前歯のコンポジットレジン治療、自由診療と保険治療での差

相談者: マエダ アキラさん (45歳:男性)
投稿日時:2020-10-22 15:03:15
お世話になります。

前歯コンポジットレジン治療について教えてください。


数年前(もっと以前かもしれません)に上の前歯(1番)に虫歯がありコンポジットレジンで治療しました。
保険での治療です。

先日、歯科検診で、この前歯のレジンで治療したところが茶色くなっていること、つなぎ目が再び虫歯になっているからやりなおし他方が良いと言われました。



そこでお聞きしたいのですが、コンポジットレジンでの治療ですが、自由診療でやり直した場合と、保険治療でやり直した場合に耐久性などに差があるのでしょうか?

自由診療のほうが長持ちするようであれば、自由診療で治療したいと思います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2020-10-22 17:08:25
審美性の違いが一番大きいと思います。

回答 回答2
  • 回答者
あすとら歯科クリニック相模原(神奈川県相模原市)の滝野です。
回答日時:2020-10-22 17:27:22
マエダ アキラさん、こんにちは。

コンポジットレジン自由診療保険治療で、耐久性の差を気にされているのですね。

自費治療では、保険治療で使えないコンポジットレジンでも使用可能ですから、レジンの性質が良く耐久性が高いような説明をよく見かけます。

ただ、実際のところ、レジンの材料自体の差はそう大きくはないと考えます。大きな違いは、かけられる時間になります。

(材料の違いは患者さんにわかりやすくアピールしやすいのでしょうが、技術や手間暇の差というのはわかりにくいですね。)



ただ、かけられる時間の差は、強度的な耐久性や歯の寿命に少なからず影響はあると思います。

マイクロスコープなどで丁寧に虫歯を除去することができれば、それだけ、ご自身の歯質を残すことにつながるでしょう。


ラバーダムを使い呼気を完全に遮断すること。
(人間の吐く息は湿度100%で湿っていますから、これが形成面やレジン表面に着いてレジンの性質を落とします)

丁寧な積層充填や重合収縮の方向を考え応力を逃しながら充填すること。
(レジンは硬化する際に体積が縮み、内部応力が残りレジンが剥がれる要因となります。
時間をかけ細かく固めていくことで内部応力を最小限にすることができます)

咬合接触や未重合層の重合、研磨に時間を確保できること。

こうしたことが、レジンの耐久性を上げることに繋がると考えます。


ですから、レジンそのものの性質には大きな差はないものの、技術や時間の差が耐久性に大きく影響してくるテクニシャンセンシティブな治療になると思います。

(時間の確保という意味で自費治療は有利でしょうが、逆にいうと、術者によっては質の悪いダイレクトボンドになり得ますし、また、保険でも技術の高い充填をする先生もいるでしょう。)

回答 回答3
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2020-10-25 13:27:12
こんにちは。

保険治療の場合、出来不出来、丁寧かそうでないかで保険点数は全く変化しません。

もしも、保険治療の出来に不満足なのであれば歯科の場合、自費治療を選択することが可能です。

自費治療の場合、同じ素材を使っても高額な支出をされた分だけ期待に応えてもらえるのではないかと想像します。


出来ればラバーダム防湿を行ってもらえ乾燥による色調不和にはその後別日に修正してもらえる歯科医院で自費治療を受けられると良いのかもしれませんね。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2020-10-26 14:55:52
こんにちは。

自由診療のほうが長持ちするようであれば、自由診療で治療したいと思います。

同じ先生が治療するのであれば、変わらないと思いますよ。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2020-10-26 16:46:53
マエダ アキラさん、こんにちは。

>そこでお聞きしたいのですが、コンポジットレジンでの治療ですが、自由診療でやり直した場合と、保険治療でやり直した場合に耐久性などに差があるのでしょうか?

強度的な差はないですが、時間を掛けられる分、細かい所を丁寧に出来ますので、結果として長持ちさせることが出来るという事はありますね。

特に保険内ではエッチング操作(最表層のエナメル質に行う処理)を省く医院が多いかと思います。
(もちろんちゃんとやってる医院もあると思いますけどね。)

このエッチング操作とどれだけ乾燥させるかの防湿操作が自費の方では頑張ってやる先生が多いと思います。


その結果、見た目の持ちは大きく変わってくるかと。

物性などは保険・自費差はありませんよ。


ご参考程度にしていただければと思います。




タイトル 前歯のコンポジットレジン治療、自由診療と保険治療での差
質問者 マエダ アキラさん
地域 非公開
年齢 45歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
その他(保険と保険外)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中