には歯に力が加わるからだと考えられます。

持続的に歯に力が加わる癖にはTCHがありますから、外れないようにするのであれば、まずは力のコントロール、TCHの是正指導を受けるといいと思います。

参考までに。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 歯と歯茎の境目の虫歯治療はレジンが接着しにくい?
質問者 ヒラタケさん
地域 非公開
年齢 50歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
レジン(白いプラスチック)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日