15年前に欠けて放置していた歯にクラウンを被せる治療について

相談者: すぴすぴさん (40歳:女性)
投稿日時:2019-12-04 16:43:30
いつも参考にさせていただいております。

15年以上前に欠けてしまった左上7番の歯について、やや欠けが大きくなってきてしまったため、今回ゴールドのクラウン装着をする方向で検討中です。

現在その歯は痛みやしみるなどの症状はなく大きな虫歯は無いようですが、被せ物詰め物をすることによって虫歯ができやすくなるようなことはありますか?

欠けた歯をそのままにしておくと歯が折れてしまったり歯根破折などに至ってしまう可能性は高いのでしょうか。
またそのような状態に至ってしまった場合、抜歯の可能性など治療はより大変なものになってしまうのでしょうか。

過去に一箇所だけクラウンを入れた右上6番のみ治療を繰り返しており、他の歯は虫歯にならないため、欠けのあるまま現状維持とするか、被せものをしていただくか迷っています。

お手数ですが何卒ご意見よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-12-04 17:01:56
すぴすぴさん、こんにちは。

被せ物詰め物をすることによって虫歯ができやすくなるようなことはありますか?

そうですね。
基本的に一度治療したところは遅かれ早かれ必ずまた虫歯になります。
ですので、欠け方や程度によっては治療する必要もないかもしれませんが・・・これは実際に診査した歯科医師にしか分かりませんね・・・。


>欠けた歯をそのままにしておくと歯が折れてしまったり歯根破折などに至ってしまう可能性は高いのでしょうか。またそのような状態に至ってしまった場合、抜歯の可能性など治療はより大変なものになってしまうのでしょうか。

ちょうど先日急患初診で来た方で、神経の治療も何もしていない歯が欠けていたのを放置していた結果、割れてしまって抜かざるを得ないことになってしまった方が居ます。
こういう状態は非常にレアケースではありますが、可能性の1つとして頭に入れておく必要があるかと思います。

抜歯自体は特に難しくなったりはしませんよ。


ご参考程度にしていただければと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 15年前に欠けて放置していた歯にクラウンを被せる治療について
質問者 すぴすぴさん
地域 非公開
年齢 40歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯が割れた・折れた・欠けた
クラウン(差し歯・被せ)その他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日