前歯のクラウンをハイブリッドにしたいが欠点は?

相談者: えゆさん (22歳:女性)
投稿日時:2012-10-28 12:44:38
金額的に前歯オールセラミックからハイブリッドセラミックをしたいのですが、今いってる歯医者ではハイブリッドは金属使用してるといわれたのですが、ネットてみるとハイブリッドは金属を使用しないとかかれてます。

どうゆうことなんでしょうか?
それとハイブリッドの欠点をおしえてもらってもいいですか?


奥歯にはハイブリッドは使用できないのでしょうか?
ブリッジなど。

後、ジルコニアとかだと歯を削る量はすくないのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2012-10-28 12:56:55
こんにちは。


前歯ハイブリッドで作ることは正直おすすめいたしません。

入った直後はそれなりですが、月日がたつと、変色、着色、つやの消失が生じてくることが多いです。
せっかく綺麗にされたいと考えるのであれば、オールセラミックや、ジルコニアセラミックを選択された方が後悔しなくて済むと思います。

ハイブリッドの裏に金属を使うことも使わないことも可能です。



欠点は前述しましたが、ハイブリッドという言葉の通り、プラスチックが混ざっていますので、そこから傷がつき、変色する、着色する、つやが無くなるということが見た目の上で生じてきます。

また、現在のセラミックに比べると、割れたり欠けたりすり減ったりも起こりやすいです。


奥歯にも用いることは可能ですが、クラウンという形で用いることは個人的にはほとんど行いません。
費用的なことから、小臼歯に限り年に2・3本だけ用いることがあります。
大臼歯には使用していません。


ジルコニアでも、ハイブリッドでも一定の量、歯を削る必要があります。
大きな差にはならないと思います。



悩ましい問題ですが、後悔しないで済む治療法を選択されてください。

回答 回答2
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2012-10-28 12:59:32
ハイブリットジャケットクラウンなら金属は使っていませんが、ハイブリットの前装冠なら金属を使っています。


>それとハイブリッドの欠点をおしえてもらってもいいですか?

ハイブリットセラミックスはセラミックスといっても実際はレジンです、着色することがあります。

またオールセラミックなどに比べて硬さがおとります、ただこれは欠点と言い切れない部分もあります。


奥歯にはハイブリッドは使用できないのでしょうか?

使用できると思います。


ジルコニアとかだと歯を削る量はすくないのでしょうか?

それほど変わらないと思います。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2012-10-28 16:28:47
前歯に金属も使ってハイブリッドにするのなら、少し時間が経てば保険の前歯とほとんど変わらないと思いますよ。

ですので「保険の前歯と較べて」のデメリットとしては、「高い」ことだと自分は思います。
お二人の先生の書かれた通りです。



ジルコニアでも、フルジルコニア(ジルコニアむき出し。通常はセラミックで覆います)なら金属のクラウンと同等で、セラミックの歯よりもやや薄く(削る量を少なく)作れますが、色が変になるので前歯には使えないと思います。




タイトル 前歯のクラウンをハイブリッドにしたいが欠点は?
質問者 えゆさん
地域 非公開
年齢 22歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ ハイブリッドセラミッククラウン
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日