摂食障害で酸蝕症、歯がボロボロになり自宅でフッ素塗布をしています

相談者: ポー子さん (30歳:女性)
投稿日時:2015-06-25 09:49:59
重度の摂食障害(10年以上)で、酸蝕症の為、歯がボロボロです。
精神科にも通っていますが、過食嘔吐がなかなか治りません。

そのため、歯が随分と溶けてしまい、歯科医には、

「歯が溶けて丸くなっている。
高さも随分と低い。」

と指摘されましたが、歯科医には過食嘔吐のことは言えず、妊娠期のつわりで・・・とごまかしていましたが、明らかに酸蝕症です。 
さらに、食いしばりも酷いらしく(家族曰く歯ぎしりは一切しないらしいです)、歯の7割が、楔状欠損となっており、そこはセメントレジン?何かでパテ埋めしてもらっています。
楔状欠損までいかない葉も、知覚過敏がひどいです。

現在、食いしばりのためのマウスピース(マウスガード)を作ってもらってしますが、素材が非常に硬く、使うと歯が痛いです。
耐久性の為に?ここまで硬いのか、とも思いますが、もしホワイトニング用の方が柔らかいのであれば、不経済でも構わないので作ろうかなあと検討しています。

マウスピースに、用途に応じて硬度や種類などあるのでしょうか?

そして、自己責任で、現在自宅でフッ素塗布をしています。

アメリカ製のAPFフッ素ジェルを個人輸入して、歯磨き後、マウスオープナーを装着、歯を乾かし、唾液を吸収するためのコットンを3箇所に挟み、大豆サイズのジェルを塗布、その上からマウスピース(上顎のみ)を装着、30分〜1時間後にすすぐ、というプロセスを、2日に1回の高頻度で行っています。

フッ素の有害性、脳への影響、発がん性などが怖いので、唾液やジェルは決して飲み込まないように心がけています。
唾液吸収用のコットンはマメに取り替え、決して飲み込まないようにしています。

そして就寝前にはMIペーストを薄く塗り、マウスガードを被せて寝ています。

これらの行為は、危険でしょうか?


今更、何をしても焼け石に水、くらいに歯の状態は悪いのですが、それでも歯止めをかけられれば、と一縷の望みに託しています・・・。

また嘔吐時、胃酸のせいで、一時的に口内のPHが強い酸性になってしまうので、PH8〜9のアルカリイオン水を口に含んでモゴモゴしていますが、これはあまり効果がないでしょうか?

まずは過食嘔吐の根治が先決と思いますが、こちらはなかなか思うように進みません。
なので、歯のダメージを少しでも軽減できないかと、模索しています。


回答 回答1
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2015-06-25 11:31:52
摂食障害ということですが、栄養は十分足りておられますか?

必要な栄養が不足した状態では、色々な問題が出てくるので大変ですね。

臨床でも酸蝕症の方は喰いしばりとセットになっていることが多いという印象があります。
ですから歯がどんどん痛めつけられて欠けたりひび割れたり、ボロボロに小さくなって知覚過敏も併発されることが多いです。


胃酸はPHが非常に低いですから、嘔吐されたらPHの高いアルカリイオン水を口に含まれるのはよい対処法だと思います。
フッ素をチャージしつつ、MIペーストも悪くない選択だと思います。

ただ、歯の表面に有機質の膜やプラークがついていると、高価で大変手間のかかることを行っても割に合わないことが考えられると思いますから、一度ちゃんと歯科で歯の表面を樹脂でコーティングしてもらうなどの治療を行ってもらわれてはいかがでしょう?

マウスピースも睡眠の質を阻害する様なものでしたら好ましくないと思いますから一緒に御相談してみてください。

栄養状態がよくなって(ミネラルバランスやビタミン不足など血液検査ではわかりにくいこともありますからね)摂食障害から抜け出せることが一番求められそうですね。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ポー子さん
返信日時:2015-06-25 16:31:42
ふなちゃん先生 
丁寧なお返事ありがとうございます。


>摂食障害ということですが、栄養は十分足りておられますか?

今は足りていますが、拒食(無食)・過食嘔吐・下剤乱用を繰り返しているので、低カリウムはじめミネラルは常に欠乏しがちになっています。骨も歯も粗鬆状態かもしれないです。


>臨床でも酸蝕症の方は喰いしばりとセットになっていることが多いという印象があります。

そうなんですね。
初めて知りました。
さらに自分の場合は歯磨きのし過ぎというのがあります、、、隅々までツルツルにスッキリしないと気が済まないのです。


>一度ちゃんと歯科で歯の表面を樹脂でコーティングしてもらうなどの治療を行ってもらわれてはいかがでしょう?

これはどのようなコーティングになりますか?
歯科でどのように伝えればよいでしょうか?

自分は咬合面が特に痛いので、リンゴなどが噛めません。

歯科医

「何か貼るか塗るかして保護してもらえませんか?」

と頼んだことがありますが、

「ここは一番取れやすいところだから一撃で剥がれるよ」

と言われてしまいました。


先生のブログ拝見しました。

岡山なんですね。
うちは愛知です。
近ければ行きたかったです。
悔やまれます。

いつか今よりもっと悲惨な状態になったらスーパーエナメルしようと思います。
回答 回答2
  • 回答者
船橋歯科医院(岡山市北区)の船橋です。
回答日時:2015-06-26 11:48:23
酸蝕症の方のお口の中への治療介入は、歯科医にとっても頭が痛い症例になります。

すでに歯の表面が重度に脱灰されてしまっており、エナメル質がほとんどなくなってしまっているケースも多く、歯が溶けたり崩壊することで歯冠長もかなり短くなってしまっているので、接着システムを使って歯の表面を樹脂でコーティングさせることが第一選択になると思います。

咬合面のエナメル質が溶解してすでに象牙質が出てしまっている状態でしたら、冠にしてしまうほうが予後がよい場合もあります。


担当医にしっかり診てもらい、食事が苦痛でないようになられるとよいですね。




タイトル 摂食障害で酸蝕症、歯がボロボロになり自宅でフッ素塗布をしています
質問者 ポー子さん
地域 愛知
年齢 30歳
性別 女性
職業 その他
カテゴリ 歯の形の異常
楔状欠損(くさび状欠損)
摂食障害・過食嘔吐
酸蝕歯(酸蝕症)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日