6番の根分岐部病変を2分割するか、インプラントにするか悩んでいます

相談者: ユミさん (36歳:女性)
投稿日時:2010-01-13 09:26:27
初めまして。
いつも拝見させて頂いています。
今回は自分の事について相談させて下さい。

若い頃、歯科に行く事が怖く虫歯が痛くなっても放置しておりました。
結果、20代前半で欠損3本(下左右7番、左7番)になってしまいました。

結婚を期に全部治療をしましたが、神経を取った歯もたくさんあります。

今は定期健診に通いますが、その度、小さいながらも虫歯が出来ていたりします。
自分でも情けなく恥ずかしいく思っています。

今後、頑張ってこれ以上悪くしたくない。
なるべく歯を失いたくないと思っております。


今回、ご相談させて頂きたいのは、右下6番の根分岐部病変についてです。
10年以上前より分かっていたものです。

治療前より膿みや痛みがありましたが、根の治療して頂き今はクラウンがかぶっています。
その後痛みはありませんが、レントゲンを撮ると根のまたの所が黒くうつります。

転勤で色々な歯科医に見て頂きましが、痛みがないのなら触らない方が良いという意見です。

また、色々な転勤先で見て頂いているので、過去のレントゲンがなく経過も分かりません。
ただ、病巣は広がっているようで、5番よりの根の下にまで広がってきています。

今回の転勤先での歯科医で相談したところ、歯を2分割して治療できますと提案されました。
また前の5番にも根尖病巣があり、状態がよくないと言われました。

上に残っている7番も放置していたため、かなり下がっていて良くないとのこと。

その歯科医では

?6番2分割。
5番と連結クラウン。
あくまで延命処置だが、7番にインプラントをすると割と長くもつかも。
上7番は削って高さを低くする。
その際神経を取るかも。
こちらではインプラントはやっていないので、紹介していただける。


その他、歯科医でも相談しましたが

?10年も痛みがないならそのまま放置。
痛くなったら2分割。
それでもダメなら抜歯してインプラント。
5番についても、痛くなければ放置。
こちらでもインプラントしている…というが、診察台が破れていたりシミがあったり…。
少し不安を感じる。


?5番、6番、抜歯後にインプラント。
7番は6番とひっかけて(?)落ちてこない処理?
詳しい事はもっと詳しく検査してから。

こちらは3人の医師で、院長はかみ合わせの指導医。
インプラントは、インプラント学会会員の専門の医師がするようです。
歯周病にも力を入れているようです。(学会の会員ですがインプラントは承認医ではないよう)


?6番、7番にインプラント。
5番は抜歯なし。
上7番は、神経を残したまま削るが一番望ましい。
かみ合わせに問題があるので、犬歯(左右健全)を少しいじるかも。
インプラントするなら、他も調節する必要がある。
今、痛みがないのなら、治療したくない気持ちは分かる。
2分割する治療も出来るが、何年もつか分からない。

こちらはインプラント承認医。
かみ合わせについて色々説明してくれたが、理解できないことも少々。
口全体の細かい説明をしてくれました。
マイクロスコープをもっている。
ただ5番を残すことに不安。



意見が色々で、余計に悩むようになってしまいました。

ずっと、この歯がもつとは思っておりません。
将来的にはインプラントになるかも…と最近思い始めていますが、痛みがないのでもう少しこのままでいたいとも思います。

ですがこれ以上、骨が溶けると将来インプラントも出来なくなるのかと不安にもなります。

気持ちが固まらず。毎日、歯の事ばかり考えています。
夜も眠れません。
これからの方向性。どの医師の意見がよいか。

長々とした相談になってしまい。
先生方にはご迷惑かとおもいましたが、経緯を知ってアドバイスを頂けたらと思いました。

お忙しいと思いますがよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2010-01-13 13:21:12
文面からすると複雑な事情があるようにも思えます。

まとめさせていただきますと、

右下7 欠損
右下6 分岐部病変で最低でもセパレーションが必要
     (近心根はかなりアヤシイ)
右下5 根っこに病変がある

右上7 挺出しているが神経は取っていない

と言う事ですね。

これはもう、いろんなパターンが考えられますね。
おそらく?〜?の先生方の意見はどれも間違いではないと思います(逆に、どれが正解と言う事も無いでしょう)。
「その先生の得意な方法を提示している」と言う事でしょうね。


と、言う事で、僕の個人的な意見を書かせていただきます。

まず、5番はできれば根管治療をして保存したいですね。
なので、5番の抜歯は考えない。

6番は近心根の状態にもよります。

非常に良ければ665と連結しても構わないでしょう。
近心根の保存が難しければ?6?のブリッジもアリかな?
6番そのものの状態が悪ければ6番抜歯で5番は単冠。

6番に1本だけのインプラントにするか、76で2本のインプラントにするかは、上顎7の具合や全体の噛み合わせ、ユミさんの経済状態から考えて行く事になると思いますね。


おそらく、他の回答者からもいろんな意見が出ると思いますよ。
それくらい、いろんなパターンが考えられます。


要は「どの先生になら安心して任せられるか?」だと思いますので、?〜?の先生の中で(または?の先生を探すか)、ユミさん自身がもっとも信頼できそうな先生を選ぶしか無いと思いますよ。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2010-01-13 20:02:10
はじめまして。
つい先日、母親の右下6番の分割術を行いました^^;

