神経を抜いた右下5番の被せ物の材質は何が最適でしょうか?

相談者: chie23さん (24歳:女性)
投稿日時:2014-08-13 14:18:57
4ヶ月前に神経を抜いた右下5番の銀の詰めものが取れたので、その時すぐに歯医者へ行きました。
その際仮の詰めものをされまして、来月ようやく右下5番の治療を受ける事になりました。

今まで詰めものが入っていたのですが、院長先生によると耐久性を考えると少し歯を削ってかぶせものにした方が良いと言われました。
ちなみにこの歯は現在半分くらいが削られて残っている状態です。



そこでかぶせものにしようと思っているのですが、新しく治療をし直すので金属が目立たない物にしたいという希望を伝えたところ、以下の物を勧められました。
(…以下は医院の表に書いてある説明です)

オールセラミックスセラミックのみ使用しています。
より自然な色合いと形を再現します。
永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。


・電鋳メタルボンド…精密なかぶせものを純金で作り、その上からセラミックを焼き付けています。
金属部分が純金ですから、歯茎との境目に黒ずみが出にくく、明るく仕上がります。


・メタルボンド…金属の上にセラミックスを焼き付けた物で、強度に優れ保険のプラスチックのかぶせものとは異なり、すり減らず、変色もありません。


ハイブリットセラミックス…セラミックスの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持った素材を使用。
保険のプラスチックよりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。吸水性があるため数年経ちますと変色します。



自分が歯の治療において重視している条件は、

@耐久性があり、生涯にわたって壊れたり違和感などが起きない
A健康に悪影響を及ぼさない
B自分の歯を保存していきたい

なのですが、これらの条件を満たすのに最適な治療法・材質をぜひ教えて頂きたいと思い、質問させて頂きました。


ここまで読んで下さり、ありがとうございました。
どうぞよろしくお願い致します。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2014-08-13 20:41:33
こんばんは。

右下5番の補綴物についてのご相談ですね個人的にはメタルボンドをお勧めいたします。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2014-08-13 23:16:01
chie23さん、こんばんは。

その先生が一番得意とされている治療法・材質材料がベストだと思いますが、自分が選択するとすると電鋳メタルボンドかメタルボンドですね。


>@耐久性があり、生涯にわたって壊れたり違和感などが起きない
に関してですが、人工物である以上、不可能だと考えていただいた方がいいと思います。

参考になれば幸いです。


お大事にしてください。

回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2014-08-14 06:57:23
博多の児玉です。


>銀の詰めものが取れたので

その歯の根っこ部分が少し膨れた感じならその歯に余計な力がかかっているのかもしれません。
そうであるなら歯を保護するため固くない被せものをお勧めします。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-14 11:23:44
山田豊和先生

こんにちは。
回答を下さり、大変ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

メタルボンドをお勧めいたします。

よろしければ、先生がメタルボンドが最適だと思われた理由をお聞きしたいです。
10万円以上する治療なので、失敗したくないという思いが強くありまして…。


すみませんが、よろしくお願い致します。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-14 11:25:55
森隆充先生

こんにちは。
回答を下さり、大変ありがとうございます。
ぜひ参考にさせて頂きます。


>その先生が一番得意とされている治療法・材質材料がベスト

なるほど…その点については考えていなかったので、今度の診察時に先生に伺ってみます。


>自分が選択するとすると電鋳メタルボンドかメタルボンドですね。

よろしければ、先生が電鋳メタルボンドとメタルボンドが最適だと思われた理由をお聞きしたいです。
10万円以上する治療なので、失敗したくないという思いが強くありまして…。

すみませんが、よろしくお願い致します。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-14 11:28:17
児玉紳佑先生

こんにちは。
回答を下さり、大変ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。


銀の詰めものが取れてしまった理由については聞かされていないので、今度先生に伺ってみようと思います。

硬くない被せ物と言うと、金属が使われていないオールセラミックスハイブリッドセラミックスのどちらかということになりますかね?
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2014-08-14 11:38:20
>@耐久性があり、生涯にわたって壊れたり違和感などが起きない
>A健康に悪影響を及ぼさない
>B自分の歯を保存していきたい

そんな治療方法はありません。


たとえば耐久性があるのは金属でしょう。
でも、金属はアレルギーの危険性などをはらみます。

セラミック系のものになると 壊れたりしやすいし、自分の歯を削る量は金属材料よりも多いです。

ハイブリッドでも同じです。

電鋳メタルボンドは、世界的に”割れるリスクが高い”とのことで最近ではあまり使われなくなってきております。

また、セラミックだからアレルギーを起こさないかというと、そうもいえません。  
事実、セラミックのクラウンを歯に接着する際に用いる接着剤でのアレルギーを経験しています。


結局、妥協的に選択するしかないのが現状です

1人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答5
  • 回答者
回答日時:2014-08-14 12:05:51
>先生がメタルボンドが最適だと思われた理由をお聞きしたいです。

メタルをフレームにしているため適合精度がいいのが一番の理由です、色調についてはオールセラミックにはかないませんが下顎5番なら大きな問題はないというのがお勧めの理由です。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-14 15:10:44
タカタ先生
初めまして、こんにちは。回答を下さり、ありがとうございます。
詳しくそれぞれの長所・短所を教えて頂き、助かります。


