[写真あり] 大臼歯にレジンで大丈夫でしょうか?(保険外診療)

相談者: メリさん (38歳:女性)
投稿日時:2014-03-23 09:38:54
よろしくお願いします。

現在銀で埋めている下6番が虫歯のため治療予定です。
現在コの字型に銀で埋めています。

保険外診療歯科で治療してもらう予定ですが、先生がレジンで充填するとのことでした。
私の知識ではレジンは小さな虫歯のみ適用のように思っていたためある程度の大きさ、ましてや力がかかる6番にレジンで大丈夫なものかと思います。


私は見た目より再度虫歯にならないことを望みます。

先生はゴールドは堅いため、歯の方が割れてしまうことがあるがレジンだとレジンが先に割れるので歯にとってはレジンの方がよいと言われていました。

保険外の診療であれば大臼歯でもレジンで大丈夫なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
細見歯科医院の細見です。
回答日時:2014-03-23 11:06:48
保険外の診療であれば大臼歯でもレジンで大丈夫なのでしょうか?

最近のレジンは大臼歯部の咬合圧にも十分耐えうる材料です。

ただ高カラット金合金は硬さなどを含め良い材料だと思います。

画像1画像1

3人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2014-03-23 12:29:39
材料の進化は早いですからね。

いい時代になりましたね。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-03-23 15:26:51
メリさん、こんにちは。

保険外治療でも、保険内の治療でも、大臼歯部でのレジン充填修復が可能な場合はかなりあると思います。


ただ、気になるのは、現在コの字型の修復物が入っているとのことです。

隣接面の充填は、大臼歯部では難しい場合があります。
担当の先生が可能だということであれば可能だと思いますが、修復後の隣接面の清掃性も考慮して修復してもらう必要はあるかと思います。


ご参考までに。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: メリさん
返信日時:2014-03-23 22:59:55
ご回答いただきありがとうございます。

はじめに書き忘れていたのですが、私は強い歯ぎしりがあります。
最近になってナイトガードをつけるようにしていますが、ナイトガードをすると歯茎の調子が悪くなるので付けたり付けなかったりです。


細見先生、

高カラット金合金とはゴールドのことでしょうか?
金合金は2次カリエスもなりにくいですか?



黒岩先生、

コの字型だと修復後の隣接面の清掃性に問題がおこるのでしょうか?
申し訳けありませんが、知識不足のため具体的に教えていただけますでしょうか?

よろしくお願い致します。
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-03-24 09:29:30
>はじめに書き忘れていたのですが、私は強い歯ぎしりがあります。
> 最近になってナイトガードをつけるようにしていますが、

一度、TCH是正に取り組まれてはいかがでしょうか?

個人的な意見としてはTCH是正を真剣に取り組んだ結果、夜間睡眠時の歯ぎしりが減っている方が多いように感じます。
(科学的なエビデンスはありません)



>高カラット金合金とはゴールドのことでしょうか?

一般的にはそうなります。



> 金合金は2次カリエスもなりにくいですか?

キチンと作られている金合金は2次カリエスになりにくいと思います。


>コの字型だと修復後の隣接面の清掃性に問題がおこるのでしょうか?

マージン部のフィットが難しい事があります。
ただ、これは「歯科医のテクニック」で解決できる場合もありますので、担当の先生が「大丈夫」と言う事であればそのような技術をお持ちなのではないでしょうか。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: メリさん
返信日時:2014-03-24 21:04:07
櫻井先生ありがとうございます。

歯軋りは全く自覚がないのですが、やはり頻繁にしているようです。
日中の歯の接触はないと思っていたのですがもしかすると気がつかない時に当たっているのかもしれません。
TCH是正に取り組みたいと思います。

また、私は逆流性食道炎も持っており(現在治療中です)それも歯軋りの原因でもあるようです。


ゴールドは、やはり2次カリエスになりにくいのですね。
レジンもテクニックのある先生だと大丈夫なんですね。
先生に再度お聞きして決めたいと思います。


ありがとうございました。
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2014-03-25 08:21:22
ご相談ありがとうございます。

>ゴールドは、やはり2次カリエスになりにくいのですね。
レジンもテクニックのある先生だと大丈夫なんですね。


両方とも材料よりもテクニックが結果を決めます。
どちらかといえば、下の6番の場合、強度や唾液や出血からの予防を考えると、レジンには少々不利な場所です。

同じテクニックのレベルを持つ歯科医師ならばゴールド・インレーのほうがリスクが小さいかもしれません。
テクニックがレジンに特に優れていれば、レジンで可能かもしれません。


いずれにしろコの字型の治療では、歯と歯の間をいかに守れるか必死にならないと成功しない難しい治療とも言えます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: メリさん
返信日時:2014-03-25 11:30:01
さがら先生

ありがとうございます。
下6番はやはり力がかかるのでしょうね。

再度先生に相談して、ゴールドも検討してもらいたいと思います。



タイトル [写真あり] 大臼歯にレジンで大丈夫でしょうか?(保険外診療)
質問者 メリさん
地域 非公開
年齢 38歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レジン(白いプラスチック)
その他(写真あり)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日