左右1番を抜歯してブリッジの予定、他に治療方法はないですか?

相談者: サルスベリさん (38歳:女性)
投稿日時:2009-03-15 23:09:08
いつも勉強させて頂いております。
ご意見が伺えたらと思います。
宜しくお願い致します。

【他のご相談】
顎関節症治療中ですが、右下5・6番が欠損した場合の治療方法は?
下顎奥歯のブリッジのクラウン、素材は何がよいでしょうか

総合的な治療して頂いております。
(悪い所は、治せる範囲で治療)

前歯差し歯4本(左右1、2)、別々に土台入りで4本被せてあります。


●右1番
差し歯にする前、虫歯だったこともあり根管治療が上手くいかず(差し歯は10年前からです)、2回やり直しており、今回3度目の土台の除去をしました。

はほとんど削らず取れたのですが、歯根が薄くなってしまっており、立ててもすぐ割れてしまうなどトラブルも考えられ、もう土台を立てるのに無理がある状態。
保険外で治療予定なので、無理な治療はしたく無いとの事で抜歯と言われました。

素人がレントゲンを見ても説明の通りでした。


●左1番
中学の時に歯が欠けてしまい、当時保険の差し歯で、25年位の間に
1度クラウンだけ作り変えております。
根管治療などのトラブルは1度もありませんでした。

根管治療の延長上に土台が立って無く、太目のねじのような土台が少し曲がって入っており、骨もレントゲンで影が少し薄くなってきている。
今回やり直しとなる土台には(保険外の差し歯だし10年先のことも考え)使いたくないので、抜く方法が一番良いのではないかと言われました。


問題がなさそうな左右2番を再度根も治療しブリッジにする予定のようです。
インプラントは勧められませんでした。


○先生によって治療方法は、様々だと思いますが、今の先生が伝えて下さった事も理解が出来ます。


こういったケースですと、どのような治療の選択があるのか、前歯の抜歯なので鼻の下のへこみ等がひどくなるのかなど不安もあるので、参考にさせて頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 01:31:50
こんにちは。

なかなか難しい決断を迫られていますね。。



こういった、実際の個別の資料が分からない中での相談にはそぐわない内容なのですが、あくまで一般論として、ご参考までに。



例えばインプラントを選択しようとする場合、どちらかと言えば奇数の本数の方が、比較的綺麗にいきやすいです。

今回の様な11欠損を想定したケースだと、確かに難しいのかも・・と言う印象は受けますね。



ですがブリッジを選択するとしたなら、?11?のブリッジでは通常強度不足です。

自分ならたぶん??11??と言う設計にすると思いますので、あまり気分の良いものではないと言うのも事実だと思います。

精度が非常に高いものであるなら、個人的にはインプラントよりもブリッジの方が長期的に安心出来る気はしますが・・得意分野の問題かも知れません。

ただサルスベリさんは年齢もお若いので、インプラントについては極めて慎重にならざるを得ないのも事実かと思います。



となると、どちらを選ぶのも辛いので・・・現在ある11を、やっぱりなんとか使えないかなー・・・ともう一度悩む様な気がしますね。

って、なんだか身も蓋もない回答ですが・・^^;
これだけの情報だと、抜歯の必要性もイマイチ納得出来ないということもあるので。。



もしもインプラントにする場合でもブリッジにする場合でも、歯肉の厚みを作る様な手術自体は、細かいところまで気にしなければ、そこまで難しくもありません。
される先生は非常に限られますけど。

ですので担当の先生に、インプラントや肉を厚くするという技術的なオプションがあるのかどうかは、まず確認された方がいいかも知れませんね。

「出来るけど勧めない」のなら、分かる気がします。

それと抜歯はいつでも出来ますし、歯肉の厚みを作ることも"一応"出来ますので、可能性がもしも少しでもあるなら11の保存から順番に、再度確認したいところですね。



と言うか実際に拝見して診察してみないことには何ともコメントしづらい内容ですので、ご参考までに。

担当の先生とよく相談して決めて下さいね。

内容がよく伝わっており、良さそうな先生だと思いますよ^^

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 04:02:47
こんばんは。

私も渡辺先生と似た感想です。

>現在ある11を、やっぱりなんとか....

