歯性上顎洞炎で抜歯、痛みと違和感は歯茎から菌が入ったからでは?

相談者: しせいじょうがくどうえんさん (30歳:女性)
投稿日時:2015-02-04 02:59:29
歯性上顎洞炎により左第六臼歯抜歯しました。
口腔外科ではなく街の歯医者さんで抜きました。

根幹治療を専門とうたっている歯科です。
根の治療に定評があるようで治療をつづけたのですが抜かないといけない状況だったらしく抜きました。

抜歯に至るまでは下記のとおり

* 歯性上顎洞炎の手術と原因の歯の治療は医療ミス?


抜歯後縫いました。
3日間抗生剤(フロモ)が処方され飲み切りました。

1週間たっても歯茎は塞がらず抜糸できません。
2週間後にやっと抜糸。
ですがまだ穴があいている感じがあります。

そして、抜糸したほうの頭(さんしゃ神経のあたり)と目と耳の奥、頬(上顎洞のあたり)に少しの痛みがあります。


歯を抜いた穴から最近がはいり、上顎洞のなかに細菌がはいりこんでしまったのでは?と不安になりました。

第六臼歯の根のすぐ上に膜がありその上が上顎頭ですよね?
歯を抜いたことにより、歯茎の穴と上顎洞内がつながってしまったのではと考えるとものすごく怖いです。


私の今の症状は第六臼歯抜歯後にありがちな症状でしょうか?
それとも早急にCTなどで頭部の検査をすべき症状でしょうか?
歯科の先生に相談で大丈夫でしょうか?

よろしくお願いします。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-02-04 09:33:36
しせいじょうがくどうえんさん、こんにちは

そうですね。

元々上顎の6番の根管治療をしていて保存が難しいということで抜歯されたのだと思います。


おっしゃる通り上顎の6番の直上には上顎洞があります。

健常な状態であれば6番の根と上顎洞は交通していないはずですが根管治療を行っていたということは、すでに根と上顎洞は交通していた可能性が高いです。

すなわち6番抜歯により上顎洞と口腔内が交通した可能性もあります。


ほとんどの場合は自然に塞がってきますが、ある程度時間がたっても塞がらなかったり、上顎洞炎を引き起こしてしまうような状況の場合には上顎洞口腔瘻閉鎖術を行う必要があります。

これは口腔外科で行うものです。


まずはかかっている先生から口腔外科に紹介してもらって指示を仰いでみてはいかがでしょう。

参考になれば幸いです。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-02-04 09:36:46
しせいじょうがくどうえん さん、こんにちは。

>歯を抜いたことにより、歯茎の穴と上顎洞内がつながってしまったのではと考えるとものすごく怖いです。

一時的な症状なのかもしれませんし、良くない状況になっているかもしれません。

抜糸後の経過についても、診続けていただきましょう。




タイトル 歯性上顎洞炎で抜歯、痛みと違和感は歯茎から菌が入ったからでは?
質問者 しせいじょうがくどうえんさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 上顎洞炎(蓄膿症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日