全顎レントゲンとパノラマレントゲン

相談者: チーターさん (36歳:女性)
投稿日時:2015-09-14 06:14:52
全顎撮影レントゲンパノラマレントゲンは違うものですか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2015-09-14 07:32:13
同じ機材や撮影方法でも呼称が異なったり、逆に、同じ呼称でも異なる機材や撮影方法を指すこともありますから、お掛かりの歯科医院に直接お尋ねになってみましょう。

回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2015-09-15 11:14:53
>全顎撮影レントゲンパノラマレントゲン

前者を「デンタル14枚法」を指しているものとしてお答えします。

レントゲン写真の精度としてはデンタルの方が精度は高いので、病気の詳細を調べるには良い方法です。

逆にパノラマは撮影範囲が広く、全体を把握するためには良い撮影法です。
また、パノラマの方が撮影範囲が広いので歯以外に「上顎洞」や「顎関節」などの病気を見付けることにも役立ちます。

例えるならデンタルは「地方ごとの詳細地図」パノラマは「日本地図」みたいなものです。


詳細なデンタルを14枚並べて見るのが「デンタル14枚法(全顎撮影レントゲン)」になります。

上述したように1枚1枚のレントゲンは詳細に映りますので正確ではあるのですが、撮影法、撮影位置、読像力、そして、イメージの再構築に高いレベルが求められます。

下のイメージは右がデンタル14枚法、左がパノラマだと思ってください。

日本地図を作成するのに右はとても手間がかかりますが、詳細な都市名まで記されています。
左は1回の撮影で簡単ですが、詳細な都市名までは解りません。
しかし、韓国ロシアとの位置関係が解りやすいと思います。


つまり「何が見たいのか?」「どう活用したいのか?」によって使い分ける必要があります。

画像1画像1 画像2画像2

2人の専門家がこの回答を支持しています  
回答 回答3
  • 回答者
回答日時:2015-09-15 19:08:43
櫻井先生も書かれているように全顎撮影レントゲンというのは複数枚のデンタルレントゲンのことでしょうかね。
そういう前提で書かせていただきます


両方ともは歯全体をパノラマ状に描き出すという点では同じです。

大きな違いはフィルムが口の中にあるのか口の外にあるのかどうか、またそれが単純撮影か断層撮影かの違いです。


デンタルレントゲンは口の中にフィルム、口の外に線源が位置し両者とも固定された状態で1度だけ曝射する単純撮影になります。

単純撮影ですと線源とフィルムの間のすべてのものが重なって映ってしまいますが、口の外と口の内側だと顎骨以外には映ってくるものがないのできれいに映るということになります。


それに対してパントモは、フィルムも線源も移動しながら撮影し、ある部分のみにフォーカスを当てる断層撮影です。

たとえば右側の歯を撮っている時には左の歯が、前歯を撮っている時には背骨が重なってしまうため、それをわざとボケさせて目的の部分を連続的に撮影していくような感じになります。

ですので、どうしても単純撮影よりは鮮明度は劣ります。


これはやはり断層撮影であるCTにも(もちろん全く同じではありませんが)同様のことが言えます。

その代り、フィルムを口の中に入れる必要もなく全顎を1度に取れ、術者の技量の差がデンタル撮影よりは少ない撮影法と考えられます。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: チーターさん
返信日時:2015-09-15 19:24:39
先生方有り難うございます。

全顎レントゲンパノラマレントゲンはどちらが被曝量多いんでしょうか?

私は白内障でレントゲンは避けたいのですが色々と歯がおかしくてレントゲン撮らないといけないんですが、パノラマは今年2回も撮ってて後は部分法?みたいなレントゲン6枚も撮られてます。

パノラマも全顎レントゲンも2年に一回ぐらいでいいみたいな話を聞いて戸惑ってます…
回答 回答4
  • 回答者
回答日時:2015-09-15 20:30:06
とりあえずこちらをご覧ください。

参考:http://www.tokyo-da.org/images/pdf/1108.pdf


被曝は少なければ少ないほど良いのですが、実際には「自然放射線」と言うものもありますから、人間が生活する上ではゼロにする事は出来ません。

特に医療被曝は「治療するにあたり、被曝のデメリットよりもメリットの方が大きい」と判断された場合にはやむを得ない事と考えます。

つまり「レントゲンを撮らなければ病気が発見できない」のであれば「レントゲンの必要性」は被曝のデメリットを上回ります。


不必要に被曝するのは好ましくありませんが、必要最小限の被曝は虫歯治療に必要であると考えます。


トップページの「サイト内検索」で「被曝」と入れてもらえれば多くの相談がヒットすると思いますのでご覧ください。

* 歯チャンネル歯科相談室

2人の専門家がこの回答を支持しています  



タイトル 全顎レントゲンとパノラマレントゲン
質問者 チーターさん
地域 非公開
年齢 36歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ レントゲン写真
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日