歯質の薄くなった右上1番の抜歯はいたしかたないのかなとも思いますが、左上1番のネジ様のコアは除去可能であると思うのです。
ただすでに歯質がやはり薄いようであれば別ですが。


渡辺先生も書いておられますが、?11?のブリッジは支える2本のが受ける力を考えた場合、避けたいところです。

インプラントは、私的には1・1両方でも、歯肉のコントロールをよく解っている先生であれば、審美的に上手くゆくと思っています。

が、それこそそういう先生を探さねばならないと思います。

そうでないと1番と1番の間の歯肉に隙間が出来てしまったり、それこそ表側の歯肉の厚みが均一にならなかったり、という出来栄えになってしまうかも知れません。

そう考えると、左上1番の状態如何によってという事になるのでしょうね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 06:54:19
サルスベリさまおはようございます。

文面から伺う限り、かなり難しい状態のような感じがします。


診察していないのでサルスベリさまの状況の正確な評価が出来ないので、このような困難な状況の場合の私の考え方をお話いたします。

先ずを保存できないかどうか考えます。

根管治療が可能かどうか、有効な根長はどれ位あるか、歯周組織は安定しているのか、エクストルージョンは可能かどうか。

可能性があればそれぞれリスクと可能性とおよその治療期間、費用について説明した上で、納得していただければ保存治療をすすめていきます。

全てクリアできれば補綴をして終了です。

抜歯となった場合は前歯ではブリッジを考えます、支台が健全歯ならば違ってきますが、治療済みのは歯であれば第一選択はブリッジです。

その際の支台歯は原則2本です、?11?もありです、?2112?も作ります、ただロングスパンの場合はダミー部分のたわみによるセラミックのチッピングがあるので、硬い金属を選ぶ必要があります。

以上のような方法がとれない場合は、インプラントも候補に入ってきます。



補綴の設計は数限りなくあります、結局安くて安定して長持ちする方法が一番いいと思います、一つ一つ慎重に色々な面から検討して設計することが大切だと考えています。

参考になさってください。

回答 回答4
  • 回答者
自然歯科診療所の松村です。

【ご退会頂きました】
当コメントは医学的に問題がある可能性があるため、参考にしないようお願いいたします。
回答日時:2009-03-16 09:11:09
の噛む力は50キロ近くあり左右前後に色々な動きをしますので、噛み合わせの不調和があると神様が造った完璧な歯でさえ駄目に成ります。

歯の堅さ、形、全てに意味があります。

車に純正部品が良いように歯も自然が一番です。

なぜ1番が駄目に成ったかその原因を突き止めなければ、保険外でやっても同じ事の繰り返しに成ると思います。

また私達の歯は時間を掛け顎全体、体全体でバランスを取りながら生えてきます。

安易に抜いただけでブリッジにする為に、歯を削っただけで体が長年掛かって築き上げたバランスが崩れ歯や体、その他、心まで色々な問題を起こす事があります。

慎重に最小限にを心がけた方が良いと思います。

噛み合わせに対する考え方は先生により色々です。

掛け替えのない歯と体です、安易に抜いたり削ったりせず他の先生にセカンドオピニオンで一度診て頂くと良いと思います。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 12:01:59
絶対にとは申しませんが、できればCTを撮影していただき、別の専門医の先生のご意見も意味があると思いますので、高額にはなりますが、インプラント専門医の先生のセカンドオピニオンを求められてはいかがでしょうか?

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 16:47:33
佐藤先生の意見に同意です。

もし、インプラントの可能性があるのであれば、さまざまなリスクを考える上でもCT撮影を行い、その診断結果をもとに、どのような方法がベストなのかを考える必要があると思います。


ただし、僕の治療方針としては諸先生方と同じで

 1 できるだけ現在のが使えないかどうかを検討する
 2 リスクが少ないのであればインプラント
 3 インプラントが不適な時は??11??ブリッジも考える

と言う感じでしょうか。

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2009-03-16 16:55:43
タイヨウ先生のご意見に同意です。

左の一番はトライしてみて、再度根管治療してもいいかもしれないような印象です。

もちろん診察していないので、現実違うかも知れません、抜いてからでは遅いので、根管治療の専門家や歯周病の専門家のセカンドオピニオンもよろしいと存じます。

ちょっとお金はかかりますが、抜いてから悔やむよりはスッキリすると思いますよ。


歯周病学会の専門医URL
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsp2/special/index.htm

歯内療法学会の専門医URL
http://www.jea.gr.jp/index2.html

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: サルスベリさん
返信日時:2009-03-17 01:11:49
諸先生方、色々なご意見を有難うございました。

先生方のご意見が沢山伺えるのにレントゲン資料など取り寄せる方法も分からず、自分には力不足で用意できず済みません。

レントゲン写真などが自分の手元にあり、ご意見が伺えたら今の不安も問題も解決出来る様に思うのですが。

色々担当の先生に伺うつもりでいても、

〜〜〜です。
〜どうですか。

と言い切られますと(悪い意味ではございません)、整理がその場でつかないこともあって、はい、と1/10程しか言葉が出てきません・・。

先生によって方針、治療方法は様々のようですので、前歯に関しては、抜く前にまず残したい気持ちですので、先生に見て頂くにせよセカンドオピニオン等受けて見ようと思います。

本当に色々有難うございます。



タイトル 左右1番を抜歯してブリッジの予定、他に治療方法はないですか?
質問者 サルスベリさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯、根の病気で抜けた・抜く予定
抜歯:1番(中切歯)
根管治療の治療法
インプラント治療法
ブリッジ治療法
土台(コア)の除去・交換
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日