ピンク色の膿は感染根管か?レジン充填でも歯の寿命は問題ないか?

相談者: コモンテルさん (30歳:女性)
投稿日時:2012-08-14 14:58:19
こんにちは。
初めての投稿で不手際がありましたらすみません。

さっそく相談ですが、先週上の右側あたりの歯ぐきがズキズキするようになり、だんだん下の右側の歯ぐきも痛いような気になりました。

のたうちまわるほどの痛みではなかったのですが、常に気になる痛みのため、市販の鎮痛剤を飲み3時間後、その日の夕方から診察できるという歯医者に行きました。

ズキズキする場所が特定できず、だいたいこの辺というようなところを先生に伝え、歯が2〜3本映るような小さなレントゲン写真を3枚とり、右下臼歯の間に虫歯があったので、とりあえずその虫歯を削って、2日後に新しく型をとって詰めるという流れになりました。


ところがその日帰宅後、夜になるにつれて右上1番の歯ぐきが明らかに痛み出しました。

処方されたロキソニンもあまり効かず、その日はあまり眠れませんでした。

そして翌朝起きてみると、かみ合わせたときに上前歯の付け根あたりに少し下の歯が当たるのですが、当たると痛くなっていました。

急いで昨日行った歯医者にかかり、そのことを伝えると、右上1番のレントゲンを撮り、

「右上1番は合成樹脂が詰めてあって、それが合わなくて神経が腐ってきてる。
根幹治療する。
麻酔。」

と言われました。

突然のことに驚き、

神経を抜くんですか?!」

と聞くと


「そうだよ。
なーに、歯の裏に穴をあけて神経を取って、そこをまた白いので詰めるだけだよ。
ちゃんと元通りになるよ。」

と言われました。

「そうするか、歯を抜くしかない」

ともいわれました。


しょうがないので、承諾すると、穴を空けた歯に入れた細い棒?にピンク色っぽい汁?がついているを見せて、

「少し赤くなっているでしょう、これは感染している」

と言いました。



質問1

根幹治療の動画など見ると、膿というのはもっと明らかに膿でいるという感じですが、少しピンクがかっているくらいでも、歯髄炎歯根膜炎に感染していて、神経をとらないといけないものなのでしょうか?

質問2

歯の裏側にぽっかりと穴があいていて、また右上1番は10年くらい前にもレジンで治療したことがあり、そこをまたレジン充填で大丈夫なのか。

歯根破折の恐れはないのか。

さし歯にした方が良いのではないか?
(したくは無いが、抜歯になるのは少しでも遅くしたい)

質問3

この神経を抜いてしまった右上1番はもう長くは持たないでしょうか…
そして、物を食べる時はどれくらいのものまで噛んでも大丈夫でしょうか…

神経を抜いてから悲しくて、毎日子供の世話もできないし死にたいとすら思ってしまいます。

次の治療はお盆休み明けで、それまで担当歯科医に聞けないので(そして担当医は説明足らずな感じです)こちらで相談させていただきました。

以上です。
よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-08-14 15:59:11
>質問1

言葉での「ピンク」ではどの程度の物なのか解りません。

ただ「膿(黄色)」に「血液(赤)」が混じるとピンク色に見えますよね。
多少なりとも膿(細菌感染)があったのではないでしょうか。


>質問2

歯は出来るだけ削らない方が良いです。
レジンで行ける所まで行って(10年後?)、そこでダメなら差し歯にされても遅くは無いと思います。
むしろ、差し歯にした方が抜歯へのカウントダウンは早まる可能性が高いと思いますよ。


>質問3

そんな事はありません。
抜髄された歯でも10年、20年(いや、それ以上)、長く持たせる事は可能です。

ただし「歯科医が適切な治療を行ったうえでしっかりメインテナンスを受ける事」と言う条件が付きます。


>担当医は説明足らずな感じです

しっかり説明してくれるようにコミュニケーションを撮るようにされてください。

回答 回答2
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-08-14 16:00:02
質問1

どうでしょうか、実際に診ていないので一般論になりますが。

麻酔をして処置をしたと云う事は神経が炎症を起こしているが生きている状態、或いは根尖病変がフレアアップした状態で削るときに痛みが有る(振動で痛い)

のどちらかだと思いますが。

前者の場合ピンク色ぽく見えるかも知れません。

後者の場合は排膿が有るかもしれません。

ただどちらの場合も根管治療にはなると思います。



質問2

これも一般論ですが、歯質が大きく残っているのなら私もレジンだけで済ますかもしれません。


質問3

ちゃんとメンテナンスすれば長期に使えると思います。

実際私自身抜髄した歯も有りますがすでに30年ほど使っています。



櫻井先生とかぶりました。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: コモンテルさん
返信日時:2012-08-14 16:23:48
>櫻井先生

