下6番、抜随治療後の自費の仮歯がすぐ取れた

相談者: はらみんさん (49歳:女性)
投稿日時:2019-05-31 23:43:36
こんにちは。

クラウンにする予定の抜髄した下6番の治療後に痛みが出たので、様子をみるために歯科技工士さんの作成したテックを装着したのですが、帰宅してすぐ取れてしまいました。

装着する直前に、咬み合わせが強いので対合歯を削るか治療中の6番を削るかどちらにしますかと聞かれたので、虫歯ではない健康な歯を削るよりはと6番の方を削りました。
削ったのは仮歯ではなく6番です。

固い物を食べたわけでもなくすぐ取れたので、6番を削ったことで上下模型まで作成した仮歯が合わなくなったためではと考えたのですが、そんなにあっさり取れるものなのでしょうか?

他の歯も治療予定なので、不安になりご相談しました。

よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-01 07:00:20
自費での作成だろうが、歯科技工士が作成したものだろうが、仮歯は外すことを前提にした仮着であることから、外れる時は直ぐに外れます。

形成した形状だったり、仮着セメントの種類、粘着性の食品の摂取、もちろん、咬合のことなど、様々な要因が関与するかと思います。

差し当たり、今朝一番にでも、お掛かりの施設に連絡をとり、指示を仰いでみてはいかがでしょう。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-06-01 07:13:51
はらみん さんこんにちは。

クラウンにする予定の抜髄した下6番の治療後に痛みが出たので、様子をみるためテックを装着したのですが、帰宅してすぐ取れてしまったのですね。

咬み合わせが強い場合は、対合歯を削るか仮歯を削ることが多いですが、削ったのは仮歯ではなく下6番なのですね。
これでは技工士さんが作成したものがそのまま合わないので、先生が内面も調整したのだと思われます。

まだかみ合わせが高いなど問題があるので脱離したと思いますので、かかりつけに問い合わせてみて下さいね。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 下6番、抜随治療後の自費の仮歯がすぐ取れた
質問者 はらみんさん
地域 非公開
年齢 49歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療に関するトラブル
根管治療中の仮歯・仮の詰め物
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日