6番の虫歯治療中、前歯C1と思われる虫歯治療を始めてくれない

相談者: パパ一年生さん (39歳:男性)
投稿日時:2014-01-26 04:36:01
前歯1番と2番の間に目で確認できるほどの虫歯があります。
実は転院する前の先生にそのことを指摘していただいていたので存在は知っていました。

転居に伴い、転院をし、現在奥歯6番の治療で通院中ですが、その先生には昨年5月に歯の検診をしていただいたのにも関わらず全くそのことを指摘してもらえず、11月の検診でも指摘してもらえず、こちらから虫歯があると思うのですが大丈夫でしょうか?と尋ねても、

「まだまだ神経には届かない。
とにかく今日は時間ないから治療しないよ」

と言われ、治療計画も示されず、不安に思っています。



痛みはまだないのでC1の状態だと思いますが、私としては前歯ということもあるので、早めに虫歯を治療して進行を防ぎたいと思っているのですが、先生の意図がつかめないので困っています。

痛みの出るC2に進んでからの治療のほうが良い場合もあるのでしょうか?
あるならばどんな場合でしょうか?


あまりに説明がないので奥歯の治療が終わったら転院を考えているのですが、その治療が長引きそうなので、一度別の病院にカウンセリングを受けに行ったほうが良いのかどうかでも迷っています。

アドバイスよろしくお願いします。


相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: パパ一年生さん
返信日時:2014-01-26 04:51:48
追加の質問ですが。

奥歯を今の先生に、前歯を別の歯医者の先生に治療をお願いするいことはできるのでしょうか?

今の歯科医院はとても混んでいるというのも診てもらえない原因なのかと思うので、今の先生には、そう説明して別の歯医者さんで診てもらうというなはどうかな?と考えています。


いずれにしても、まだ前歯の治療に入るのに時間がかかりそうなので心配なんですが、C1の状態の歯の進行を少しでも妨げるのにフッ素は有効でしょうか?

以上4つの質問ですが、よろしくお願いいたします。
回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-01-26 05:02:48
おはようございます。

前歯むし歯があるがまだ歯髄に到達していないので忙しいからまだ治療はしないということでしょうか。

歯髄に到達して症状がでてから治療をするという計画なら個人的には別のDrに診ていただいたほうがいいと思います。

どれほどの進行状態で緊急性がどれくらいあるかここでは全く判らないので患者さんが納得できる説明をしていただけるDrのほうが安心できるのではないでしょうか。


>C1の状態の歯の進行を少しでも妨げるのにフッ素は有効でしょうか?

このような状態のむし歯にフッ素が有効かどうかについては判りかねます、少なくともおさとうを減らすことのほうが有効なことは確実です、お菓子を全くやめてしまえば明らかに進行は遅くなります、参考になれば幸いです。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-01-26 11:12:58
進行する虫歯なのか、或いは、例えば10年後にも全く同じ大きさの虫歯である可能性があるか等の診断かもしれません。

審美性などで、特にご希望があるのでしたら、それをお伝えされれは如何でしょうか。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-01-26 12:25:25
パパ一年生 さん、こんにちは。

>痛みはまだないのでC1の状態だと思います

ご自身で判断することなく、よく診ていただきましょう。


>現在奥歯6番の治療で通院中です

まずは、その治療に対峙なさってはいかがでしょう。


>とにかく今日は時間ないから治療しないよ
>あまりに説明がない

奥歯6番の治療が一段落した後に、治療とは別に、説明の時間をとっていただくようお願いなさってみてはいかがでしょう。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: パパ一年生さん
返信日時:2014-01-27 17:17:59
先生方丁寧な回答ありがとうございました。

山田先生のおっしゃる通り歯髄に達するまで放置するのはおかしい考え方ですよね?
そのような考えの先生ならばやはり別の医師を探したほうが良いという方向に気持ちを固めることができました。

ただ問題は、今の6番の治療が長引きそうなので、治療がひと段落するまでに虫歯が進行してしまいそうなのが気がかりです。
最初に指摘を受けてからもう一年以上経過しているので。


今の歯医者さん根管治療をしてもらいつつ別の歯医者さんに前歯カウンセリングだけでも受けに行くことを考えているのですが、保険の関係でカウンセリングを受けたことが今の医師にわかってしまい、治療に影響が出ることを心配しています。

今の医師に知られずにカウンセリングを受けるにはやはり自費で診てもらうしかないのでしょうか?



藤森先生のおっしゃるような10年後も全く同じ大きさの虫歯である可能性のある虫歯とそうでない虫歯の違いというのは、どの歯医者さんでも見分けがつくのでしょうか?

もちろん前歯を削るということは割れたりする可能性もあるであろうので、10年進行しないのであれば削りたくはないのです。
そのためにも、慎重に歯科を選びたいと考えています。

特別な検査ができる歯科にしか見分けがつかないものなのでしょうか?



小林先生のおっしゃる通り今の先生にもう一度確認したいとは思います。
そこで歯髄に達してから治療するということならばやはり転院しようと思います。


上記2つの質問に対するアドバイスよろしくお願いします
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: パパ一年生さん
返信日時:2014-01-31 21:54:44
先生方ありがとうございました。

小林先生のおっしゃる通り奥歯6番の治療に専念しようと思います。
歯チャンネルを読んでいると本当に歯の治療は取り返しがきかないと思い知ります。

なかなかすべてのスレッドを読んでいる時間がないのですがこれからも少しずつでも読んで勉強していこうと思います。
ありがとうございました。



タイトル 6番の虫歯治療中、前歯C1と思われる虫歯治療を始めてくれない
質問者 パパ一年生さん
地域 非公開
年齢 39歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 虫歯治療
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日