インプラントのメーカーの違いについて(インド)

相談者: まゆかずさん (48歳:男性)
投稿日時:2019-12-17 02:28:40
先日インプラントの件でご相談した者です。


その後、現地の(現在海外に居住しています)インプラント専門医の診察を受けました。
sinus liftだけでなく、歯槽骨の再建の症例も多く経験されている歯科医であるとの事で、現在、またimplantを前向きに検討してみようかという心境になっているところでございます。



そこで先生方に質問です。

・nobel
・strauman
・bioline
の三種類のインプラントを提示されましたが、この3社の違いはなんでしょうか。


日本の先生方のご意見を聞きたく存じます。
よろしくお願い申し上げます。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2019-12-17 13:30:10
そうですね…

nobel
strauman
bioline

ノーベルバイオケアストローマンは日本ではメジャーなインプラントメーカーです。
(勉強不足ですみません、バイオラインは…ちょっと…存じ上げません)

つまり、ノーベルとストローマンのどちらかであれば、日本に帰国されてもフォローできる歯科医は多くいると思います。


では、ノーベルとストローマンの違いについてですが…。

ひとことで言うのは難しいですね…。
例えるなら「トヨタとニッサンの違い」と言うくらいな感じでしょうか。
歯科医師個人の好み、使い慣れているかどうかの違い)


僕はストローマンユーザーなので、ストローマンを勧めますが、実際には大差ないと思います。

歴史が古いのはノーベルですが、ノーベルは会社の経営やコンセプトに紆余曲折あったりしていますが、ストローマンは30年以上コンセプトが変わらず、安心できるメーカーだと思っています。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2019-12-17 14:38:01
ノーベルの表面性情は、インプラント周囲炎が多い、と言われています。

メーカは認めませんが、使用しているDR達が世界的にもストローマンとかに乗り換えてる傾向があります。

ストローマンは、現在主流になっているSLA表面処理のパイオニアで、現在では更に良い表面性状としてSLActiveと言う表面が濡れているインプラントを出していて、骨の性状が良い場合には3〜4週間で骨とくっ付くと言われています。

これだけ早くくっ付くインプラントは他にはありません。



バイオラインと言うメーカーは、日本では取扱いのないモノで、私も存じ上げません。

ただ最近の動きとしては、ストローマンもノーベルと互換性があるシステムを販売していて、取り込もうとしているようにも思える感じです。


補綴のシステムに関してはノーベルにまだ長所があるので、その点でノーベルのインプラントを好まれる先生は多くおられますね。

今回のケースは臼歯部で、補綴での違いは出にくいと思いますので、ストローマンがお勧めです。

2人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: まゆかずさん
返信日時:2019-12-18 23:40:52
ありがとうございます。


ストローマンが良さそうですね。

余談ですが、当地(インドです)では、最初にインプラントを立てるdental surgeonとインプラントの上物を作るprosthodontistが完全分業化されており、インプラントの取り扱いをうたっているクリニックであっても、最初にconsultationするのは一般歯科医のrosthodontistでしたので、こちらが充分な情報が得られず混乱してしまいました。

当地でdental surgeonとして開業されている先生を探しましたところ、骨造成ソケットリフトの経験のある先生が見つかり、詳しくお話を聞いているところでございます。


少し方向性が見えてきました。
ありがとうございました。



タイトル インプラントのメーカーの違いについて(インド)
質問者 まゆかずさん
地域 非公開
年齢 48歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ インプラント治療法
インプラントその他
インプラント関連
インド
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total
今日 今日
昨日 昨日