どの治療も一長一短という事なのですね。
それなら、1番治療費が安いものを選択した方が良いかな…と考えました。



セラミック系のものになると 壊れたりしやすいし、自分の歯を削る量は金属材料よりも多いです。
ハイブリッドでも同じです。

私は金属アレルギーの危険性よりも、耐久性をより重視しているので、オールセラミックスハイブリッドセラミックスよりも金属の上にセラミックスを焼き付けた物の方が自分に合っているのかな、と思いました。



>電鋳メタルボンドは、世界的に”割れるリスクが高い”とのことで最近ではあまり使われなくなってきております。

そうなのですね。
純金は最も歯の材料に適しているとどこかで読んだので、純金を使用した電鋳メタルボンドが、金歯以外では1番いいものなのかと思っていたのですが…

世界的に”割れるリスクが高い”のであれば、候補から除外しようと思います。



>セラミックだからアレルギーを起こさないかというと、そうもいえません。

それは初めて知りました。
セラミックは身体に良さそうだというイメージでしたが、健康面でのリスクは金属を使用したものと変わらないのですね…


先生のご意見を参考にさせて頂き、最適な治療を受けていきたいと思います。
ありがとうございました。
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-14 15:14:22
山田豊和先生
こんにちは、再び回答を下さり、大変ありがとうございます。

なるほど…私は色調について大きな拘りは無いので、メタルボンドにしたいと気持ちが大きく動きました。


参考になるご意見を頂き、感謝しております。
回答 回答6
  • 回答者
回答日時:2014-08-18 06:36:55
過去にも似た様なご相談が山ほどありますが、重要なポイントを抜粋しますと・・


【ポイント@】材料をどうするかよりも、術者選びの方が遥かに重要

・・同じ材料を使っても担当医、担当する技工士の知識や経験によって審美性や耐久性は天と地ほど変わります。

過去他の先生方のコメントからも言われている参考となる判断材料として、過去の症例写真を見せて貰うこと(特に審美性については有効)や、日頃の保険ではなくて自費の患者数、治療にかけて貰える時間(これが保険の時と同じなら耐久性もほぼ同じと考えられる)、精密な作業をして貰えるかどうかで拡大診療(マイクロスコープ拡大鏡)をされているか・・など




【ポイントA】同じ術者に治療を受けることが前提であれば、その術者が一番自信のあるものがベター

・・実際のところ@に関しては患者さんの立場で見分けが難しい面があるのと、治療内容によってご自分の判断で複数の医院にかかるというのはデメリットも大きいので、次善の策として「先生だったらどうしますか?」という質問は非常に有効






ということです。

各材料に対して、先生や技工士ごとの理解度やイメージは随分異なります。
それぞれの材料に対してファンがいるからこそ、いつまで経っても集約されないのでしょうね。

過去に一躍注目をあびておきながら、何年かで消えて行った材料は数知れませんし、これからもそうだろうと思います。



因みに蛇足ですが、自分だったらメタルボンドよりはオールセラミックの方が割れないイメージが強いですし、アレルギーの心配はメタルやメタルボンドに較べればほとんど無視出来るレベルだと考えています。

ただ精度を綺麗に出す(継ぎ目の段差や隙間をなくして、割れずに審美的に仕上がる様に全体に必要十分な厚みを確保する)のには、メタル系の材料と較べて技術的な面で難しいと思います。


参考→ジルコニア冠は対合歯に負担がかかり、e-maxは元の歯の色が透ける?

参考→オールセラミックスの適合精度、特にe-maxの適合精度について


1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: chie23さん
返信日時:2014-08-23 11:36:57
渡辺 徹也先生

こんにちは。回答を下さり、誠にありがとうございました。
お返事が遅くなり、申し訳ございませんでした。



今まで治療メニューの方にばかり目が行ってしまっていて、術者選びの重要性についてそんなに考えてはいませんでした。
審美性や耐久性が天と地ほど変わるものなのですね…

見極めは素人には難しい所ですが、渡辺先生が様々な判断材料を示して下さったので、これらを是非参考にさせて頂きたいと思います。

術者の一番自信のある治療法が良いという事は他の先生からもご意見を頂いていたので、これは主治医に聞いてみるつもりです。



>それぞれの材料に対してファンがいるからこそ、いつまで経っても集約されないのでしょうね。

そうですよね。1番良い材料があると決まっているのなら、こんなに悩む必要は無いのに…と思います。



>自分だったらメタルボンドよりはオールセラミックの方が割れないイメージが強いです
>ただ精度を綺麗に出す(継ぎ目の段差や隙間をなくして、割れずに審美的に仕上がる様に全体に必要十分な厚みを確保する)のには、メタル系の材料と較べて技術的な面で難しいと思います。

結局オールセラミックでの治療は他の材料での治療に比べて割れやすいのでしょうか?割れにくいのでしょうか?



>過去に一躍注目をあびておきながら、何年かで消えて行った材料は数知れませんし、これからもそうだろうと思います。

自分がそのような材料を選択しないようにしたいです。
歯科技術はまだまだ発展途上にあると言う事が、よく分かりました。



参考URLまで示して下さって、大変ありがとうございます。
拝見させて頂きます。
渡辺先生自身のご意見など、非常に有益な情報を頂き、感謝しております。



タイトル 神経を抜いた右下5番の被せ物の材質は何が最適でしょうか?
質問者 chie23さん
地域 非公開
年齢 24歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ お勧めのクラウン(被せ物・差し歯)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日