顎の正しい位置、ズレを見つける検査

相談者: ddさん (31歳:男性)
投稿日時:2013-03-20 16:27:53
少し前にアキシオグラフという検査をして顎が左にズレているといわれ、そこの歯科医院歯列矯正をしました。
そして、矯正が終わり、顎はまだ左にズレてるけど、これ以上歯が動かないからこの位置で噛んでください。と言われました。

以前から左の顎の痛みと左の首と背中に不定愁訴がありそこの歯科医院で矯正治療が終った時は治療前より少し症状が軽くなりました。
病院のレントゲン、MRI等の検査では全く異常はありませんでした。

そこで、再び顎の検査をして歯科治療をしようと思って顎の検査を探してみたところ以下の検査機や治療法がでてきました。
アキシオグラフを別の歯科医院で検査をするという考えもあるのですが、これらの機械についても興味がありアキシオグラフより精度がいいのであればこれらの検査のどれかを受けようと考えています。


ナソヘキサグラフ、ソロナソグラフ(シロナソアナライジングシステム)、キャディアックス、K7、アルカスディグマ(ARCUS digma)
キネジオグラフ、SAMシステム、ガンマシステム、ロスフィロソフィー


これらの機械や方法で下顎のいい位置、下顎のズレを知ることができますか?

この中の機械、あるいはこれ以外でおすすめの検査があれば教えて頂きたいです。

あと、この機械とこの機械はメーカー等が違うだけで、同じ検査というものがあれば教えて頂ければ助かります。

ちなみに、SAMシステムはアキシオグラフを使った検査、ガンマシステムはキャディアックスを使った検査でよろしかったでしょうか?


質問が多くて申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2013-03-20 17:17:52
西山です

>これらの機械や方法で下顎のいい位置、下顎のズレを知ることができますか?

厳密にはできないと思います。
真の位置は誰にもわかりません。

全ての装置を知っているわけではありませんが、多くの装置は下顎の動く経路を測定する装置です。
従って噛み合わせた際の顎の位置を判定することは出来ないと思います。

また、これらの装置は下顎骨が剛体で全く変形しないということを前提にして基準点の軌跡を計算で求めるものです。
でも、下顎骨は口の開け閉めでもたわみますので、厳密には真の軌跡を示しているとは言えません。

さらに、関節や筋肉に痛みがある場合、下顎の運動経路がそのことによる影響を受けることも考えられます。

最後に、下顎のいい位置とは
「関節や筋肉に痛みがなく、運動制限もない状態で下顎を閉じてきた位置」
だと個人的には考えています。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ddさん
返信日時:2013-03-21 00:32:20
西山先生、ご回答ありがとうございます。

今の自分の顎の位置は、西山先生が言われたことをふまえて考えますと、いい位置ではないので、顎に関して詳しい先生を探そうと思います。

どうもありがとうございました。



タイトル 顎の正しい位置、ズレを見つける検査
質問者 ddさん
地域 兵庫
年齢 31歳
性別 男性
職業 会社役員
カテゴリ 材料・機材関連
専門的な質問その他
その他(その他)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日