外傷による歯の欠損で後遺障害診断書の作成は可能か?

相談者: ちびママンさん (7歳:女性)
投稿日時:2017-03-04 03:45:05
歯ニ本の一部欠損により、欠損した歯での咀嚼が食べ物の種類によっては不可能。
他の歯は問題ないため咀嚼可能。
補綴は神経過敏のため今は出来ない。

このような場合、咀嚼や神経症状で後遺障害診断書の作成は難しいですか?
また、この場合は歯科の後遺障害診断書ではないですが、普通の後遺障害診断書の作成はして頂くことは不可能なのでしょうか?


回答 回答1
  • 回答者
回答日時:2017-03-04 07:00:12


咀嚼や神経症状で後遺障害診断書の作成は難しいですか?

後遺障害は、治療が一段落した後も、なお残ってしまった機能障害や神経症状などの症状や障害のことを言います。

ちびママン さんのお子さまの場合、経過観察がたった3カ月の未だ途中のようですし、また、抜髄を経て補綴するなど、今後の治療が可能な状態かと思います。

治療が終わった訳でもないことを鑑みると、少なくとも現状では、後遺障害の認定は難しいのではと考えます。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちびママンさん
返信日時:2017-03-04 14:22:41
小林先生、ありがとうございます。


このような怪我では後遺障害は残らない可能性が大きい、と考えていいのですか?
もちろん本当は抜髄せず神経過敏も落ち着いて、将来的に綺麗で違和感のない差し歯などをしてあげたいです。


実は走っていたところを後ろから突き飛ばされ受傷したのですが、相手が一切の支払いを拒否しています。
少しでも治療費になればな、と思い相談させて頂きました。
回答 回答2
  • 回答者
回答日時:2017-03-04 18:55:18
>このような怪我

事故で歯が三分の一ほど欠けたといっても、その形状や、歯槽骨へのダメージ、もちろん、他の歯との関係など文面だけからは、何も判りません。

担当医と相談を重ねながら治療を進めていってください。


>後遺障害は残らない可能性が大きい、と考えていいのですか?

回答1でも書きましたが、後遺障害の有無の判断は、治療が終わった後にすべきものと思います。

今は、お子さまの状況の推移を、心静かに見守って差し上げてください。


>実は走っていたところを後ろから突き飛ばされ受傷したのですが、相手が一切の支払いを拒否しています。

費用の負担を求める気持ちがあるのでしたら、弁護士など法律の専門家に相談してください。

相談者からの返信 相談者からの返信
相談者: ちびママンさん
返信日時:2017-03-05 00:23:08
小林先生、重ね重ねありがとうございます。


歯科ではしみるためお薬を付けてもらって保護しています。
次の予約までにどうしても透明の小さなプラスチックのような物が剥がれてしまい、剥がれると痛がります。
見た目も気になりますし、痛みも可哀想で不安が尽きません。

このまま治らなかったらどうしょう。
神経は残って欲しい。
など今考えてもどうしようもないことなのですが考えずにいられないのです。
すみません。


弁護士さんには委任しています。
永久歯の代わりがお金とは虚しい話です。



タイトル 外傷による歯の欠損で後遺障害診断書の作成は可能か?
質問者 ちびママンさん
地域 非公開
年齢 7歳
性別 女性
職業 非公開
カテゴリ 歯をぶつけた(歯の打撲・外傷)
回答者




  • 上記書き込みの内容は、回答当時のものです。
  • 歯科医療は日々発展しますので、回答者の考え方が変わることもあります。
  • 保険改正により、保険制度や保険点数が変わっていることもありますのでご注意ください。

Total total
今日 今日
昨日 昨日