事故もあるしやめたらと家族に言われ6番のインプラントを迷う

相談者: 4430さん (47歳:女性)
投稿日時:2021-07-15 16:55:37
相談させてください。
昔、虫歯で右下奥歯7番が欠損し、親知らずを使った6.7.8でブリッジをかけていたところ、かみ合わせが悪かったために6が歯根破折を起こし抜歯になりました。
現先生と相談し、8の親知らずを7に矯正で動かして、インプラントか5.6.7でブリッジにしましょうということで7に無事親知らず動かし終わり、現在は安定してきました。

私的にはインプラントは怖いので義歯か5.6.7(元8)でブリッジかなと思っていた所、ただ、5も7(元8)も神経の治療がしている歯だし
7(元8)は安定させないといけないから義歯は無理。

ブリッジでも今はいいけど、両方とも神経がない歯だからきっと近いうちにすぐにだめになるだろうと。
しかも、上の八重歯が変な方向で、かみ合わせあまり良くないので右奥歯からだめになるだろうと。

インプラントにすれば、5も7(元8)も守れる。
将来、5.7(元8)がだめになり、義歯を選択した場合、インプラントと義歯との併用は無理だからインプラントは上部をとって埋め込んだものを残したままで義歯にもできるからと言われました。

正直、インプラントは少し怖いので迷っています。
今の先生はインプラント認定医・指導医の先生で20年位やられている先生です。

インプラントの事故もあるしやめた方がいいんじゃない?と家族言われたりして、怖くなり正直迷っています。
今の私にとってのベストな選択が分からず相談させて頂きました。
ご意見聞かせて頂ければと思います。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2021-07-16 06:52:21
トトト さんこんにちは。

虫歯で右下奥歯7番が欠損し、6.7.8でブリッジをしたが、6が歯根破折を起こし抜歯になったので、6番と7番が欠損し、先生と相談し、8の親知らずを7に矯正で動かして、7に無事親知らず動かし終わり、現在は安定してきたのですね。

インプラントは怖いので、義歯か5.6.7のブリッジを考えているのですね。
ただし、5も7も神経の治療がしている歯なので、また破折の恐れがありますね。

先生はインプラント認定医・指導医の先生で、20年位やられている先生であれば、安心できる先生なのではないかと思います。

インプラントの合併症もありますが、指導医の先生なら知識がありますので、大きな合併症(麻痺など)はまず起こりにくいと思います。

ベストな選択は、考え方やお口の状態によって変わってきますので、インプラント治療が安心して出来る指導医の先生にベストは何か聞かれると良いと思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 4430さん
返信日時:2021-07-16 12:54:02
加藤先生。
回答ありがとうございます。

やはりブリッチだと破折しますよね。
今の先生はインプラントがベストだとおっしゃってたのですが、いざ手術と聞くと躊躇してしまって。。

素人からすると認定医や指導医の違いなどが分からなくて結構年配の方もやられていて知識がある先生とは思うのですがまわりから大丈夫なのか?とか絶対やらない方がいいとか裁判とかになってるんだよ!とか言われると不安になって相談させて頂きました。

もちろんメンテナンスが大事なのは分かっていますが他の先生の意見も聞きたくて相談させて頂きました。
大きな合併症などは起こりにくいとのことで少し安心いたしました。

ありがとうございました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2021-07-16 15:47:56
咬み合せの右上奥歯の配置状態は大きく影響を与えそうですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: 4430さん
返信日時:2021-07-16 17:39:05
藤森先生
回答ありがとうございます。

右上奥歯の配置状態というのは、右下7(元親知らず)とかみ合わせがきちんと合っているかが問題ということでしょうか。。

それともインプラントにするとかみ合わせがよくないということでしょうか。。



タイトル 事故もあるしやめたらと家族に言われ6番のインプラントを迷う
質問者 4430さん
地域 非公開
年齢 47歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 抜歯:6番(第一大臼歯)
歯が抜けた・抜く予定 その他
インプラントその他
ブリッジその他
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

歯磨きをしても虫歯になる原因 デンタルフロスは効果無し? 歯ブラシとデンタルフロスどっちが先? 歯科衛生士が就職前に絶対に知っておきたい

Total total   今日 今日   昨日 昨日  
現在 人が閲覧中