いつも歯について困ったことがあれば歯ちゃんねるを覗き、先生のコメントをいくつもありがたく読んできました。
私の相談に今回乗っていただけて嬉しく思います。

質問2

歯根破折が起こるリスクより、歯を削るリスクの方が大きいということですか?
それなりにしていれば10年くらいは、さし歯にしなくても済むことが多いんですね。

定期検診をしっかりうけ、今まで以上に歯を守るようにしっかり努力したいと思います。
ありがとうございました。



>細見先生

細見先生の他の回答も今回たくさん読ませていただきました。
相談に乗っていただきありがとうございます。

根管治療になったのはどうしようもないことだったのですね。
そうするしかなかったということで、自分の運命が少し受け入れられる気がします。

メンテナンスまでがんばります。
本当にありがとうございました。
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-08-14 16:36:39
歯根破折が起こるリスクより、
>歯を削るリスクの方が大きいということですか?

逆ですね。

歯を多く削るから歯根破折のリスクが上がるんですよ。

レジンクラウンでは歯の切削量はクラウンの方が圧倒的に多くなるわけですから、細見先生が書かれているように「歯質が大きく残っているのなら私もレジンだけで済ますかも」が良い訳です。

回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2012-08-14 16:41:17
こんにちは。

>右上1番の歯ぐきが明らかに痛み出しました。

>処方されたロキソニンもあまり効かず、
>その日はあまり眠れませんでした。

>「右上1番は合成樹脂が詰めてあって、それが合わなくて
> 神経が腐ってきてる。根幹治療する。麻酔。」と言われました。

状況からして、根管治療は避けられない状況だったと思いますよ。


>「そうだよ。なーに、歯の裏に穴をあけて神経を取って、
> そこをまた白いので詰めるだけだよ。ちゃんと元通りになるよ。」

この話からすると、レジン充填で問題ないような状況なのでしょうね。
ただ、教科書的には「神経を取った歯は、被せる」ことが多いです。


>物を食べる時はどれくらいのものまで
>噛んでも大丈夫でしょうか…

おおむね何を食べても大丈夫な状態にしてくれると思いますよ。
「避けるべきものがある状況」なのであれば、担当医から説明があるでしょう。

もし、なくって気になるようであれば、直接たずねてみてください。


>悲しくて毎日子供の世話もできないし
>死にたいとすら思ってしまいます。

うーん、、、本末転倒になっているような (^^;)

こういう表現があると、普段の食生活なんかが個人的には非常に気になります。

回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2012-08-14 17:06:19
先生方のアドバイスに追加して、根管治療後にレジン充填でうまくいったと仮定して、時間の経過とともに、歯の変色も考えられます。

そのようになったら漂白ということもできそうですね。

何年も先になるかとは思いますが、覚えておくと役に立つかもしれません。

お大事になさってください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: コモンテルさん
返信日時:2012-08-14 19:31:57
>櫻井先生

今、自分の歯をライトで照らして鏡で見てみたら、神経を取る前に穴を空けたところのほかに、10年ほど前にレジンを歯の下半分ほど裏側に張り付けているようです。
これでも歯質は十分と言えるのでしょうか?

もしかしたら担当医はさし歯にすることを柔らかく「白いのを入れる(確か)」と言ったのではないかという気になってきました…


>吉岡先生

回答いただけてとても心強いです。
ありがとうございます。

そうですよね。
教科書的には…調べてみたところそのようでしたので、大丈夫なのか心配になっていました。
おおむね何でも食べられるようになると嬉しいのですが…

ここ数日本当に落ち込んでいて、死にたいなどと変な書き方をしてしまいました。
すみませんでした。

ただ、子供と遊んでも身が入らないし、ふとしたときに涙が出るようになってしまいました。
食事は子供もいるので、一応朝は食パン、昼と夜は自炊でバランスを考えてしているつもりです。

私は下の前歯を除いてほとんどの歯が虫歯です。
こうなってしまったのは昔の生活がとっても荒んでいたからなのです。

今、家庭を持って、安定した暮らしを手に入れましたが、歯のことは取り返しがつきませんね…



>水澤先生

回答ありがとうございます!嬉しいです。
歯の変色はやはり起こりうることでしょうか。

10年近く前に左上3番も抜髄したのですが、もともとの歯の色が黄色っぽいこともあってか、いまだに特に変色が気になったことはありません。

しかし今回は一番の前歯なので変色が気になるかもしれませんね。
覚えておきます。
ありがとうございました。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2012-08-15 09:28:07
>これでも歯質は十分と言えるのでしょうか?

実際に診ないと解りませんよ…^_^;

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: コモンテルさん
返信日時:2012-08-16 19:42:05
>櫻井先生

そうですよね、失礼いたしました。
たくさんご回答いただきありがとうございました。



タイトル ピンク色の膿は感染根管か?レジン充填でも歯の寿命は問題ないか?
質問者 コモンテルさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 根管治療その他
レジン(白いプラスチック)
根の病気(根尖病変・根尖病巣)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日