装着後1ヶ月経っても銀歯の冷温痛が改善されない

相談者: az9さん (35歳:女性)
投稿日時:2019-06-12 04:15:54
奥歯銀歯にしたのですが、熱いもの冷たいもの全てしみます。水道水でも低温であればしみます。

熱いものを食べたときは銀歯が高温になっており痛みを感じます。

虫歯治療で銀歯にした時に、最初はしみるがその内軽減すると言われましたが、1ヶ月以上経っても改善されません。
堅いものを食べた時も神経に当たるのかズキッと痛みます。

これは神経を抜くしかないのでしょうか?
もしくはセラミックなど別の素材に変更すれば痛みを感じなくなるのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-12 08:00:19
ご相談ありがとうございます。

いくつか考えられます。
既にあったかあるいは治療により感染している、噛み合わせ咬合)があっていない、セットが適切ではなかった、などです。


神経を抜くしかないのでしょうか?

原因を特定して取り除けば、神経を守ることができるはずです。


セラミックなど別の素材に変更すれば痛みを感じなくなるのでしょうか?

材料は二の次の問題です。
つまり本当の原因があれば、材料で結果が決まるわけではありません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: az9さん
返信日時:2019-06-16 20:22:26
ネット環境が悪く、直ぐにお礼を言えず申し訳ございませんでした。

この地域の歯医者にいくつかかかりましたが、余り良い歯医者はなく、新しいところへ行っても神経を抜くしかないのかと不安に思っていました。

原因もそうですが、良い歯医者を見つけることが先決ですね。
有り難うございました。



タイトル 装着後1ヶ月経っても銀歯の冷温痛が改善されない
質問者 az9さん
地域 非公開
年齢 35歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯の痛み その他
保険のクラウン(奥歯:銀歯)
知覚過敏
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日