[写真あり] 3回再治療している歯がオーバー根充になり、不安で眠れない

相談者: シロシロさん (22歳:男性)
投稿日時:2009-06-25 00:28:31
参考:過去のご相談
茶色の着色は虫歯でしょうか?審美歯科の先生はすぐに削りますか?
外科手術すべき?


今回3回目の根管治療でオーバー根充になりました。

今少し痛いです。

神経の3回目の治療ということもあり、将来このは大丈夫なのかとても不安で夜も眠れないです。

大丈夫でしょうか?
前の回答とかを見てオバーインスツルーメントという言葉がありました。
根管治療のやりすぎは抜歯になる。
とも書かれてあり、心配です。

今回3回目となったのは、前ドンピシャに根管治療されてないから、やり直した方がいいといわれたからです。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 00:48:46
シロシロさん、こんばんは。

>今少し痛いです。

ここ数日以内の治療でしたら、術後の痛みは出ることがあります。
徐々に落ち着いてくると思います。


>不安で夜も眠れないです。

寝たほうが良いですよ。
感染源が取り除けていたら、あとは身体の自然治癒力=免疫力勝負になりますから。


>大丈夫でしょうか?

無傷なと比較すれば、大丈夫とは言い切れません。
なので「予防が大事」なんですよね。


根管治療のやりすぎは抜歯になる。

土台(コア)を外すのは実はリスクの高い処置です。
何度もやり直す羽目になると、何度もリスクを冒すことになります。


・・・って書くと不安でまた眠れなくなるかも知れませんが、寝て下さい。
では、おやすみなさい(-.-)ZZzzz...

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 02:12:03
シロシロさまこんばんわ。

オーバー根充になって少し痛みがでていて心配なさっているのですね。

自分でやった治療ではないので断定は出来ませんが、きっちり根管充填ができていて少しオーバーしている位なら、おそらく問題はないでしょう。
痛みも1週間位で収まって来ると思います。

もしそれ以上続くようであればそのとき原因を考えることになります。


>神経の3回目の治療ということもあり、将来このは大丈夫なのかとても不安で夜も眠れないです。

心配なさるお気持ちはよくわかりますが、きっちりとした治療がなされているならば、あとは歯磨きがきれいに出来ていて間食のしすぎさえしなければ、心配なさらなくてもいいと思います。


根管治療のやりすぎは抜歯になる。とも書かれてあり、心配です。

根管治療のやりすぎが直ちに抜歯になるようなことはありません、要は治療技術の問題でしょう。

>前ドンピシャに根管治療されてないから、やり直した方がいいといわれたからです。

個人的にはアンダーよりオーバーのほうがいいと考えています。

参考になさってください。

毛先磨き http://yamadashika.jp/prevent08.html#kesaki
むし歯の出来ない砂糖の量 http://yamadashika.jp/prevent05.html
感染根管治療 http://yamadashika.jp/infection.html

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: シロシロさん
返信日時:2009-06-25 07:19:59
吉岡先生ありがとうございます。

感染源が取り除けていたら、あとは身体の自然治癒力>自然治癒力では治るのでしょうか?
頑張って寝ましたが3時間しか・・。

怖くて寝れない・・。


山田先生ありがとうございます。

根管治療のやりすぎが直ちに抜歯になるようなことはありません、要は治療技術の問題でしょう

技術があったら土台(コア)をはずすときも、歯は削られないんでしょうか?

>個人的にはアンダーよりオーバーのほうがいいと考えています

過去の回答を見るとアンダーの方がいいとほとんど書かれていたのですが・・
ジャストにする事はできないのですか・・


あと先生方にオバーインスツルーメントについて詳しく聞きたいです。
調べてもでてきませんでした・・
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 08:18:10
は削られないんでしょうか?

