C3の虫歯を3Mix法で治療後、歯に激痛が走っています

相談者: アヤメぼたんさん (32歳:女性)
投稿日時:2019-06-05 19:44:18
虫歯が神経に達しているc3の状態の虫歯を、神経を抜かない治療3mix法で治療してもらってから、数時間後、激痛が走っています。

治療前は、熱いもの冷たいものがしみるくらいで、普段はズキズキするような痛みは無かったのですが、薬剤を入れるために虫歯を少し削って薬を入れる隙間を作り、そこから薬剤を詰めてもらって、ドロドロの虫歯部分を掃除し綺麗にしてもらってから、1時間後くらいから、冷や汗が出るくらいにずっとズキズキと痛み出しました。

この状態は、どのようなことが考えられるでしょうか?
3mixは失敗したということでしょうか?
どうしたら良いでしょうか…。

歯髄を出来たら温存したいのですが(半分でも良いので)、何か方法はあるでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-05 21:42:51
>この状態は、どのようなことが考えられるでしょうか?

もしかすると、歯髄炎を惹起してしまったのかもしれません。


3mixは失敗したということでしょうか?

失敗というよりも、既に適応ではなかったのかと推測します。

俗な言葉に置き換えれば
「ダメ元でやってみたけれど、やっぱりダメだったね」
といった感じでしょうか。


>どうしたら良いでしょうか…。

7番の保存を鑑みると、歯髄の保存云々などよりも、速やかな抜髄が無難なように思います。

ただ私だったら、素直に7番を抜歯のうえで、矯正治療を用いて8番の整直した萌出を促す施術を試みることを検討したいと思いますが。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: アヤメぼたんさん
返信日時:2019-06-05 22:39:59
小林誠先生、ありがとうございます。
治療後、歯髄炎を惹起することがあるのですね。

今痛み止めを飲み横になり、少しだけ収まっています。
激痛が出てきたら、ドッグスベストやMTAセメントなどで歯髄温存を試みるのは、やはり不可能となってしまいますでしょうか?

ちなみに、レントゲンの歯の状態を添付します。

画像1画像1
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-06-05 22:41:10
小林先生の回答とほぼ同じです。
どのような治療でも100%はありませんので、致し方ないところかと思います。

保険診療のルール上は、今後の抜髄等も自費診療になるように思います。

私の回答の前に返信1が入りましたので、修正します。

歯髄保存どころか歯牙の保存も難しい場合もあると思います。
遠心側の骨の状態は結構厳しいと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: アヤメぼたんさん
返信日時:2019-06-05 22:57:41
柴田幸一郎先生、画像を見ての補足をしてくださったのですね、ありがたいです。

レントゲンを撮っても、c3とは聞いたがこれがどのような状態なのか、神経温存は無謀に近いことなのか?が、自分では全くわからなくて、レントゲンを見ての回答がいただけたらと思っていました。

この状態ですと、MTAセメント等で、歯髄の温存治療を試みるのは、どこの医院に行ってもおそらくNGが出ますでしょうか?

今日治療に行きいらう前までは、しみるくらいで激痛など本当になかったのですが、本日治療後、歯髄に虫歯菌感染してしまったということなのでしょうか?

抜髄をしなければ、歯自体も残せなくなるのでしょうか、わからないことだらけで不安で、沢山質問してしまいすみません…。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-06-06 06:09:14
>c3とは聞いたがこれがどのような状態なのか

私の中では、
急性の歯髄炎歯髄を取らなくては痛みを制御できない状態
虫歯が深くて、無症状でも処置としては抜髄直接覆髄が選択肢となる場合
もう歯髄を取ってある状態

などの時に、c3と言っております。

>神経温存は無謀に近いことなのか?

それは担当歯科医の経験、技量、知識等により変化するものであるので、外野の歯科医があれこれ言えるものではないと思います。

ただ上顎第二大臼歯の遠心側で、その後ろに親知らずがあるので大変難しいケースだとは思います。
削る事も観察する事も仮の蓋をする事も全て難しいと思います。

>本日治療後、歯髄に虫歯菌感染してしまったということなのでしょうか?

治療前から歯髄内に細菌は侵入していたと思います。
そういう組織切片は発表されていると思います。

細菌の侵入=細菌感染と言えるかどうかは、意見が分かれるとは思いますが。

>抜髄をしなければ、歯自体も残せなくなるのでしょうか、

回答2にあるように、抜髄しても歯の保存が難しいケースだと思います。
歯科医によってはこの歯を抜歯して、後ろの親知らずを矯正で前方に牽引してくるプランを立てる歯科医もいらっしゃるかと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: アヤメぼたんさん
返信日時:2019-06-06 22:22:15
柴田幸一朗先生、詳しくご返信をくださって、本当にありがとうございます。

治療をするまでは特に痛みが出ていなかったのだけれど、実際には、細菌が侵入していて、既に不可逆性歯髄炎になっていた。
ということでしょうか…。

抜髄をしても、第七歯を残すということは、難しそうなのですね。
3mix法で治療してもらったばかりで、経過を見て行きましょうということだったのですが、そんな悠長なことはしてはいられないのですかね…?

どう動くのがよいか、悩んでいて…。

多くの意見は、第七歯を抜歯親知らずをその位置に持ってこれるよう調整してもらえる医院を探して治療をすることでしょうか。



タイトル C3の虫歯を3Mix法で治療後、歯に激痛が走っています
質問者 アヤメぼたんさん
地域 大阪
年齢 32歳
性別 女性
職業 会社員(事務系)
カテゴリ 虫歯治療後の痛み
虫歯治療
3Mix-MP法
むし歯 治療後の痛み
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日