食事時に外れてしまう部分入れ歯への安定剤付与について

相談者: ニック・ジャガーさん (30歳:男性)
投稿日時:2016-02-13 22:11:30
失礼します。
恥ずかしながら、私は右下、親知らずを除いた奥から二番目(第二大臼歯)の歯が欠損しており部分入れ歯を装着しているのですが、食事の際にどうしても外れてしまいます。

作って頂いた歯医者にて何度もバネの調整をして頂いているのですが結果はいつも同じです。
ただ、歯医者さんによると、浮き上がる原因はハッキリとしており、奥の歯が前に傾斜している為との事でした。
(バネが歯の斜面をスライドしてしまう為)


そこで質問なのですが、この様な場合に市販の入れ歯安定剤は効力を発揮するのでしょうか?

補足)
実は欠損部分の歯茎は以前、ボーンキャビテーション(腐骨除去)の手を受けており、現状でかなり痩せております。
山形になっております)

その為、部分入れ歯の床と歯茎の間にかなりの隙間があり、安定剤を使用したとしても通常よりも多くの量を盛らなければなりません。
歯医者さんによりますと、保険適用入れ歯だとこの隙間を埋める様な特異なオーダーメイド入れ歯の製作は不可との事でした。


なお、奥の歯の矯正は費用がかなりかかる為、今のところは断念せざるを得ない状況で、その奥歯もかなりのダメージのある歯なので加工を施し入れ歯のバネが引っかかる溝を掘る様な処置も出来れば避けたいと考えております。


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2016-02-13 22:36:11
こんばんは。

義歯の把持が悪いようですね、実際の状況がいまいちはっきりしないので推測にはなりますがそもそも最後臼歯入れ歯は安定維持が困難です。

取れなくするためにはクラスプの把持力を強くしなければなりませんがそのためにはクラスプをかけてある鉤歯の膨隆が必要です。

そもそも膨隆がなければいくらクラスプを締めても維持はできません、その辺りがわかればもう少し的確なお答えもできると思います。

安定剤ですが把持のためにはこのような義歯については期待できないと思います。


>ボーンキャビテーション(腐骨除去)の手術を受けており、現状でかなり痩せております。(山形になっております)

これは把持とは別の義歯の安定を阻害する要因のように思います。


保険適用入れ歯だとこの隙間を埋める様な特異なオーダーメイド入れ歯の製作は不可との事でした。

私のイメージしている状況だと印象を採りなおして作り代えれば済むように思うのですが・・・。

骨があればそれこそインプラントの適応症だと思います。

1人の専門家がこの回答を支持しています  
相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ニック・ジャガーさん
返信日時:2016-02-15 23:46:13
山田先生
毎度、御回答頂きまして誠に有難うございます。

大臼歯部分義歯への安定剤が期待できないという事を今回初めて知り、目からウロコでした。

山型(サイドの骨が著しく減少した)の歯茎でもフィットする保険義歯が作れるという事も始めて知りました。
一度、歯医者さんを変え、別のところでもう一度製作して頂こうかと
思います。

この度も貴重な知識を御教授頂き有難うございました。



タイトル 食事時に外れてしまう部分入れ歯への安定剤付与について
質問者 ニック・ジャガーさん
地域 非公開
年齢 30歳
性別 男性
職業 非公開
カテゴリ 部分入れ歯のトラブル
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日