多少は削ってしまうでしょうが慎重に行えばリカバーは出来ると思います。


>オバーインスツルーメントについて詳しく聞きたいです。

これが直ちに予後不良につながることはないと思います。
根管充填の出来で決まると考えています。

根管充填の出来が悪ければ何をやっても予後には不安があります。

私の根管充填はおそらく全てといっていいほどミクロでみればオーバーだと思います。

一度これが気になって、根充後、他の原因で抜歯になった歯を仔細に検討した事がありましたがほとんどオーバー根充でした。

しかしレントゲン的にも、抜歯窩の状態も、抜歯した歯の根尖の状態も、肉眼的には問題はありませんでした。

したがって個人的にはオーバー根充はそれ自体問題ではないと考えています。


>ジャストにする事はできないのですか・・

たまたまジャストには出来ることはありますがキャナルスは出てしまうと思います。

でたほうがデッドスペースがないことの証明になるので安心です。

でもここまで心配なさるとそれこそ夜も眠られなくなるでしょう。

お気持ちお察しいたします。
親切で腕のいいDrに出会うのが一番いいように思います。
そうすれば安心して治療を任せることが出来るように思います。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 10:47:40
根管充填の術後経過時間が不明ですので、返答に窮します。

しかし、経過時間が1週間以内であれば、あと7日間程度の経過観察が適当かも知れません。

経過時間が1カ月であれば、再度診察をして頂くように主治医の予約を取るほうがいいように思います。

歯科医師の中にはアンダーであるよりは、オーバーに根管充填をすることが大事と考えるグループの先生方もおられますので、オーバーはダメだとは思えません。


『頑張って寝ましたが3時間しか・・。怖くて寝れない・・。』


こっちの精神的な非タフネスさの方が気になります。

歯科の病態ではなく、実は精神性の問題だと思います。

敏感も繊細も、人として非常にいい性質ですが、上記の様だと人生のマイナスにしかならないような気がします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: シロシロさん
返信日時:2009-06-25 19:37:23
山田先生ありがとうございます。

>多少は削ってしまうでしょうが慎重に行えばリカバーは出来ると思います。

慎重に削れば健康なを削ることはないのでしょうか?
僕の行っている歯科が慎重にしてくれるといいのですが、拡大鏡マイクロスコープがない歯科です。

>オーバーについて

しかしオーバーだと歯根吸収、また、再治療は難しいのも難点じゃないでしょうか。
怖いです。

後、タカタ先生の記事に、
>昔は根の外に充填材が出ることがあまり問題視されていませんでしたが、近年、根の外に出た充填材が問題視されるようになりましたので私はサーマフィルというものを使っております。

ともありました・・。問題が怖いです。


>肉眼的

とのことですが、拡大鏡を見たらまた別だった・・ということもありえるのでしょうか?




佐藤先生ありがとうございます。

>歯科の病態ではなく、実は精神性の問題だと思います。

そうかもしれません。
精神を明るくさせる方法がわかりません。


>敏感も繊細も、人として非常にいい性質ですが、上記の様だと人生のマイナスにしかならないような気がします。

そうですね。
先生の言うとおりです。
正しいです。
でも歯は一生ものだと考えてしまって・・

というか、一度歯科にめちゃくちゃされて歯科不信なのです。
信頼できる歯科に出会えません・・僕が信頼出来ないだけかもしれませんが・・

まだ痛みはひかないです。
怖いですが、しばらく様子見てみようと思います。

親に励まされてます。
こういう時、家族がいるととても有り難いです。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 20:34:22
>精神を明るくさせる方法がわかりません。

これ以上、次の進展がみられるまで「歯チャンネルを見ない事」です。


>>オーバーについて
>しかしオーバーだと歯根吸収、また、再治療は難しいのも難点じゃないでしょうか。怖いです。

>後、タカタ先生の記事に、
>>昔は根の外に充填材が出ることがあまり問題視されていませんでしたが、近年、根の外に出た充填材が問題視されるようになりましたので私はサーマフィルというものを使っております。

>ともありました・・。問題が怖いです。


闇雲に自分で恐怖を増やしているだけですよね。


このサイトに書かれている事は「一般論」か「その相談者の質問に特化した事」でしかありません。

ヒトの体は全て違います。

シロシロ さんのの状態は担当の先生にしかわからないのですよ。


我々が(シロシロ さん以外の)他人に向けて発した言葉で勝手に怯えている‥滑稽だとは思いませんか?


担当の先生の処置を信じましょう。
もし、解らない事があれば担当の先生に直接聞きましょう。


もう、しばらくこのサイトは見ない事です。

いいですね!(-_-メ)

回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2009-06-25 20:53:21
>もう、しばらくこのサイトは見ない事です。
>いいですね!(-_-メ)

激しく同意!!


>神経の3回目の治療ということもあり、将来このは大丈夫なのかとても不安で夜も眠れないです。

寝てください^^
人間の体は寝ている間に免疫能力が活発になるのですよ。


>技術があったら土台(コア)をはずすときも、歯は削られないんでしょうか?