最終的には、

>「どの先生になら安心して任せられるか?」だと思いますので、?〜?の先生の中で(または?の先生を探すか)、ユミさん自身がもっとも信頼できそうな先生を選ぶしか無いと思いますよ。

で良いと思います。
術式よりも、術者の方がはるかに重要だと思いますね。

以下の回答はヘミセクションの予後についてですが、根分割術も似た様なものかと思います。

参考⇒ヘミセクションの予後、成功率

基本的に、よほど良さそうな先生が見つけられない限りは、予後は悪いでしょうね。



参考までに私なら、ですが、基本的なコンセプトが

・作らないで良いなら作らない
・つなげないで良いならつなげない
根管治療でなんとかなるなら根管治療

です。
これは考え方の癖みたいなもので・・



で、この考えで行くなら、まず条件として

・現在右上7番が延びていることで実感出来る弊害はない
・右下6番は噛むのにはしっかりしている

ということであれば

・右上7番はそのまま放置
・右下6番は、ルートセパレーション(根分割術)をオペと同時に行い、根間に歯間ブラシが入る形態にした上で近心根と遠心根を連結
・右下5番は最大限に丁寧な根管治療、それでダメなら歯根端切除術意図的再植術

少しだけ悩むとしたら、

・右下6番の延命のために7番にインプラントを入れるかどうか?

だけです。

ただそのために上の7番を削るとか、神経を抜くとかにまでなるなら迷いますね。
だったら、

・右下6番を使えるだけ使って、ダメになってから6番の分だけインプラント

が良いかな、と思います。



実際にはかみ合わせのことなど拝見してみないと分かりませんので、参考までにして下さい。

お大事にどうぞ。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ユミさん
返信日時:2010-01-14 11:21:15
タイヨウ先生 渡辺先生

ご回答ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ございません。

5番の抜歯はなしなんですね。
良かったです。

5番のは残しておいても良くない!!と言われた先生がいらっしゃたので、この歯もダメなんだ…と悲観していました。

何で今までの先生は治療してくれなかったのか、自分でも治療してもらおうとしなかったのかと自分を責めていました。
でも、抜いたら終わりですよね。

諦めずにこれからでも遅くないと思い直して、頑張って向き合いたいと思います。

7番に関しては神経があり、もうすぐ下の歯茎に付きそうな感じです。
咬むと6番に少し当たります。
なので下6番にかなりの負担になっていると言われれます。

下の7番抜歯後の骨は痩せて下がっていません。
なのでインプラントを提案される先生がいらっしゃるのかもしれません。

でも上の歯を削ったりはしないほうがいいんですね…。
そうなるとインプラントを入れるすき間がないです…。

難しいですね。

渡辺先生の、右下6番を使えるだけ使って、ダメになってから6番の分だけインプラント。
それなら気持ちの整理がつきそうです。

6番は痛みも無くしっかり噛めぐらついていません。
でも経過観察も大事ですよね。

私の場合、期間も10年以上と長いので骨の戻りもかかりそうだし?、戻らなかったらどうしようと心配もあります。


色々な先生に診て頂きましたが、みんな「う〜ん」と渋い顔になってしまいます。涙

始めは恥ずかしかったですが、今では食い下がって色々質問したり出来るようになりました。

若い頃は恥ずかしい…で診察台から逃げ出したい気持ちでいっぱいでしたが年をとるとかわりますね。
若い頃からこうだったら、こんな歯にはならなかったのでしょうね…。

幸い、主人も、歯は大事だからお金がかかっても構わない。
もしインプラントが怖くて入れ歯になっても、笑ったりしないと言ってくれました。
娘もそれでも大好きに決まってると言ってくれてます。

今のところですが…笑

最近、歯のことばかり考えて家事がおろそかだったり、家族との時間も楽しく過ごせていませんでした。
イライラして小さな事で怒ったり…。
歯も大事ですが家族も大事ですよね。



渡辺先生。

お母様に分割術されたのですね。
先生に診ていただけるお母様がうらやましいです。

6番は痛くなくまた猶予がありそうなので、私もどの先生にお任せするか、もう少し悩もうと思います。

出来るだけやって結果が抜歯になっても後悔ないように。
その後、インプラントにしても入れ歯になろうと明るく頑張ろうと思います。

前向きになれたのも、相談にのって頂ける先生方や家族のおかげです。
自分のせいでひどい状態になったのに、皆さん真剣に相談にのっていただけて…それだけでも幸せなことです。
頑張ります。

お礼も長々と申し訳ございませんでした。
ありがとうございました。



タイトル 6番の根分岐部病変を2分割するか、インプラントにするか悩んでいます
質問者 ユミさん
地域 福岡
年齢 36歳
性別 女性
職業 主婦
カテゴリ 抜歯:7番(第二大臼歯)
根分岐部病変
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
歯根分割(ルートセパレーション)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日