歯科治療後の予防的な抗生物質投与の必要性について

相談者: tarotaro85さん (45歳:男性)
投稿日時:2019-06-25 14:00:51
抜歯歯周外科手術後の抗生物質の予防投与は必要ない場合が多いという論文が出てきましたが、実際はどうでしょうか?

今度奥歯の抜歯と、エムドゲインによる1本の歯の治療を計画しています。

http://healthcare.gr.jp/resource/journal/2004/aj6_3.pdf#search='%E6%AD%AF%E7%A7%91+%E6%8A%97%E7%94%9F%E7%89%A9%E8%B3%AA+%E4%BA%88%E9%98%B2'


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-06-26 18:36:51
tarotaro85さん、こんにちは

私の場合は、基本的に患者さんが循環器系の障害や糖尿病などの、ハイリスクでなければ抗生物質の処方はしません。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-06-26 18:52:25
tarotaro85さん、こんにちは。

私も小牧先生同様、ハイリスクの方以外は予防投与は行っていません。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: tarotaro85さん
返信日時:2019-06-27 19:56:45
ありがとうございました。


貴重な情報に感謝します。
厚生労働省の窓口に聞いたら、同じように抗生物質歯科外科において謙抑的に使うのが標準化しつつあるといっていました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2019-06-27 21:33:07
新しい抗生物質抗菌剤ではなくても充分に役に立つことの方が多いので、うちの主戦力はアモキシシリンですね。

抜歯の際にはほとんど出しておりません。
ただ一度だけ普通抜歯の後に感染を起こした患者さんは本人が強く希望されるので、その後は必ず投与しております。




タイトル 歯科治療後の予防的な抗生物質投与の必要性について
質問者 tarotaro85さん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ その他(歯科治療関連)
抗生剤(抗生物質)・化膿止め
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日