マイクロ見ながらチマチマ削ったところで、120%歯は削ってます!!
全く削らないなどありえません!!

紙と紙をのりでくっ付けて、綺麗にはがしてくださいと言われて元のような2枚の紙に戻ると思いますか!?


>過去の回答を見るとアンダーの方がいいとほとんど書かれていたのですが・・
>ジャストにする事はできないのですか・・

理想はジャスト(フラッシュ)です。
ですがこのフラッシュとはどこに基準を置くのかにもよります。

生理学的根尖孔!?
解剖学的根尖孔!?
はたまたレントゲン的な根尖!?

因みにレントゲンの先端ギリギリで止まっている根管充填はオーバー根充です。
また今のところフラッシュかどうかは歯を抜いて削ってみないと分かりません。

根管充填がフラッシュでも、それは何本かあるうちの1本が埋まっただけであり、他の孔は全く埋まっていません。

逆に軟化ガッタパチャーであれば、複数の根管孔に一度に根充材を入れられるというメリットはあります。

フラッシュで根管充填が出来ても根尖孔は楕円です。
そこに既製の真円のガッタパチャーを持ってきたところで隙間は存在してしまいます。

また、詰めたガッタパチャーは経時的に細く痩せていきます。
クロロパチャーなどを用いた根管充填はあっという間にガッタパチャーが痩せて無くなるそうです。



また、私見ですが、根充材が綺麗に入っているかで根の治療の良し悪しを判断するのは私的には危険かと思います。
きちんと治療ができているか判断するいくつかある基準の1つです。

要は病変が作られない環境作りが治療の主であり、根充材をいかに上手く入れるかが治療のゴールにはなっているとは考えていません。

私は昔、殆ど軟化ガッタパチャーで根管充填をしていましたが、特に結果が悪いとは感じませんでしたよ。
むしろ根管充填の前までで勝負は決まると感じていました。


⇒参考:http://eedental.jp/contents/medicalcase/usa_case1.html

CASE1は側枝に2本入っています。
感染根管ではオーバーになりやすいと言うデメリットもあれば、逆に側枝に入ると言うメリットもあります。


現在は根管の形態、根尖の大きさなど複合的に考えて4パターンぐらいの中から一番ベターな方法で根充していますが、未だにオーバーがダメだとは思いません。


一昔前は根管充填は議論の的になっていた所ですが、今はきちんとした根管治療が行えていればどの根充方法を用いてもさほど差はないという考え方になっています。


根充に悩んだところで時間の無駄ですよ^^


きちんと通院して先生と話をする!!
これだけでいいと思いますよ。

歯がもうどうにも残せないとなった時に考えればいいことです。
将来のことなど誰にも分かりませんし、不安要素を列挙した所で精神的に悪いだけです。

お大事に
 


画像添付しておきます。
奥歯などはここまで複雑なのですからいくらレントゲンで綺麗に入ったと思っても所詮自己満足なのです。。。

 



と言いつつメチャ綺麗な根管充填は毎日目指してますけど^^;
 

画像1画像1

回答 回答7
  • 回答者
回答日時:2009-06-26 00:44:36
もう寝てられると良いんですけどね。

>寝てください^^
>人間の体は寝ている間に免疫能力が活発になるのですよ。

という井野先生の回答を頂いて、安心しています。(^-^)


>自然治癒力では治るのでしょうか?

十把一絡げで「歯は治る」と言われると困りますが、シロシロさんの今回の問題に関しては、自然治癒力で治す面も大きいと思っています。


心配になるとか、不安になるのは個性なので違って良いと思います。
ただ、不安に思ってもどうしようもないこともあると思います。

担当医に不信感があるなら、転院も必要かも知れません。
歯科治療全般に不信感があるなら、治療は難しいでしょう。

今の担当医に精一杯やってもらうしかないと思うんです。
そこでシロシロさんが不安に思っていても、何も変わらない・・・。

だったら、治りを悪くしないように「体力の低下」なり「免疫力の低下」なりを避けるようにしてもらいたいと思います。


『病は気から』という言葉もありますから、気にしすぎるとなかなか治せないかも知れません。

今夜は3時間以上眠れると良いですね。

回答 回答8
  • 回答者
回答日時:2009-06-26 00:47:48
明るい気分に成れるには、お笑い番組を見る。
そして、心から笑う。

本気でのアドバイスですよ。

笑う事で、免疫力が活性すると分かっています。

どんなに求めても100%は存在しないのですから、心配のし過ぎはしないで、馬鹿笑いをしましょう。

本当に悪ければ、何かしら症状が出ます。
出るんじゃないか、もっと悪く成るんじゃないか、抜歯になるんじゃないか、考えない方が良いかもしれないですよ。

だったら笑える番組見て笑いましょう。

お大事に。

回答 回答9
  • 回答者
回答日時:2009-06-26 03:50:59
拡大鏡マイクロスコープがない歯科です。

私は拡大鏡は持っていますが、安ものなので最近はほとんど使っていません。
マイクロは欲しいとは思っていますが買う余裕がありません。
ラバーも持っていますが、使うのは月に一度か二度くらいです。

しかし、根管充填でそれがために予後不良になったことはありません。
結局腕の問題だと思いますよ。


>再治療は難しいのも難点じゃないでしょうか

予後不良でなければ再治療の必要はありません、そこまで心配していたらそれこそ夜も眠れなくなってしまうように思います。


>近年、根の外に出た充填材が問題視されるようになりましたので私はサーマフィルというものを使っております。

私は基本的にオーバー根充ですが、問題になるような症例は30年以上この家業をやっていますが今のところありません。
心配しすぎなように思いますよ。


>とのことですが、拡大鏡を見たらまた別だった・・ということもありえるのでしょうか?

おそらくありえないでしょう、一応そのように記載しただけです。

シロシロさまの不安な気持ちに向き合っていただけるDrが見つかるといいように思います。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: シロシロさん
返信日時:2009-06-26 19:33:49
タイヨウ先生、吉岡先生、井野先生、吉岡先生、松元先生、山田先生ありがとうございます。

厳しいご意見からお優しいご意見まで、先生のコメントを見てたらパソコンの前で涙を流してしまいました。
とてもありがたいです。
なんといったらいいのかわかりません。


>もう、しばらくこのサイトは見ない事です。
>いいですね!(-_-メ)

はい、そうします。
このサイトをたくさん調べて少し不安になってました。
先生の言う通りにします。


>寝てください^^
>人間の体は寝ている間に免疫能力が活発になるのですよ。

そうなんですね。
寝ます。
絶対寝ます。

治ってもらわないとこまりますから。
寝ます。
がんばります。

詳しい説明と写真もありがとうございます。
井野先生の技術は本当にすごいなと思いました。
(近くに医院があったらいいのに・・)

今度再治療になったときは井野先生にみてもらいたいです。


>担当医に不信感があるなら、転院も必要かも知れません。
歯科治療全般に不信感があるなら、治療は難しいでしょう。

僕は昔のトラウマから歯科医療全般に不信感があります。
信頼できない。
という自分の性格が嫌いです。

そして歯科医を転々として余計悪くなる、ということもありました。
完全にバカですよね。
歯科にも迷惑かけて・・こんな自分が大っきらいです。


>本気でのアドバイスですよ。
>笑う事で、免疫力が活性すると分かっています。

本気のアドバイスありがとうございます。
笑いたいです。

昨日笑おうと思って大好きなお笑い番組を見ました。
でも笑えませんでした。
完全に精神的な問題だなと自分でも思いました。
考えすぎる自分が嫌いです。
馬鹿笑いをして、笑う努力をしようと思います。


>シロシロさまの不安な気持ちに向き合っていただけるDrが見つかるといいように思います。

はい、そうです。
そういうDrに出会えるといいのですが。

コンビニよりある歯科は難しいです。
僕が信頼できないのもいけないのですが・・。

先生方ほんとうにありがとうございました。
とてもとても温かいお言葉の数々嬉しかったです。
こんなネガティブな僕にたくさんたくさんお声をかけて頂き、感謝のしようがありません。

コメントを読んで、少し泣いて、寝ると、昨日は6時間眠ることができました。
先生方のおかげだと思います。

自分の性格が嫌で仕方ないのですが、先生を信じること。
がまず大事ですよね。

しばらく治療がすべて終わるまでちゃんのサイトはアクセスしないようにしようと思います。

先生方ありがとうございました。
次に投稿するときは、治って、お礼を言う時に。
本当にありがとうございました。



タイトル [写真あり] 3回再治療している歯がオーバー根充になり、不安で眠れない
質問者 シロシロさん
地域 非公開
年齢 22歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療の治療法
根管治療その他
歯科恐怖症
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日